第26話 あかねちゃんと魔物

「ふっ!」


 ざしゅっ


 茜の振るった刀は、きらめきと共にゴブリンの首を撥ね飛ばす。


[経験値を入手しました]


 無機質なアナウンス。

 そして、吐き気。


 生き物を殺すという行為は、茜の精神を静かに、しかし、じわじわと、確実に、蝕んでいた。


「【精神統一】」


 茜はオリジナルアビリティを発動する。

 吐き気が一時的に収まり、精神が安定する。多少のMP使用で狂気に陥らなくてすむならば、全然、安い出費だ。


 茜はステータスを確認する。


 名前 嶋崎 茜

 種族 人間 レベル 10

 ジョブ 剣士

 HP 142/142 MP 101/111 

筋力 152 知力 119 瞬発力 207 精神力 122

オリジナルアビリティ 精神統一

アビリティ 剣術【10】→刀術【2】 威圧【2】 体術【9】 忍び歩き【2】 ダメージ軽減【5】 不屈の心【8】


 必死であげたステータスだが、未だに朝井よりも低い。オリジナルアビリティのこともあり、正面から戦えば、当然のように負けることだろう。


「はぁ……。」


 茜は思わず、ため息をつく。


「嶋崎さん、どうかしましたか?」


 ふと、松本が茜に声をかけてきた。

 松本は闇に溶け込むような黒色のローブを纏い、鉄でできた杖を持っている。

 MPを節約するために、弱い魔物には鉄の杖で攻撃しているらしい。ところどころ血で汚れている。


 茜は、口を開く。


「いえ、少し疲れただけよ。」

「僕は、『少し』どころではなく疲れましたけどね。」


 松本は、やや後ろに目を向ける。


「アサイ様、どうでしょう、この魔法!」

「朝井君、カッコいい!」

「なあ、ひかり、疲れていないか?大丈夫か?」

「あ、うん。大丈夫だよ。」


 伊藤と、福島と、そして、

 その三人が、朝井の回りにいる。


 正確には、朝井が福島の近くにいき、それに伊藤と王女がよってきたのだが、うるさい上にめんどくさいことには変わりがない。


「王女は本当に何をしに来たのかしら。朝井の付きまといが目的なのだとしたら、逆に尊敬できるわ。」

「じゃあ、僕は王女を尊敬するよ。」


 近くにやって来たスライムに、ファイアボールを叩き込みながら、松本は茜に言う。

 通路の奥からゴブリンがやってくる。茜は、半身を反らす。

 茜のいた場所を通って、矢がゴブリンの頭を貫く。


「矢田部さん、あなた、もう前衛に来れば?」

「あー、俺、HPが貧弱だからさ、ちょっと不安なんだよね。第一、距離がないと打てないし。」


 小型の弓を持った小柄な少年、矢田部が口を開く。

 茜は、刀に付着した緑色の血液を拭う。


_____のの、大丈夫かしら。


 茜は、そう思いながら、前へ進む。


 そんな茜を、クレア王女は笑いながら眺めていた。




「嶋崎さん、私も、スライムを倒しても良いですか?」


 朝井が二人に捕まっている間に、福島は茜に話しかける。

 茜は、少しだけ福島に同情する。


「朝井に散々止められていたものね。当然良いわ。攻撃魔法は使える?」

「サンダーボルト位なら。」

「松本、ひかりさんに次のスライム譲っても良い?」

「全然大丈夫ですよ。」


 茜たちがそんなやり取りをしていると、二人からようやく抜け出せた朝井が福島を止めようとする。


「何を言っているんだ!ひかりに生き物を殺させるなんて!」

「……貴方だって、ゴブリンを殺したでしょ。第一、福島さんが望んで倒したいと言っているじゃない。」

「生き物を殺すのはダメだろ!」

「相変わらず、話が通じないわね。」


 茜は、盛大にため息をつく。


 その隙に、松本がスライムを連れて福島に倒させる。


「やった、レベルが上がった!」


 キラキラとした笑みを浮かべて、福島が言う。

 そんな様子の福島に、松本は、


「おめでとう。僕はそれなりにあげられたし、次も倒す?」


 と言う。


「いいの?」

「いいよ。君、まだレベル4だろ?もうちょっとあげないと危ないだろ。」

「ありがとう!」


 福島の嬉しそうな声に朝井が一瞬、松本を睨む。



 2ーAは、少しだけ危うい状況になりつつあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます