三章

第22話 見逃しちゃうアレ

 もうすぐ夏がやってくる。


 そんな感じの天気の下、僕は元気に木剣を振っていた。現在は午後の実技科目の最中、アレクシアから解放された僕はヒョロやジャガと一緒に授業を受けている。


 ゼノン先生の不祥事で王都ブシン流の生徒が減少したため、僕らは繰り上げで7部になったのだ。


「んで、アレクシア王女とはどうなったよ?」


 隣で素振りするヒョロが言う。


「だがら別れてそれっきりだって」


 ついでに殺されかけた。


「もったいないですねぇ。チューもしてないんですよね?」


 ジャガが言う。


「ないない」


 そんな感じでしょうもない話をしながら惰性でしょうもない剣を振る。これぞ7部って感じだ。


 まさに時間の無駄だが、これがモブの道ならば従うしかないのだ。


「そろそろ武神祭の季節ですねぇ。二人はもう選抜大会にエントリーしましたか?」


「あたり前だろ? 大会でアピールすれば女子の2人や3人簡単に持ち帰れるんだぜ」


 ヒョロが言う。ちな童。


「むふふ、3人相手はちょっと大変ですねぇ」


 ジャガが言う。ちな童。


「シド、お前エントリーしてなかったよな?」


 武神祭っていうのは2年に一度ある剣のでっかい大会。国内は当然として、国外からも名のある剣士が集まるのだ。で、武神祭には学園枠があって、その枠を決めるのが選抜大会だ。


 当然平凡なモブである僕はそんなものに出場して注目を集めるつもりなど全くない、あり得ない。


「僕は出な……」


「俺が代わりにエントリーしといてやったから感謝し、ブフゥッ!!」


 突然腹を押さえて悶絶するヒョロ。


「ヒ、ヒョロ君ッ!! 突然どうしたのですか!」


 おそろしく速いボディブロー。僕でなきゃ見逃しちゃうやつだ。


「おいおいヒョロ。まるでストマックを右ボディフックで打ち抜かれたみたいに倒れてどうしたんだ?」


 右拳を解いて僕は言う。


「や、やけに具体的ですね、シド君」


「だめだ、完全に失神してるな。保健室に運ぶから手を貸してくれ。あ、選抜大会のエントリーってキャンセルできたっけ?」


「さあ、どうでしたっけ。あ、ヒョロ君泡吹いてますね」


 突然の発作でヒョロが倒れたということで、先生に許可を貰って保健室に運ぶ。


 その途中。


「なんだあれ」


 僕は校舎に入っていく物々しい集団に気づいた。


「あれは……アイリス王女もいますね」


 ついでにアレクシアもいた。アレクシアは僕と一瞬目が合うと、フンッと逸らした。


 僕は彼女が乱心して無差別通り魔殺人犯になった事をまだ誰にも言っていない。彼女が僕に関わらない間は、あの屋上の事件は誰にも言わないつもりだ。相互不可侵条約、彼女は彼女で人斬りを楽しめばいいさ。最近かなり剣の腕が上がっているみたいだし、技を磨くのは良いことだと思う。僕を斬らなければ。


「そういえば、アイリス王女からミドガル学術学園の方に何か調査の依頼をしているとか聞きましたね」


 ジャガはこう見えて情報通だ。僕らが通っているミドガル魔剣士学園は馬鹿でかくて、同じ校舎内にミドガル学術学園があるのだ。そっちは学問とか研究とかやってるらしい。よく知らないけど。


「ふーん」


 そういえば新しく部隊を作るとか言ってたっけ。


 僕とジャガは騎士団の連中を見送って、ヒョロを保健室に放置して、そのまま授業をサボった。




◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇  




 広い応接室では少人数での話し合いが行われていた。


「王国一の頭脳と名高いあなたに、このアーティファクトの解読を頼みたい」


 そう言って大きなペンダントのようなものを差し出したのは、赤髪の美女アイリス。


「しかし、私はまだ学生の立場です」


 アーティファクトを見て断るのは桃色の髪の美少女。


「あなたの研究成果は国内外に広く知られている。この分野であなたに、シェリー・バーネットに勝る研究者などいないでしょう」


「ですが……」


「いい機会だ、受けてみてはどうだね」


 シェリーの言葉を遮ったのは、初老の男性。


「ルスラン・バーネット副学園長……」


「父と呼んでくれても構わんのだぞ」


 ルスランは笑って言う。


 シェリーは困ったような微笑みをした。


「シェリー、君はいずれ世界に羽ばたく研究者になる。アイリス王女からの依頼は、君の輝かしい将来につながるはずだ」


「ですが、私はそんな……」


「シェリー、いつも言っているだろう。自信をもちなさい。君ならやれる、これは君にしかできない仕事なんだ」


 ルスランはシェリーの細い肩に手を置いた。


「わかりました……」


 シェリーはアイリスからアーティファクトを受け取った。


「古代文字ですか。それも、暗号で書かれている」


「ディアボロス教団と名乗る宗教団体の施設にあったものだ。おそらく古代文明の研究をしていると思われるが、詳細は分からない。そして暗号も古代文明と関連があるはずだ」


「確かに私向けの依頼ですね」


 シェリーは興味深そうにアーティファクトを眺めた。


「それで、アーティファクトの警備に騎士団から人を出したい」


「警備とは……?」


 アイリスの言葉に、ルスランが反応する。


「実は、このアーティファクトはディアボロス教団という宗教団体に狙われているのです」


「それは、物騒な話ですな」


 ルスランは眼光を鋭くした。


「もともとこのアーティファクトもディアボロス教団の施設から押収したものでした。当然これだけでなく、ほかにも多くの資料や物品を押収し保管していました。しかしお恥ずかしい話になりますが、先日何者かの手によって保管庫が焼失、残ったのはこのアーティファクト一つだけです」


「ああ、この前の火事ですか。そういえば、アイリス様が新たに騎士団を設立したのはその後でしたね」


「そうですね。まだ小規模ですが」


「確か『紅の騎士団』でしたか。本日も紅の騎士団でのご来訪ですね」


「ええ……」


「それほど既存の騎士団は信用できませんか?」


 ルスランの鋭い問いに、アイリスは答えなかった。


 ただ、表情一つ変えずルスランを見ていた。


「ふむ、いいでしょう。2名までならば許可しましょう」


「2名ですか……。私が警備に当たれば問題ないですが」


 アイリスは難しい顔をした。


「アイリス様が常に現場に出ていては騎士団の仕事が滞ります」


 そう言ったのは、アイリスの左に座る大柄の騎士。獅子の鬣のような髭に、鍛え上げられた体躯。頬には大きな切り傷の痕がある。


「そうですね……。グレン、警備はあなたに一任します」


「はっ、お任せください」


 グレンは頭を下げた。


「姉様、なら私も協力します」


 アイリスの右に座るアレクシアが言った。


「警備に人数を割くのなら、漆黒の事件に対応する人が減るはずです」


 アイリスは沈黙した。


「紅の騎士団はまだまだ人手不足です。それに私は彼を知っている。私が適任のはずです」


「アレクシア、ですがあなたはまだ……」


「学生です。学生ですが実力があれば関係ない。そう言ったのは姉様ですよ」


「そんなこと言っていません」


「似たようなことをシェリーさんに言っていました」


 むっとするアイリスに、アレクシアは余裕の微笑み。


「昔はあんなにかわいかったのに……」


 ぼそっと呟くアイリス。


「聞こえていますよ。姉様、私は知りたいのです。彼らの目的が何なのか。そして……私たちと敵対するつもりなのか」


「ですが、危険です」


「知っています」


 アイリスとアレクシアはしばらく見つめあった。


「わかりました。学業に支障の出ない範囲で、かつ危険の少ない任務でのみ協力を要請します」


「ありがとうございます」


 アレクシアは微笑んで頭を下げた。


「アーティファクトの件、よろしくお願いします」


 アイリスは溜息を吐いて、シェリーに言った。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます