渚沙は見た! ●●事件簿

作者 @himekon

スピリチュアル・クリミナル 2」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 確かに生きていく上では(太陽の)光は必須ですが、それだけでは生きていくことが出来ないので、少し冷静に判断すれば分からないことではないと思います。しかしそういったことでも信じてしまうケースがあるということは、それだけ人の心というものは環境に左右されやすいのかもしれませんね。

    作者からの返信

    彼らが言っているのは太陽の光ではないみたいです。もっと、普通の目では見えないような、例えば第三の目で見えるような光らしいです。スピリチュル系の方々の場合はほとんどが妄想でしょう。

    2019年1月13日 05:32 編集済

  • やり方さえ間違えなければ、人間は神や聖人に近づくことはできるかもしれません。ですが光だけを食べて生きるなどと言う超人になるのは、恐らくほぼ不可能。信じる者は救われるなんて言いますが、時には疑うことも必要ですね。

    作者からの返信

    確かに、やり方さえ間違えなければ、近づくことはできるかもしれません。そういう方々は、自ら神や聖人になろうとは思わないはずです。私は○○だ、などと自己宣言もしないはずです。自然にその人の善良な性質のために、敬われる人となり聖人として、神のような人だと世の中に知られていくでしょう。

    2019年1月7日 03:07 編集済

  • 光だけを食べるって、そんな霞を食べて生活する仙人じゃあるまいし。餓死するのも当然ですよ。どうして気づかなかった⁉Σ(゚Д゚)
    人間らしくしっかり生きる。そんな当たり前の事を忘れているようでは、スピリチュアル系に未来は無いですね。

    作者からの返信

    信じたがために、死にました! 一言でいえば洗脳されたのでしょう。自ら本を読んで真似した人もいるかもしれませんね。

    誠にその通りです。人間らしく生きることの大切さを忘れ、別の何かになりたがる、仙人、超人や神。子供ではなく、彼らは大人ですよ。そんな人たちに未来はないですよね……

    2019年1月7日 01:04