第41話 教えて!クリストさん!

「ハマノ様、また間違えています。この人は、リンゴを10個買い、そのあと2個食べ、孤児院に5個寄付しています。なので、残りは3個です。」

「あああああ!!こいつ、何で二個もリンゴを食ってんだよ!!一個食べたらそれで十分じゃん!」

「算数の問題だから、仕方がないでしょ。」


 発狂する浜野はまのに、あかねちゃんが冷静につっこむ。


 さて、今はクリストさんによる常識講義の時間だ。文章の読みについては散々図書室に通い続けていた引きこもっていたお陰で全く問題はなくなっている。


 ただ、強いて言うならば書きが微妙に心配なので、そこはもう少し勉強するしかない。


「あ、そうだ、クリストさん、国外のことについて教えてもらえますか?」


 スペルを書く手を止めて、私はクリストさんに質問する。

 図書室で読んだ本に外国の事が書いてあったので、気になっていたのだ。


「四日前の講義で少しだけ触れましたが、その時の基礎知識は覚えていますか?」

「あ、はい。今、私たちのいる国、『勇者の国』は、北に海があり、東に『賢者の国』、西に『戦士の国』、南に『商人の国』、北の端に『魔大陸』が面しているのですよね?」

「はい、そうです。よく覚えましたね。」


 私が答えると、クリストさんは笑顔でそう言った。小説でもよく出てくる地名だ。忘れるわけがない。


 クリストさんは黒板(のようなもの)に大雑把な地形を描いていく。


「前の講義で説明した通り、魔族の住む魔大陸は、実は別の大陸です。子供でも泳いで渡れるくらいの距離に位置する大陸なので、実質くっついていると表現しても構わないでしょう。」


 クリストさんは、簡単な地図を指差してそう言う。


「東は恵まれた気候と肥沃な土地で、農業が盛んです。西は鉱山が豊富で、良質な武器や防具を生産しています。南は暑さが厳しく大変な環境ですが、そこでしか取れない希少な魔法金属があり、商業が盛んです。」

「希少な魔法金属!!」

「武器!!」


 男子がキラキラとした目で地図を見つめる。

 私たち女子はそれを冷ややかな目で見守る。


 クリストは一つ咳き込むと、話をつづける。


「さて、北の魔大陸は、雪と氷に覆われた大地とされています。強力な魔物が多数存在し、危険きわまりない土地です。では、『勇者の国』の特徴的な場所を説明していきましょう。まずは、『戦士の国』との国境近くにある大樹林、『霞の樹海ミスト・フォレスト』。トレントやドライアトなど、希少な魔物が存在していますが、フィンレルやジャイアントなど、凶悪な魔物も多く生息する、危険地域です。」


 クリストさんはそう言い、黒板に印をつけていく。かなり広い面積が霞の樹海ミスト・フォレストであるらしい。……中二くさい名前だな。


「次は、『商人の国』の国境付近、『月の砂漠』です。ここは、地下水が豊富でオアシスが多く、沢山の市場が開かれています。また、星や月が美しく見えることで有名で、観光名所としても知られています。」


 南の国境付近に大きく楕円を描く。大雑把だが、この辺りが月の砂漠ということだろう。


 女子がその話を聞いて、うっとりとそのようすを想像する。この世界の小説では、そこでプロポーズをするシーンが沢山あるものね。


「次は、王都付近の『ダンジョン地帯』。この国には、大小すべてのダンジョンを合わせると、千とも三千とも言えるような数のダンジョンが存在しています。そんなダンジョンのうち、約7割がここ王都付近に密集しています。」


 最近行ったダンジョンも、その一部です。クリストさんはそう言う。


「最後は、『賢者の国』との国境付近にある、『叡知の斜塔』。いつの時代に作られたのかはっきりとしない、天をつくような高さの建物です。ダンジョンではないかとも噂されています。」


 クリストさんは、東の国境近くに斜めの建物の絵を描く。


「これが大まかな国の説明です。詳しいことは、また明日の講義で説明します。」


そんなこんなで、今日の講義は終わった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます