第109話 血の女王

 腕の中のクレアが突然立ち上がる。ミリアはそのヴァイオレットの瞳を見て、息を呑んだ。


「クレア、あなた瞳の色が……」


 変化は瞳の色だけでなかった。クレアの雰囲気がどこか大人びて、魔力の質も違っているように見えた。


 そして、何よりの違いは……彼女の傷口が塞がっていることだ。


 お腹の大きな傷は血で染まっているが、その血が蠢き一つの大きな血の塊となって宙に浮かぶ。


 それは『血の女王』のものと同じだった。


「さて、どの程度まで耐えられるかしらね……」


 クレアが呟く。その声は静かで落ち着き、喋り方までまるで別人のようだった。


「あなた本当にクレアなの……?」


 ミリアがそう問いかけた瞬間、『血の女王』の血塊が弾けた。


 それは飛沫を鏃に変え、回避不能な絶望的なまでの密度と速度で迫る。


 誰一人動けずに、その絶望を見ていることしかできない。


 そう……彼女以外は。


「残念。オリジナルは私……」


 クレアはそう呟き、自分の血塊を弾いた。


 その血塊は小さな小さな血の粒となって飛散する。それはまるで血の霧だった。


 飛来する血の鏃に、血の霧が付着する。


「え?」


 声を漏らしたのはミリアだけだった。しかし、その場にいた誰もが目を疑った。


 血の鏃が突然勢いを無くし、ポタポタと地に落ちたのだ。


「身体から離れた血の制御を奪うのは難しいことじゃない。完全に奪うことはできなかったようだけど……」


 妖艶に微笑むクレアの視線の先には、血の鏃が数本刺さった『血の女王』の姿があった。


 クレアは血の霧で鏃の制御を奪い、それを反転したのだ。だが、そこまでできたのはほんの数本だけ。他は地に落とすことしかできなかった。


 しかしその力は人の範疇を越えていた。


 まるで『血の女王』が2人いるかのような戦いに誰もが言葉を失う。


「飛び道具で私は倒せない。つまりあなたが取るべき手段は一つしかないの」


 クレアは唇に付着した血を舐める。唇が鮮やかな血の紅で染まる。


『血の女王』が動いた。


 彼女は血の鏃で受けた傷を瞬時に直し、血のドレスを変形させる。


 血のドレスから、血の触手が生えた。


 それは瞬く間に数を増やしていく。


「そう、それが正解……」


 クレアは呟いて、その身体から血の触手を生やす。それは『血の女王』と同じだった。


 赤き触手が、互いに威嚇しあうかのように広がっていく。


 そして、一斉に戦いが始まった。


 槍の穂先のように鋭い先端が、敵を目指し突き進む。


 ある触手は床下から、ある触手は天井から、空間を埋め尽くすほどの赤き触手の群れが四方から両者に迫る。


 触手同士が潰し合い、目標に辿り着けるのはほんの僅かだ。


 迫り来る血の触手を見て、クレアは赤き大鎌を構え、『血の女王』は赤き爪を伸ばす。


 そして、互いに一太刀で切り裂いた。


 触手が舞い踊り、潰し合い、切り裂かれ、鮮やかな紅に空間が染まる。天井に空いた穴から赤き月の光が差し込み、美しい二人の女性を照らす。


 それは、目で追いきれないほどの速度で繰り広げられる、人外の戦い。


 美しく苛烈なその戦いに、誰もが見入っていた。


「凄い……」


「なんて戦いでありんしょう……」


 二人の力は互角だろうか。


 はた目には優劣の判断すら付けられない。


 ただ分かるのは、決定打はまだ一つも無いことだ。


 赤き触手の乱舞はしばし続き、クレアがため息を吐いた。


「きりがないわね……。でも、もう十分かしら?」


 そして彼女はいたずらっぽい笑みを浮かべた。


「もう十分……血の霧を吸い込んだでしょう?」


 次の瞬間、『血の女王』が跪いた。


 彼女は血を吐き、目から血の涙を流す。『血の女王』の身体の穴という穴から血が噴き出していた。


「ゴホッ……」


『血の女王』が初めて苦しげに呻いた。


「吸い込んだら、ちゃんと制御を奪わなきゃダメよ」


 跪いた『血の女王』にクレアの触手が殺到する。


『血の女王』の触手も抵抗するが、圧倒的な質量により潰されていった。


 視界を埋め尽くすほどの触手が『血の女王』を覆い隠し――大量の血が飛び散った。


 そして、後には赤い血だけが残った。


「全力には程遠いけれど、こんなところかしら」


 大人びた態度と謎めいた微笑み、そして人を超越した戦闘力とヴァイオレットの瞳。


 腕を組み佇むクレアは、ミリアの知っている少女とは全くの別人だった。


「クレア、あなたはいったい……?」


 クレアはミリアをちらりと見て、少しだけ困ったように笑った。その微笑みにどこかクレアの面影を感じた。


 しかし、次の瞬間ヴァイオレットの瞳に警戒の色が戻る。


 辺りに濃厚な血の霧が立ち込める。それはやがて、人の形に集まっていく。


「来たわね……」


「嘘だろ……?」


「まさか、まだ生きているの……?」


 驚愕の声が上がる中で、ミリアはどこか納得していた。彼女が知っているエリザベートなら、まだ終わるはずがない。


 しかし、ミリアの瞳からは絶望の色が消えていた。


 それは、彼女がいるから。


 クレアのようで、クレアでない彼女なら、エリザベートに対抗できる。


 彼女がいれば、千年前と同じ過ちは起きない。


 そんな希望を抱いていた。


 しかし、血の霧から無傷の『血の女王』が現れた時、クレアの身体が揺れた。


 そのまま彼女は跪いた。


「やっぱり、この身体じゃ限界か……」


 苦しそうに、口の端から血が零れる。人を超越した力にクレアの肉体が耐え切れなかったのだ。


 跪くクレアと、それを見下ろす『血の女王』。さっきとは真逆の構図がそこにあった。


「おいおい、勘弁してくれ……」


「まずいわね……」


「そんな……」


 ミリアの瞳が揺れた。


 ここでクレアが倒れれば、エリザベートを止められるものはもういない。


 千年前の惨劇が繰り返され、すべてが終わった後、彼女の主は再び絶望し涙する……。 


 もう二度と、あんな思いは嫌だった。


 そしてもう二度と、大切な友達を失いたくは無かった。


「クレアッ!」


 ミリアは跪くクレアに駆け寄った。


「私も戦える!」


 彼女は剣を抜き『血の女王』と対峙する。


「あなた……」


「瞳の色が変わっても、クレアはクレアよね……?」


「……私は少し身体を借りているだけ。クレアはクレアのままよ」


「ならあなたは私の大切な友達よ」


 千年前、ミリアは半ば諦めていた。エリザベートの力を知っていたからこそ、自分では止めることができないと悟っていた。


 でも……もし諦めなければ、何かが変わったかもしれない。


 クレアがエリザベートに立ち向かったように、ミリアにも何かが起こったかもしれない。


 諦めなければ、奇跡が起こったかもしれないのだ。


 だから、ミリアは剣を構えた。


 何かが起こることを信じて。


 そして、誰もが願った。


 誰かが『血の女王』を止めてくれることを……。


「あなたが戦う必要はないわ……」


 剣を構えるミリアを、クレアは手を伸ばし止めた。


「私の仕事は終わったもの。私は、彼が来るまでの時間を稼げばいい……」


 クレアは美しい微笑みを浮かべた。


「彼……?」


「そう、彼が来たわ……」


 そして――黒い影が舞い降りた。


「我が名はシャドウ。陰に潜み、陰を狩る者……」


 彼の姿を見て、クレアは安心したように気を失った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます