第66話 ロックがあらわれた!

「うわぁ!?」


 軽く吹っ飛ぶ私の体は、先程倒れたばかりの大木にぶつかって、止まる。

 背中を激しく打ち付けられ、一瞬息が止まる。


 HPがかなり削れたことを本能で察知した。


_______これは、ヤバい……。


 ほぼ反射的にバッグに手を伸ばし、低級ポーションの入った小瓶を手に取り、一気に煽った。


 バジルで作ったからなのか、バジル風味の液体が喉を通り、私のなけなしのHPが全回復する。


「げほっげほっ、これはまずい……。」


 どっちだって?どっちもだ。


 顔をあげて様子を見てみれば、狼と巨大鳥が戦闘をしている。


 狼は小さな体を使い、素早い動きと死角からの攻撃で巨大鳥を牽制している。首を狙った噛みつきなどは巨大鳥もかなり警戒しているらしく、迂闊な動きができない。


 対する巨大鳥は、圧倒的なパワーで森林破壊を行っていた。大きな翼をふるい木々をなぎ倒し、鋭い爪は大地を抉る。当たってしまえば狼はひとたまりもないだろう。


 だが、この均衡は、あと一分足らずで終わりを告げる。理由は、たる私がよく知っている。


「瞬発力強化薬が切れちゃう……!」


 狼が巨大鳥の攻撃を避け続けられているのは、先程狼に与えた瞬発力強化薬が効いているからだ。


 そして、瞬発力強化薬の効果の持続時間は、一分。一分が過ぎると徐々に効果がうすれていき、五分ほどで完全に薬は切れる。


 狼に瞬発力強化薬を渡しに行く?

 私は秒でミンチになるだろう。


 瞬発力強化薬を投げ込む?

 もし巨大鳥に当たったら目も当てられない。


「どうすれば……!」


 バックを漁っているとき、気がついた。


 その液体の入った小瓶を手に取り、大きく振りかぶる!!


「ピッチャー変わりまして、背番号46番足名選手。大きく振りかぶって……」


 そして、大きな的、つまり巨大鳥の方へ!!


「投げたぁぁぁぁあ!!」


 パリン


 安物の瓶は、巨大鳥にぶつかると簡単に割れてしまった。瓶の中身が巨大鳥の羽にかかる。


「やった!当たった!ホームランだ、ホームラン!!」


 ……よく考えれば、ホームランじゃない。ストライクだ。返されちゃだめじゃん。


 私がそんなふうにはしゃいでいると、薬の効果が現れてきた。


『グルラァァア!?』


 翼を振り回そうとした巨大鳥は、その羽がことに気がつく。


 私が使った薬品は、今朝のアレだ。


[マヒ毒]

 皮膚にかかると、その部位が痺れて20秒間動けなくなる。十分な水でしっかりと洗い流せば、すぐに動けるようになる。


 たった20秒と思っていたが、戦闘中の20秒は、そのまま状況をひっくり返し得る時間になる。


「狼!今っ!」

『グル……わふっ!』


 唸りかけた狼が、犬っぽい鳴き声で返事をする。

 そして、次の瞬間には決着がついていた。


 巨大鳥の翼を動かせないその一瞬をつき、狼は巨大鳥の喉笛に食らいつく!


『グルラアァァァァァァァアアア!!!!?!?』


 絶叫を上げ体を大きく振るが、狼の牙からは逃れられない。


 数秒後。瞬発力強化薬が切れるよりも先に、巨大鳥の命が消え失せた。


[経験値を入手しました。]

[レベルが上がりました。]


 脳内にアナウンスが聞こえてくる。

 どうやら私と狼は生き残れたらしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます