第9話 やっべ、忘れてた。

「この子、私が育てる!」

「いや、ダメよ!あなたは植物なんて育てたことがないでしょ!」

『ふわぁー?』

「こんな可愛い子、植物じゃないもん!妖精だよ、この子は!」

「だったら、尚更よ!絶対に私が守る!守るための力が私にある!」

『ふわぁー!』


 誰が親かで言い争う私達。それをよくわからない表情で見守る赤ん坊。


 私達がそんな言い争いをしていると、分厚い扉にノックの音が響く。


「「何よ!」」

『ふわぁー?』


「ヒィっ!?いや、隣の部屋の宮藤くどうだよ。ちょっと騒がしいけど、何かあったのか?」

「………入って良いわ。」


 ちょっとだけ冷静になった私は、葵ちゃんが用意してくれていた椅子に腰かける。

 がちゃりという音と共に、宮藤くんが葵ちゃんの部屋に入ってきた。

 そして、一言。


「え?何このちっちゃい緑色。」

「「あ"?」」

「ヒィっ!?」


 思わず威嚇してしまったが、これは流石に宮藤くんが悪い。こんな妖精みたいに可愛い子に「ちっちゃい緑色」って!!


 少しだけ怯えた表情を残したまま、宮藤くんは口を開く。


「で、何があったんだ?」


 とりあえず、私達は事情を説明する。




「ん、葵が育てればいいんじゃね?」

「何で?」


 私がそう聞くと、宮藤くんは答える。


「この植物、というか、生物を育てられるのって、葵だけだろ?ののも育てるのを手伝えば成長を見守れるだろうし。」

「むー……。」


 確かに、それは事実だ。

 私のジョブが薬師である以上、私がこの子にできるのは作成した薬品によるドーピング位だ。

 それであるならば、植物としての成長が望める葵ちゃんに託した方が良いだろう。


「葵ちゃん、たまには私にもお世話させてね。」

「良いわ。」

「名前は、私につけさせてね。」

「良いわ。」

「いい感じの薬ができたら、ドーピングさせてね。」

「それはダメ。」


 こうして、成長促進薬を使うことで生まれた赤ん坊、リリィは、葵ちゃんの仲間になった。


________________________________________________________________________


[成長促進薬(植物)]

 植物の成長を促進させる。液体。

材料 水 窒素(MP代用) 腐葉土(MP代用)

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます