第65話 What!?

 薬草採取をするために森へと来た私は、冒険者ギルドで借りた袋を広げて摘んだ癒し草を詰めていく。


 その時に【薬物知識】を使い、チェックすることも忘れない。


「これで10束目っと。」


[【薬物知識】のレベルが上がりました]

[アビリティ、【植物知識】を手に入れしました]


 そんなアナウンスが聞こえてきたので、私はステータスをチェックする。


名前

種族    レベル 1

ジョブ 薬師

HP 30/30 MP 25/25

筋力 20 知力 30 瞬発力 25 精神力 30

アビリティ

生成(薬品)【6】(1up)  薬物知識【6】(1up) 植物知識【1】(new) 精神汚濁耐性【3】(1up) MP軽減【3】(2up) 洗濯【2】 清掃【2】

称号

【赦された者】


「植物知識、ねえ。草ばっかり調べていたからかな?」


 独り言を漏らしながら、私は作業を続ける。


 そのとき。


『わふっ!!』


 犬のような鳴き声をあげる狼が草むらから飛び出してきた。


「うわっ、昨日の狼!!」


 私は立ち上がってバッグの中の薬瓶に手を伸ばす。しかし、狼はそんな私を気にせずにバッグに噛みついてきた。


「バックは止めてって!破れる、破れちゃうから!」


 私はあわててしゃがみ、バッグを下ろそうとする。




 その瞬間。




 ズガアアアアン!!!

 バキメキバキッ!


「ホワッツ?」


 凄まじい破壊音と、倒木の振動、そして、が私と狼を襲う。


 倒れる木々に、私は慌ててその場に伏せる。


『わふっ、わふっ!』


 狼が数度吠え、何かを警戒する。


「何、なにっ!?」


 小声で叫ぶという我ながらに器用な真似をしながら、顔を上げてみる。


 そこにいたのは、鷲と鷹を足して二で割り、大きさを100倍くらいにしたような、バカでかい猛禽類。


 金色の尾羽はキラキラと太陽光を反射し、突き刺さるような殺意のこもった瞳は狼へと向けられ、鋭く分厚い爪は私の事など簡単に八つ裂きにしてしまいそうだ。


 端的に言えば、全長8メートルはあろうかという巨大な鳥が目の前にいる。そんな状況だ。


「うそん。」

『わふっ、わふっ!!』


 吠える狼に背を押され、私達、つまり、私と狼はその場から一目散に逃げ出した。


『グルラアァァァァァァァアアア!!』


 鼓膜を切り裂くような凄まじい鳴き声が背後から響く。私は足を止めずに耳を塞ぐ。


 チキンな私に感謝!!

 森の浅いところで薬草採取をしていてよかった!このまま行けば王都に逃げ込める!


 文字通り必死に足を動かしながら、私はバッグの中から瞬発力強化薬を二本取り出し、一本は狼に、もう一本は私がイッキ飲みをする。


 とたんにステータスが上昇し、走るスピードが上がる。……しかし。


『グルラァァア!!』

 バキャッ


「ああああ、あっぶな!!」


 顔面すれすれをなにかが横切り、近くにあった一抱えはありそうな大木がいとも簡単にへし折れた。


『わふっ、グルルルルッ!!』


 隣を走っていた狼が急に立ち止まり、狼に相応しいうなり声を上げる。


 何事かと後ろを見てみれば、巨大鳥はもう私達の真後ろにいた。


「えっ、ちょ、狼!?」


 走り逃げる私を気にせずに、狼は巨大な鳥に飛びかかった。


『グルラァァアアア!!』


 巨大な鳥は敵対する狼に対し、うなり声をあげて警戒する。


 直後、凄まじい衝撃波が私を襲った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます