第110話 彼女の主

 ベータたちの前に舞い降りた影は、ロングコートを靡かせて漆黒の刀を抜く。


「てめぇは――!」


「ぬしは――!」


「――シャドウ様!」


 ベータは歓喜に震えた。


 彼女の主は、これまでどんな強大な敵を相手にしても打ち破ってきた。彼女たちがまだ幼く、弱かったころからずっと、主は彼女たちの前で戦い続けてきた。ベータはその背中を見て育ったのだ。


 だからベータには、主に対する絶対の信頼がある。


 たとえ何があろうと、主がいれば大丈夫。


 その信頼と安心感からか、それとも主を久しぶりに見たからなのか、ベータの目には主の姿がいつもより一回り以上大きく見えた。


 しかし、誰もがベータと同じようにシャドウを見ていたわけではない。


「やめとけ、てめぇでも無理だ」


「シャドウはん、気を付けなんし」


 ジャガノートは不満そうに、ユキメは不安そうにシャドウを見ていた。


 失礼な!


 ベータはキッと二人を睨む。


 主に任せていれば大丈夫なのだ。


 そうこうしているうちに、シャドウと『血の女王』の間の空気が張り詰めていった。


 シャドウは漆黒の刀を構え、『血の女王』は赤き触手を展開する。


 その時、ベータは気づいた。


『血の女王』の圧力が増大していることに。


「底なしかよ、化物が」


「まだ全力ではなかったの……」


 ジャガノートとユキメも気づいたようだ。『血の女王』はクレアと戦った時よりさらに力を増している。


 彼女の瞳は赤い宝石のように輝き、その身に纏う血のドレスもより鮮やかに生き生きと蠢く。


 シャドウと『血の女王』の緊張がさらに高まり――血の触手と、漆黒の刀が交わった。


 数え切れないほどの触手がシャドウを襲い、シャドウはそれを斬り落とす。


 紅と漆黒の軌跡が幾度となく衝突し、両者の凄まじい速さに音が追い付かない。


 しかし、二人にとってそれは牽制でしかなかった。


 ふと、『血の女王』の姿が揺らいだかと思うと、彼女は突然シャドウの背後に現れた。


 赤い爪が、シャドウを背後から襲う。


 だが、今度はシャドウの姿が揺らいだ。


 爪が空振り、『血の女王』の胸を背後から漆黒の刀が貫いた。


 バシャッと。


 水が零れるような音と共に『血の女王』が弾け、辺りに血の鏃を撒き散らす。


 シャドウはそれを刀で弾き、『血の女王』は最初にいた場所に立っていた。


 二人は振り出しに戻ったかのように対峙する。


「嘘だろ……」


「まさか、これほどとは……」


 とても目で追えない高速戦闘に、誰もが驚愕し、ベータは歓喜した。


 これが、彼女の主なのだ。


 しかし、同時にベータは言葉では言い表せない違和感に気づいた。それが何なのか分かる前に、『血の女王』が動いた。


 彼女は自分の触手を二本切り離し、その血で二体の分身を作り上げたのだ。


「これが、エリザベート様が最強の始祖と呼ばれる理由です。エリザベート様は血で分身を作り意のままに操ることができるのです」


 三人の『血の女王』を相手に、再び戦いが始まった。


 触手の牽制を、漆黒の刀が弾く。


 先ほどと同じ光景が繰り返される。


 しかし違うのは、三人の『血の女王』が奇襲してくることだ。


 彼女らは触手の間に突然現れて、背後から、頭上から、横から、次々とシャドウに襲い掛かる。


 だが、シャドウは三人の奇襲を巧みに躱していく。


 それは、まるで永遠に続くかのように拮抗した戦いに見えた。


 だが、ベータは最初の違和感が次第に大きくなっていることに気づいた。


 それが、何なのか――。


 果たして、彼女の知っている主がこれほど長い間、切り結ぶことがあっただろうか。


 否。


 何かが違う。


 いつもの主とは、何かが違う。


 ベータの心に、急に不安が押し寄せてきた。


 ベータは不安の種を探すかのように戦いを注視する。


 赤い触手の群れがシャドウを襲い、三人の『血の女王』が奇襲する。


 その繰り返しの中で、ついにベータは気づいた。


 シャドウは『血の女王』の攻撃を巧みに防いでいるが、その後の反撃に繋がっていないのだ。


 どれほど守りがうまくても、攻撃しなければ敵は倒せない。


 なぜ、シャドウは反撃しないのか。いや、できないのか。


 シャドウは四方から絶え間なく襲い掛かる触手に動きを封じられ、さらに『血の女王』の奇襲によって完全に後手に回っている。


 なぜ、このようなことが起きるのか。


 それは――シャドウの足が止まっているからだ。


 ベータの知っている普段の主なら、敵の攻撃を最小限の動きで躱し即座に反撃に移る。しかし今は、爪や触手を主に刀で弾いていた。刀で弾けば、反撃はワンテンポ遅れる。その間に二人目三人目の『血の女王』が襲い掛かり、反撃の機会を失うのだ。


 なぜ――。


 なぜ躱さないのですか、主様――?


 主の足が重い。主の動きが固い。


 触手を弾き、その場に立ちふさがるその戦い方は、まるで――何か大切なものを守るかのようだった。


「――ッ!?」


 その瞬間、ついにベータは気づいたのだ。


 シャドウの背後に、ベータがいることに。


 さらにベータの背後には傷ついた664番と665番が、それを守るかのように立つ666番が、そして気を失った主の姉が倒れていた……。


「あ、ぁぁ……」


 ベータの声が震えた。


 主は、ずっと彼女たちを守りながら戦っていたのだ。


 大切なものを……。


 そして――戦いの均衡が破れた。


 ついに、シャドウは倒れたのだ。


 赤き触手が彼を弾き、さらに三人の『血の女王』が追撃を加え、シャドウは壁を突き破り倒れた。


「シャ、シャドウ様ァァァァアア――!!」


 ベータは未だ痛む身体を無視して、這うように崩れた壁へと進む。


「だから言っただろ、てめぇでも無理だってよ……」


「シャドウはんでもダメでありんしたか……」


 違う!


 背後にベータたちがいなければ、足手まといがいなければ、主の力はこの程度ではないのだ。


「シャドウ様、シャドウ様ッ!!」


 必死で這い進みベータが崩れた壁に辿り着いた、その時。


 青紫の魔力が、そこから溢れ出した。


「なッ――!?」


「なにがッ――!?」


 その圧倒的な力に、大気が震え、瓦礫が浮き上がる。


 赤い月の光を、青紫の魔力が染め変える。


 そして、壁の向こうからシャドウが現れた。


「シャドウ様!」


 ベータの顔が歓喜に染まる。


 なぜなら、そこにいたのは、彼女が知る普段通りの主だった。


 青紫の魔力を纏い、なぜか一回り小さくなったようにも見える主の姿には、力が漲っていた。


 彼は、美しき青紫の魔力を刀身に込めて、再度『血の女王』と対峙する。


「少し、本気を出してやろう……」


 その深淵から響くような声を聞き、ベータの身体が興奮に震える。


 もう不安は無い。


 この姿こそ、彼女の主なのだ。


「ん?」


 その時ふと、視界の端で何かが光り、ベータは壁の裏を見る。


 そこになぜか大量の金貨が落ちていた。


 ベータは首を傾げる。


 なぜこんなところに……まぁ、いいか。


「シャドウ様がんばれぇ~~~~!!」


 そして、ベータの声援を合図に戦いが再開する。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます