特別話 2期記念の日

「あら美味しい」


「当然です!このロバが焼いたんですから!」


「私のレシピでね」


「う゛っ」


 ここはジャパリカフェ。といっても、皆さんが頭に浮かべるであろう高山地帯のあそこではない。都市部に、昨年の夏オープンしたカフェだ。


 定休日なのにその店にはフレンズが二人。一人は店主のピーチパンサー。もう一人はロバ。

 店内のテーブル席のひとつに向かい合って座り、二人で丸パンを口に運んでいた。


「カフェ経営は良好?」


「もちろん、夏からずっと右肩上がりよ。そっちのパトロールの仕事は?」


 以前にもお話したが、この二人は深い仲だ。一人の飼育員の元で育った二人は、姉妹と言っても過言ではない程だ。本人達はお互いを親友と呼ぶのだが。


「いつもどーりって感じ・・・最近の百合カップルがマフラーを恋人巻きにしてくるのが気に触るけど」


「あらあら、恋愛に興味がおあり?私なんかどう?」


「あなたは無理、磁石の同じ極は退け合うんですよ」


 二人ともドSなのは一緒。


「そう?意外にいけるかもしれないわよ」


 作者的にもアリだと思います。ちなみに〈トキノココンビの初めて〉で一番最初に書いて頂いた三次小説はロバ×ピーチパンサーだよ!意外だね?ありがとうございました!

 あっ、若干そのセリフを逆輸入してたりする。わぁい!(投げやり)


「将来的にはいけるかもね?」


「上手な振り方ですこと」


 なんて話をしながらまたパンを口に入れる。ロバが口をもぐもぐ動かし、コクンと喉を鳴らしてから笑みを見せた。


「それより、美味しく焼けましたね!」


「パンね?初めてにしては上手に出来てると思うわ。ところで、なんで急に『パン焼きたい!』なんて電話してきたのよ?」


「こう、なんか・・・ビビッときたの!何か運命的なものを感じるんです!」


「フフッ、なにそれ?」


「わかりません!でも、パン屋こそロバの天職な気が・・・!」


 丸パンを高々と掲げ、力強く言い放つロバ。


「パトロールはどうするのよ?」


「・・・今世はライオンさんに着いていくって決めてるので、諦め」


「来世ってこと?」


「来世でなくても、いつか私の生まれ変わりがパン屋を開いてくれてるはずです!販売車で!」


「その頃にはその変態っぷりが抜けるといいわね」


「はぁ!?変態はあなたも同じでしょう!?」


 なんて、お二人の休日の一ページ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます