第12話 世紀末図書館

「MPポーションが作れないよ、あかねちゃん。」

「……そう。素材が足りないの?MPが足りないの?」

「どっちも。」

「……そう。

 とりあえず、ここ、図書館の前だけど、何で私をつれてきたのかしら?」

「図書館が世紀末になったから。」

「そう。………は?」


 いや、図書館で魔法を試し打ちするのはちょっと止めて欲しい。

 最近、本をボロボロにした男子が、佐藤さとう 夢子ゆめこちゃんをぶちギレさせて訓練場に引っ張られて以来、多少はましになったものの、未だに図書館で魔法を試すやつがいる。


 図書館で火の魔法を試すんじゃねえ。本が燃えるし、司書さんがそれを見て卒倒するだろ。

 私みたいにおとなしく生成(薬品)しとけよ。

 え?私もだめ?いやほら、本とか設備とかに何らダメージは与えていないでしょ?


 そんなことを考えながら、図書館のしっとりとした手触りの扉を押し開ける。

 目に飛び込んできたのは、色とりどりの魔法弾。

 

「ヒャッハー!!火力火力火力ゥ!!!【ファイアバレット】ォ!!」

「そんな緩い攻撃、当たるかよ!【アクアバレット】!」

「お前ら、地形をもっと有効活用しろよ。【身体強化】(本棚を蹴り倒す)。」


「きょ、今日も残業、始末書が………バタリ。」

「ぶ、部長ぉぉぉぉお!!」


「…………のの、ごめん。あの馬鹿どもを一回、しばいてくるね。」

「頼んだ。」


 あかねちゃんは、HPモヤシの魔術師のほうに走りよると、身体強化なしの拳を振り下ろす。


「いっだ!!何すんだよ、嶋崎!」


 そう言って頭を押さえている男子に、あかねちゃんは低い声で、


「何してんのよ、馬鹿ども。ちょっと訓練場にこい。


……来なかったら、わかっているな?」


 と、不良顔負けの脅しを吹っ掛ける。


 すごいなー、あかねちゃん。あれ、MPを使ったアビリティ【威圧】だよなー。男子どもの足がガクブルしてるし。


 アビリティって、何度か繰り返し物事を行うことで身に付くんだよなー。


 ……誰かに何度か【威圧】をしたことがあるのかなー。


 ____まあ、いっか。

 本を読もう。


 ほら、読書をするときっていうのは、自由で、救われてなきゃ駄目なんだ。……独りで静かで豊かで。


 ……半分ぐらい満たされていないな。図書館にはデフォルトで佐藤さんがいるし、倒れた司書さんを介抱している人は、大声で司書さんの名前を叫んでいる。


 言うだろ。図書館ではお静かにって。しろよ。お静かに。


 ____あれ?デフォルトで、佐藤さんがいる……?


 私は、何か引っ掛かりを感じつつも、読書を開始した。


____________________________________________________________________


 誤字について。

 第11話 アルフレッド・ドルトン より

 ホンダ マリン ×

 サトウ ユメコ ○


 なお、本田 まりんさんはエンチャンターで、このあとちらりと出てくるモブさんです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます