第45話 アサシンガチ勢

 うやむやになったお茶会を後に、私は一人自室に向かう。そのとき、随分と高齢なおじいさんに声をかけられた。


「ふむ、君がアシナ君かね?」

「はぁ……?」


 片眼鏡……いや、モノクルだったか?をつけたおじいさんは、堂々とした態度で私に話しかけてくる。


 何だ?


「エリクサーの件だ。研究所を案内しよう。」

「え、やるとはまだ……」

「クルート、彼女を研究所へ。」

「うおっう!?」


 背後から急に男性が現れ、私は思わず声を上げる。完全に音も、気配もなかった。


「……。」


 クルートと呼ばれた男性は、どうやら騎士ではないらしい。身にまとっているのはフードつきの黒いローブ。ちらりと覗くのは、整った顔と翡翠の色の瞳だけだった。


 手に何も持っておらず、腰に剣すら下げていない。


 一体この人は何なのだろう。


「そうそう、自己紹介がまだだったな。私はこの国の宰相のナーチスだ。彼、クルートは私の護衛でね。」


 宰相は胡散臭い笑みを浮かべながらクルートさんを指差す。クルートさんは渋い顔をした。


「……俺、お前の護衛……違う……俺、アサシ」「申し訳ない。彼は口下手なんだ。」

「口下手で済まないことを言っていた気が……」

「ははっ、気にしないでくれたまえ。」


 えっ、ダメなやつちゃう?

 そんなことを考えていると、ふと、首にが触れていることに気がついた。


 そっと、指を首に当てる。

 指にピリリと衝撃が走り、つうっと血が垂れた。


 これは……


「……糸?」


 私がそう呟くと、手を伸ばしたクルートさんがうっすらと口を開いた。


「………ああ……触る、ダメ……頸動脈、切れる。」

「うそん。本気でアサシンじゃん。」

「そういうわけだ。研究所に来てもらおうか。」


 宰相は悪どい笑みを浮かべて私の手をとった。





「ここ?」

「ああ。そうさ。」

「ここ、研究所って言うより、牢屋……」

「……宰相、これはない……。」


 クルートさんが顔をひきつらせて言う。


 私達が連れてこられたのは、石畳の薄暗い地下室。扉は鉄製、壁は石。部屋の中は七畳ほどで、その半分を棚と机、そしてベッドが埋めている。


 トイレは一応ついたてのようなもので通路から隠されている。ありがたい配慮だね(白眼)。


「……宰相、俺、聞いてない………」


 クルートさんがそう呟く。

 宰相はにたりと笑い、口を三日月に開く。


「言っていないからなぁ。」


 その瞬間。一瞬で、空気が変わった。


「ひっ!!」


 刺し殺されるような、殺意。押し潰されてしまうような、プレッシャー。

 発しているのは、クルートさん。


 動けない私を置いて、クルートさんは口を開く。


「お前、俺を、騙した?」


 単語単位で切れる言葉が、重々しく発せられる。宰相は、それを鼻で笑う。


「ふん。下賎の者が何を言うか。」

「そう……そうか。」


 クルートさんが自虐的に笑むと、プレッシャーが一瞬で消え失せる。

 そして、クルートさんの手が、伸びた。


「裏切りには、悪意を。」


 クルートさんの言葉が響く。


 ぐしゃっ


 水っぽい音が、石畳の上に


「ぐ、ぎゃぁぁぁああああ!!!!!」


 私は、呆然とそれを見る。

 絶叫を上げる宰相。殺到する五人の騎士。石畳の上に転がる宰相の右腕。


 クルートさんは絶対零度の殺意を込めて、言葉を発する。


「お前、王の右腕………そんな右腕、いらないな。」

「ああああ!!下賎の者が!!殺せ!こやつを、殺せ!」


 宰相は狂ったように叫ぶ。騎士ははっとしたように剣を抜くと、クルートさんに切りかかる。


 クルートさんはゆっくりと騎士達をほうに振り向き、一言。


「俺を……殺す……ならば……リュートか……アレクか……兄さん……連れてこい……!!」


 きききききん!!


 バラバラに砕け散る剣と鎧は、キラキラと光を反射させながら石畳に散らばった。

 クルートさんは両の手を手前に引っ張っただけだ。


 騎士の顔が真っ青になる。


 砕け散ったのは、だったのだ。

 もし、何の配慮もせずに切り裂いたなら……人だったもののバラバラ死体が五つ転がっていただろう。


 私の額を汗が一筋、伝う。

 私は、声がひきつらないよう、細心の注意を払いながら声をかける。


「あの、クルートさん?」

「……何……?」


 クルートさんは振り返らずに私の声に答える。


「大変申し訳ないことがありまして……」

「だから……何?」


 私は、伝う汗を拭うことも出来ずに言葉を続ける。


「すいません、助けてください。」

「………………………は?」


 振り向いたクルートさんは、宰相が私の首筋にナイフを突きつけているところを見る。


 ごめん、人質になっちゃった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます