第107話 彼女の使命

 瓦礫から姿を表した『血の女王』は、血のように赤いドレスを纏っていた。


 いや、違う。


 彼女が纏っているのは、ドレスのような血だ。


 血をドレスのように操り、その裸身を隠しているのだ。彼女の肌の上で、血のドレスはまるで生きているかのように妖しく蠢いていた。


『血の女王』から溢れる凄まじい圧に、ベータは仮面の下で顔をしかめた。


「これが『血の女王』……」


 正真正銘の化け物だ。


「ベータ様……」


 664番が判断を仰ぐかのようにベータを見た。


 ベータは首を横に振る。


 逃げられるとは思えないし、そもそも主の姉を置いて逃げる選択はできない。


 戦うしか道は無いのだ。


 と、その時。


「これはこれは、とんでもない化け物ぇ……。わっちも混ぜてもらいんす」


 九本の尾を持つ狐の獣人が現れた。彼女は白銀の髪を靡かせて二本の鉄扇を開く。


「あなたは、『妖狐』ユキメ……」 


 直に見るのは初めてだったが、無法都市の支配者のことはベータも知っている。


 それは、互いに何かを確かめ合うかのように、ベータの視線とユキメの視線が交わった。


「協力感謝する」


 それが、ベータの判断だった。


「では共闘といきんしょうか」


 そして『血の女王』と対峙する。


 そこに、乱入者が現れた。


「俺抜きで進めるんじゃねぇよ」


 窓ガラスを割って褐色の巨漢が現れた。彼は巨大鉈を担ぎ『血の女王』を見て鼻を鳴らす。


「てめぇがここの親玉か。俺の街で好き勝手やってくれたじゃねぇか」


「あんたどっから出て来んしたの」


「どこから来ようが俺の自由だババァ。この女は俺が殺る」


「勝手にしなんし」


 そして、褐色の巨漢は巨大鉈を構える。


 彼のこともベータは知っていた。彼も無法都市の支配者の一人、『暴君』ジャガノート。


 この瞬間、無法都市の三人の支配者が集結したのだ。いずれもこの無法都市を支配する実力者である。その中の二人が『血の女王』と敵対しているのだ。


 ベータはこの幸運に感謝した。まだ勝機はある。


「おらぁッ!!」


 先陣を切ったのはジャガノートだった。


 彼は野性的な動きで間合いを詰めて、自慢の巨大鉈を振り下ろす。


『血の女王』は微動だにしなかった。


「何ッ!?」


 巨大鉈が『血の女王』を切り裂いたが、驚愕の声を上げたのはジャガノートだった。


 彼の巨大鉈は何の感触もなく、『血の女王』を通り抜けたのだ。


「霧化ッ!?」


 高位のヴァンパイアのみが使える、身体を霧化させる能力だ。


 しかし、『血の女王』のそれは一切の前兆が無かった。しかも『血の女王』は巨大鉈の軌道上だけを霧化させたのだ。


「めんどくせぇ!!」


 ジャガノートがさらに巨大鉈を薙ぐ。


 しかし、それも『血の女王』は微動だにせずに受け入れた。彼女の首が一瞬だけ歪み、そこを巨大鉈がただ通り過ぎていった。


 そして『血の女王』は右手に血の塊を集めた。


 凄まじい魔力がそこに集まる。


「あかん!」


「避けてッ!!」


 ユキメとベータが叫び、全員が回避行動をとる。


『血の女王』はそれを宙に放ち、その直後に爆ぜた。


 血の塊が爆ぜて、血の飛沫が飛び散る。それは瞬く間に飛沫から鏃のように形を変えて、その場にいた全員に襲い掛かった。


 血の鏃は空間を赤く染め、回避不可能な密度だった。


「くぅッ!!」


 ベータは早々に回避を諦めて、クレアの前に移動した。


 スライムボディスーツで急所を強化しつつ、漆黒の刀で鏃を切り裂き自分の身体を盾にした。


 彼女の頬に裂傷が走り、腕や太腿に鏃が突き刺さる。


 そして、鏃の雨が止んだ。


 クレアとミリアは軽い裂傷を負ったものの、鏃による負傷はほとんどない。


 しかし、ベータの被害は大きかった。


「あ、あなた……」


 ミリアはベータの姿を見て言葉に詰まった。


 漆黒のボディスーツは無残に切り裂かれ、白い肌と赤い血肉が露出し、腕や足には数十本の鏃が突き刺さっていたのだ。


「問題ない。急所は守った」


 ベータはしかし、平然と刀を構え直し辺りを見渡した。


 だが、誰もがベータと同じように動けたわけではなかった。


 664番は全身の裂傷と腹部からの出血が激しい。


 665番は同じく全身の裂傷と脚をやられたようだ。


 666番も裂傷が目立ったが、大きな傷は無いようだ。


 ユキメも裂傷を負ったが大きな傷は無し。


 そして近距離で血の鏃を受けたジャガノートは……。


「いってぇ……」


 血だるまだった。


 全身に鏃が突き刺さり、出血で褐色の肌を染めていた。


 彼はそれでも二本の足で立ったまま巨大鉈を担ぐ。


 巨大鉈には刃こぼれが目立った。どうやらその巨大な鉈で彼は急所を守ったようだ。


「くそが……何だこの化け物は……」


 しかし、すぐに片膝をつく。


「『赤き月』……思い出しんした。まさか『血の女王』は伝説の真祖の吸血鬼ッ……!」


 ユキメは顔を驚愕に染めて『血の女王』を見据えた。


「なんだそいつは」


「遥か昔……たった三日でいくつもの国を壊滅させた伝説の吸血鬼どす」


「三日で国を……?」


 ジャガノートも顔を顰めて『血の女王』を見上げた。


『血の女王』の伝説を疑う者は、この場にはもう誰もいなかった。


「664番、665番、下がりなさい」


 ベータは戦闘不能に陥った二人を下がらせる。


「666番、あなたも」


「私はまだ戦えます!」


「あなたにはまだやるべきことがあるでしょう」


「……え?」


 ベータは仮面の下で微笑み前に出た。


 彼女はもう勝つことを諦めていた。


『血の女王』はベータでは相手にならない化物だった。どう足掻いても、たとえ全員で挑んでも、そこに勝機は無い。


 だが、勝つ必要は無いのだ。


 たとえベータが勝てなくても、主なら必ず勝ってくれる。彼女には主への絶対の信頼がある。


 だからベータは主が来るまでの時間を稼げばいい。


 それが、彼女に残された最後の使命だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます