第3話「六月は雨が多いから」

「わたしね………親があまり仲が良くなかったの」


待島さんのウチで、待島さんはゴロンと、座布団を枕にして寝転びながら。

その茶っぽい黒髪を指で弄びながら。天井の蛍光灯を見上げて、独り言のように呟く。


「わたしのウチ、親が共働きで………すれ違いも多くってさ。意味もなく、父さんに殴られたりして。母さんもよく泣いていて」

「だからさ、バラバラになっちゃったんだ」


私は――、青景ソラハは、かける言葉なんてなかったです。

急にそんな話を聞かされても。と思ったし。でもそれを語る彼女、待島スミカの碧い瞳が。これ以上なく寂しそうで。そして悲しそうで。


「ねぇ、あるべき家族の姿、ってなんだろうね………」


待島スミカはポツリ、呟く。


「大人って、そういうの好きだよね。正しい家族の姿、とかさ。それって誰が決めるの? 国? 伝統? 偉い人?」


「そんなの、わたしたち一人一人が勝手に決めればいいじゃん。なんで押し付けようとするんだろ、みんな………」


「わたし、六月産まれなの。ソラハさんは?」

「あ、私、五月…」

「一月違いだね」

ふふ、って軽く、だけど淋しく笑うスミカさん。


「六月は雨が多いから。だからわたしは泣かないって決めてる。空が、わたしの分まで泣いてくれるから」


「ソラハさん、私はソラハさんのこと、前から気になってたの。縮れた、天パのセミロング。意志の強そうな口元。あなたが学校で、休憩時間に読んでる本も、わたしも好きなの多かった」


スミカさんがぎゅっと抱き締めてくる。


不思議と、振りほどく気がしなかった。

振りほどきたくなかった。


「少しだけ、こうさせていて………」


私はスミカさんを見る。目が潤んでいる。口元が震えている。


唐突にキスを、された。


甘い、紅茶の味が、私のファーストキスでした。


「苦い珈琲の味。わたしのファーストキス」


スミカさんは嬉しそうに、歌うように呟く。


私たちはそのまま、抱き合っていた。それが不思議と心地よい。

昨日までは、何も接点のなかった二人なのに。


ううん、あった。少なくとも私はみていた。


その、茶っぽい黒い長い髪を。深い碧の美しい瞳を。彼女の気高い、孤高の佇まいを。


そして、彼女も、私をみてくれてたんだ。


私の、何を気に入ってくれたのか、まだピンと来ないけど。

私みたいな何もない人間を見ていてくれた。

それが凄く、嬉しい。


生きる価値が認められた気がする。

生きていてもいい、そういわれた気がする。


何故だが、涙が零れてしまった。


私は、そのまま、涙が止まらなくなってしまう。


六月は雨が多いのに。


六月の空は、私の分までは泣いてくれなかったらしい。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます