#008 考察「オークは女騎士を襲うのか?」

 今回のお題は「オークやゴブリンは人の女性をレイプするのか?」です。


 よくあるエロ漫画やハード系のファンタジー作品で見受けられる設定ですが…、普通に考えたらありえない設定です。


 なぜ無いのか? それは…、

①、オークからしたら人は異種族であり、人の男が美化もしていないメスオークを凌辱する様なもの。これはかなり人を選ぶ性癖であり、少なくとも殆どの人は欲情しないでしょう。


②、異種族をレイプしても子供は生まれない。当たり前ですが異種族の精では妊娠は不可能です。


③、そもそもオークやゴブリンには性別がない。設定次第ではありますが、単純にモンスターとして出てくるタイプだと雌雄の判定がありません。とくにゴブリンは精霊であり、自然現象に近い存在であり、性欲自体が存在しないと推測されます。




 ①に関しては、完全に人間の考える実際にはありえない設定ですね。一部の紳士は異種族キャラにも劣情をいだく人もいますが…、それは少数派であり、その異種族も一部は人のソレに酷似しています。完全な別種族に欲情できるのは極限られた紳士のみです。


 加えて、その手の作品のレイプシーンは性行為を楽しむ趣向が強いですが…、実際には性行為自体を楽しむ種族は稀で、野生生物の性行為は非常に淡白で数秒で終わってしまいます。なにせ前戯が無いですからね。入れて出したら終わりです。もちろん例外もいるでしょうが、霊長類や哺乳類で行為自体を楽しむのは珍しいです。そもそも「本能的な性欲」と「快楽を求める性欲」は別モノですから。




 では②のように異種族間で交配は可能なのか? 行為自体は可能ですが、基本的には子供は出来ません。例外として非常に近い近種(トラとライオンなど)なら可能ですが、生まれてきた子供は両方の特徴を有する"別種"であり、それは繁殖能力が著しく低く、そこから増えることがありません。


 では、どこまで近い近種なら可能なのか? まず人間とチンパンジーでは交配は不可能です。一応、同じ祖先であり、遺伝子的にも酷似していますが不可能です。


 本来、進化は異種族交配では発生しません。起きるのは同種間の世代交代を繰り返す過程で起こる小さな変化の積み重ねであり、1世代での急激な変化はありえません。


 じゃあ、他の亜人はどうなんだ?って疑問が生まれます。人とエルフの間に中間存在のハーフエルフが生まれる。これは自然界ではありえない現象です。よく、ハーフエルフやダークエルフが差別される作品がありますが、これはある意味、非常に自然な設定であり、自然界では変異個体は群れから追い出されるなどの迫害を受ける。これは生物が本来持っている自己防衛機能のなせる業であり、実は危険な好意なのです。近親相姦などの近すぎる交配も劣性遺伝で障害者が生まれる確率が高まりますが、逆に遠すぎても同じことが起こります。




 話はそれますが、私の作品の場合の亜人種の設定は…、

1、大昔、それも1億年くらい昔に祖先の人型の魔人(特殊スキル保持者)が存在しており、それが猿や精霊種の遺伝子を取り込んだ分体を創造するところからはじまります。つまり、人間の祖先が猿なのではなく、人型の魔人が猿の遺伝子を取り込んで作られた分体が人族であり、実はすべての亜人の起源は同じ種族っと言うより、単一の個体だったとしています。この時の行為は交配ではなく、本当に創造とよべるものだったと考えてください。


2、数千万年前、その魔人も死に、分体が取り残され、それぞれの適応できる土地に移り住み、独立した生活をはじめます。


3、500年周期で出現する魔王の戦いによって、度々それらは絶滅の危機に瀕したり、文明がリセットされるような事態に陥ります。結果的に森だったり国を作って引き篭もる種族が多く生き残り排他的な思想が強まる。これによって各種族の交流は分断。殆どの種族が無関係の種族として、それぞれの道を歩む。


4、近代に入って魔王の力が弱まり、過剰なリセットが起きにくくなり、亜人種族の交流が盛んになる。大陸が1種族に統一された歴史をもつ大陸は排他的な思想が強いが、殆どがハーフで構成された大陸も存在している。




 話は戻り、③の話。そもそもオークやゴブリンにメスがいるのなら、そっちと交配していれば済む話。もちろん作品によってはメスも存在しており、亜人の一種のように社会を形成しています。


 じゃあ、どんな場合だと異種族をレイプして繁殖する流れが生まれるのか? それは寄生生物に近い特性を有している場合です。それ自体は雌雄同体で性別にかかわらず繁殖は可能。しかし、苗床と言うべきか、種を生みつける母体が必要。人に卵を産み付けて繁殖するとか、虫系の凌辱モノみたいな設定ですね。


 それだと、相手が女性である必要も無ければ、人である必要もなくなります。男がオークに犯されて妊娠とかマニアックすぎますが…、寄生生物によっては繁殖相手がピンポイントに絞られる種族も少なくありません。しかし、それだと人をレイプするのみでしか繁殖できず、すぐに種族は滅んでしまうでしょう。


 その場合考えられるのは、一応、適度な大きさの生物なら何でも苗床にできるが、人が一番適しているってところでしょうか? まぁ実際の女性は、それらの作品にある劣悪な環境下でレイプされつづければ、3日くらいで死んでしまうんですけど。


 あと考えられるのが、そもそも生殖行為ではないパターン。アンデッドが生者を襲うよう、悪魔が人の不幸を喜ぶように、ゴブリンが人を襲う。繁殖が目的ではなく、凌辱、あるいは単純に苦痛を与えることを目指している。あるいは人のマネ事をしているなどの場合です。もちろんコレもグズグズの設定ではあります。




 結局、納得できる答えは無いように思えてしまいます。結局、それらのハード系作品は「とりあえず悲劇的な状況」が欲しいだけで、リアリティーなどは重視されません。「そう言うファンタジー生物なんだ!」と言われて終わりです。


 そう言った作品は、も設定は無視してストーリーを楽しむしかないのですが…、いかんせん、私は設定の甘さがどうしても気になって仕方ない性分なのです。皆さんは、気にならないんですかね? ギャグや世界観など、よほど他に魅力があるなら見れますが…、



 私はやっぱり、気になってしまいますね。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます