第88話 夢の残骸

 ローズは雨の中を走り続けた。


 行く先もわからぬままただ走り続け、いつしか雨は止んでいた。


 そこは森の中だった。


 雨に濡れた木々の隙間から木漏れ日が差し込んでいる。


 ローズは木を背に座り込んで荒い息を整えた。


 様々な思いが頭の中を巡った。父のこと、国のこと、そしてこれからのこと……。


 それらが頭の中で絡まり合って、ローズの心をかき乱した。


 どんな理由があろうと、彼女はオリアナ国王を殺した凶悪犯だ。それを否定するつもりはなかったし、その責任から死へ逃れようとする気持ちももう無かった。


 彼女は父を殺した責任と、そして王女としての責任、すべてを背負うつもりだった。


 しかし、それはあまりに大きすぎる。


 考えれば考えるほど、ローズは不安に震えた。


 覚悟と信念を、責任と重圧が押し潰していく。


 彼女はまだ戦える。戦わねばならない。しかし、17歳の小娘に何ができるというのだ……。


 ローズは俯き、膝の間に顔を埋めた。


 そして、小さくなって震える。


 陽の光が茜色に染まるまで、彼女はそうしていた。


「行こう……」


 ローズは自分に言い聞かせるようにそう言って立ち上がる。


 行き先は分からない。


 しかし、進まねばならない。


 前を向いて彼女が歩き出した、その時。


「あなたには、二つの選択がある」


 背後から美しい声が届いた。


「ッ!?」


 ローズが振り返ると、そこには漆黒のドレスを身に纏ったエルフがいた。


 金色の髪に、青い瞳。彫刻のように整った美しい顔立ち。


「あなたは、アルファ……」


 アルファは腕を組んで妖しく微笑む。


「独りで戦うか、それとも我らと共に戦うか……選びなさい」


「一緒に……?」


 ローズの敵とシャドウガーデンの敵は同じだ。


 だが敵が同じだからといって、必ずしも共に戦えるわけではない。


 しかし選択肢が少ないのも事実だ。


 追手はすぐに掛かるだろう。独りで戦うならどこかに潜伏する必要があるが、しばらく山中に籠るしかない……いや、無法都市という手もある。


 今やローズはオリアナ国王を殺害した凶悪犯だ。無法都市に入っても賞金目当てで狙われるだろう。


「オリアナ王国を救うことはできますか?」


「あなた次第よ。今の我らがあなたの為に動くことは無い。国を救いたければ、価値を示しなさい」


「価値……?」


「あなたの価値を……そしてオリアナ王国の価値を……」


「それを示せば、救える……?」


「我らにはそれだけの力がある」


 アルファの答えは簡潔だった。彼女はただ選択肢を提示しているだけにすぎない。


 ローズを導くことも、手を差し伸べることもしない。


 答えを出すのはローズなのだ。


「……スレイヤーさん……いえ、シャドウがあなたたちの組織の長なの?」


「……そうよ」


 幼い頃ローズを救い、悪と戦い続ける彼の姿が脳裏に蘇る。


 そして、ローズは彼を信じる道を選んだ。


「……共に戦うことを誓います」


「そう。歓迎するわ。付いてきなさい」


 アルファは感情のこもらない声でそう言って、森の奥へ進んでいく。


「一つ聞いてもいいですか」


 ローズはアルファの後を追いながら訊ねた。


「ええ」


「シャドウはいったい何者ですか……?」


 幼い頃から悪と戦い続ける強き心。そして悪を滅ぼす圧倒的な力。力の秘密も、信念も、生い立ちもわからない。彼は謎に包まれた存在だった。


「それを知りたければ、信頼を得なさい」


「信頼……」


「あなたが信じるに値する存在であれば、いずれ知ることになるでしょう……」


 そして二人は無言で森の中を進んだ。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇




 日の光も届かない深い霧の中を進んでいた。


「ここは、まさか……」


「深淵の森よ」


 どこにあるのかもわからない。しかし一度入れば二度と出られないとされる、伝説の森だった。


 すぐ先にいるはずのアルファの姿すら見失いそうになる。


 青紫の霧は濃密な魔力に満ちていてローズの感覚を乱す。


「この霧は龍の吐息よ……」


「龍……」


 目撃証言は稀にあるが、ここ百年程討伐された記録は無い、伝説の存在。


「かつて、この地に訪れた彼は『霧の龍』と戦った」


「彼……?」


「幼かった彼は、霧の龍を倒すことはできても、滅ぼすことはできなかった。龍は彼を認め、龍の吐息を吹きかけた」


 この幻想的な青紫の霧が龍の吐息……。


「この霧は猛毒よ」


 ローズの身体がビクッと震えた。


「だから離れないで。私から離れるとあなたはすぐに死ぬわ」


「わかりました……」


 濃い霧の中を二人は進み、そして突然視界が開けた。


「ここは……」


 陽の光が降り注ぐ白い古城。


「霧の龍に滅ぼされた古の都アレクサンドリア。ここが我らの拠点よ」


 古の都アレクサンドリア。かつて書物で名前だけは読んだことがある。


 しかしここは、書物では決して描ききれない美しい都だった。


 都の周囲には広大な田畑が広がり、そこには見たこともない作物が実っている。少女たちは熱心に作物の収穫をしている。


「カカオの収穫ね。チョコレートの原料よ。いずれあなたにもやってもらうことになるわ」


「あれが、チョコレートに……まさか、ミツゴシ商会はシャドウガーデンの?」


 アルファは微笑んだだけだった。


 チョコレートはまだミツゴシ商会しか商品化していない。原料も製法も何一つ分かっていないのだ。


 二人は城門を抜け城の中に入った。


「ラムダはいる?」


「ここに」


 アルファの呼びかけに、一人の女性が現れて跪いた。


「新入りよ。鍛えなさい」


「はっ。仰せのままに」


「まず力を示しなさい。あなたならすぐに道を開けるはずよ……」


 ローズにそう言って、アルファはどこかに行ってしまった。


 ローズと、ラムダと呼ばれた女性が残される。


 彼女は灰色の髪に金色の瞳の、褐色のエルフだった。長身でしなやかな筋肉をしていることが、黒いボディースーツの上からでも分かる。


 目つきは鋭く、唇はふっくらとしている。


「私はラムダ教官だ。付いてこい」


「はい」 


 ラムダの後に付いて進むと城の裏手に出た。


 そこでは多くの少女たちが鍛錬に励んでいた。


「すごい……」


 一目見ただけで分かる。ここには実力者しかいない。


「664番、665番!」


「ハイッ!」


「ハッ!」


 ラムダが呼ぶと、集団の中から二人の少女が駆けてきた。


 エルフの少女と、獣人の少女だ。


「お呼びですか教官!」


 エルフの少女が叫ぶように言った。獣人の少女は隣で直立不動だ。 


「新入りだ。貴様らの分隊に入れる」


「了解いたしました!」


「666番、脱げ」


「え?」


 ローズは何を言われたか理解できなかった。


「666番、貴様のことだ。ここでは番号が貴様の名だ」


「私が、666番……」


「分かったらさっさと脱げ」


「え?」


「二度言わせるなッ!」


 次の瞬間、ローズの衣服が切り裂かれた。


 一瞬の早業だった。


 ローズの裸身が露になる。


「な、なにを!?」


 ローズは両手で身体を隠して座り込む。


「今日から貴様はウジ虫だ。貴様はもう何者でもない。名は捨てろ! 服も捨てろ! 何もかも捨て純粋な兵士となれ!」


 そしてローズの足元に黒い塊が投げ捨てられた。


 それはボヨヨンと跳ねる黒いスライム。


「664番! ウジ虫にソレの使い方を叩き込め」


「ハイッ!」


「ん? なんだこれは?」


 ローズの衣服の残骸から、一切れの紙が風に舞った。


 ラムダ教官はそれを拾い上げて、ローズの目前に掲げる。


「それはッ……!」


 それは、ローズがシドからもらった贈り物。まぐろなるどの包み紙だった。


 その瞬間、心の奥に抑え込んでいた彼への想いが溢れ出した。


 それは、彼女にとって初めての恋だった。


 試合で戦い、襲撃事件で命を助けられ、二人きりで旅行した。


 かけがえのない、大切な思い出。


 ほんの一週間前まで、ローズは彼と添い遂げる夢を見ていた。


 しかしローズはもう戻れない。


 二人の道が交わることは、もう二度と無いのだ。


「なんだその顔は? すべて捨てろと言っただろう!」


 ローズの目前で無残に切り裂かれる包み紙。


 紙切れは風に舞い空高く舞い上がる。


 それは、もう叶わない夢の残骸……。


 ローズの瞳から、大粒の涙が零れ落ちた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます