第22話 託す思いとリヒトの真実

ゾンネは俺を見て苦笑いをする。




 「ルクスだっけ。貴方一体何者?」




 俺はゾンネの絶望的な表情を見て、何故か快感を覚える。




 「転生者だ。宝石の所持者なのか?」




 ゾンネは目を見開き俺に近づいてくる。




 「ルナと一緒だ。貴方ならルナを救えるかもしれない。ねえお願い私を殺してルナを助けて」




 俺は目を瞑り、全てを理解する。




 「宝石の所持者なんだな。宝石を継承すると前の所持者の過去が見える。ルナはお前の記憶にいるんだな」




 ゾンネは悲しそうな表情で笑う。




 「ええ私が宝石の所持者よ。ハイルにはバレないようにしていたけど、宝石同士は惹かれ合うのかしらね。今なら彼女にもバレてるかもしれないわね」




 「俺がお前を殺してやるよ」




 ゾンネは俺の肩を掴み、真剣な表情で頼む。




 「ルクス一つだけお願い。ルナを助けてあげて。私はこの世界からいなくなるけど、ルナには幸せになって欲しいの」




 俺は目を瞑り口を開く。




 「ああ約束するよ。ルナを救ってやる」




 「ありがとう。もう悔いはないわ」




 俺はチートスキル悪魔の剣デーモンソードでゾンネの首を跳ねた。




 そして残りの肉体をチートスキル魔眼デーモンアイで抹消する。




 ゾンネは死亡した。存在を抹消されて。




 首を跳ねた快感が俺の脳に伝わる。




 ああ俺は完全に狂ってしまったのかもしれないな。




 ゾンネの宝石を継承すると、ゾンネの記憶が俺に雪崩れ込み、俺はその場に倒れ込んだ。






 俺はゾンネの記憶をガラス越しの様な感覚で見ていた。




 ゾンネは泣き虫で、いつもルナに励まされていた。




 ゾンネとルナはいつも一緒だった。




 二人の日常シーンが垣間見える。ルナはいつも笑顔だった。ゾンネはいつも泣き虫だった。




 ある日ゾンネはルナが急に意識を失って絶望していた。




 そこにリヒトが現れる。




 『ルナは転生者だから普通の人間とは相容れない存在なんだ』




 『転生者? 何の話なの。どうしてルナは意識を失って』




 リヒトはフードを更にグッと被り、笑顔で語る。




 『彼女は選ばれし存在で、だが今は魔力が膨大すぎてコントロールできずにいるんだ。ルナを目覚めさせるにはアヴァロンに行かなければいけない。そしてその先に…………いやその先はあるのかな』




 そこで急に記憶が途絶える。




 何だ、宝石を継承したのに全ての記憶が見えないだと? 何故だ。




 「やあルクス。君にルナの居場所を知られては今は困るんだ。だから記憶は全ては継承できないようにさせてもらったよ」




 「リヒト……俺の意識に⁉ お前は一体何者なんだ」




 リヒトは俺の前でフードを取る仕草を見せる。




 「君には素顔を見せとこうと思ってね。地球より面白い星だろう。いつか君とは戦う気がするよ。それが味方としてか敵としてかは不明だが」




 リヒトの素顔が俺の視界に映り脳内に焼き付く。




 銀髪のショートカットで銀色の瞳の綺麗な中性顔だった。




 身長は俺と同じくらいで恐らく同い年だ。




 首に十字架のネックレスをしていて、もう一つ何かを首からさげていた。




 「僕はアヴァロンに行くよ。そしてその先にいる『アレ』を殺しにね」




 『アレ』とは何だ? 一瞬リヒトの表情が真剣になり俺は凍りついた。




 目が笑っていなかったな、今。




 「なぜ地球を知っている?」




 「君と同じ地球で生まれ地球で殺され、この星に転生者として転生したからだよ。僕は前世でのそして今世での『アレ』の僕にした行いを絶対に許す訳にはいかない」




 な⁉ 同じ地球からの転生者だと。




 やはりいたのか俺以外にも転生者が。




 だがなぜだ、俺と違い転生者であることに、何より転生したことに不満を持っているように感じる。




 「君に一つだけこの世界の不変の真理を語ろう。それはこの世界には一人の独裁者によって支配されているのさ。記憶の改竄すら行える独裁者によってね」




 「独裁者? 記憶の改竄?」




 「もう時間がない。今は一つだけ覚えておくといい。転生者の敵は転生者だと言うことを」




 俺は太陽の塔の最上層で目が覚める。




 そこにはリヒトの姿はなく、アウラとハイルとエデンの姿だけがそこにはあった。




 「心配したわよ。ゾンネを殺したのね。私の宝石が反応しているわ」




 ああゾンネを殺したんだよな。リヒトとの出会いに衝撃を受けすぎて、忘れる所だった。




 「ああ無事宝石は二つ揃った。ハイルのも合わせれば三つだな」




 俺の複雑な表情を見てエデンが口を開く。




 「何があったかは知らぬが、兎も角アルカディア国の平和は維持されたのじゃ。もっと喜ぶがいい」




 「あ、ああ」




 俺はこの日自分の部屋に帰るとひたすら天井を眺めるだけだった。




 ルナの居場所を探さないと。




 ゾンネとの約束だ。




 何より転生者がこの世界に複数いるんだ。




 俺はこの世界の真理を解き明かしたい。




 俺はそしていつの間にか眠りについていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます