#006 考察「ヒトログ」

 今回は趣向を変えてルパン三世5にでてきた「ヒトログ」の攻略を考えてみます。


 まず、一応補足しておきますが、ルパンシリーズはそもそもリアルさをそれほど重視していないノリや展開を重視した作品であり、それにマジレスするのはナンセンスです。別に作品や設定がダメという批判的な内容ではなく…、あくまで自分ならヒトログをどうやって攻略するかって話です。




 まず大雑把にヒトログの機能を纏めておく。

①、SNSを利用した情報共有サービスであり、使用する端末は自由。アプリを動かせる端末があれば誰でも参加できる。


②、収集した情報を解析して質問の整合性を5段階で診断してくれる。


③、②の捕捉にはなるが、解析機能が非常に高性能で質問の内容も自由度が高い。写真データを分析して変装を見破ったり、特定の人物の未来の行動を予測できる。


 基本的には雑多な情報をひたすら集めて、その精度を維持するために写真の解析と行動予測を組み合わせている感じですね。あとは便利で柔軟性のあるUIも魅力です。わりとどんな質問でも答えてくれます。悪く言えば倫理責任を利用者に丸投げしているファイル共有ソフトみたいな存在です。




 じゃあ攻略法についてですけど…、まず禁じ手の方から出しておきましょう。


①、本社ビルや通信設備を破壊する。ミサイルでも斬鉄剣でもいいので外部から物理的に破壊すれば機能は停止します。もちろんバックアップなどはあるでしょうけど、本社を落とせば処理能力は大幅に低下するでしょうし、会社も莫大な損失をこうむります。


②、基地局を破壊したり妨害電波を発生させる。SNSを利用している以上、アプリをオフラインにしてしまえばいくらでも逃げたり攻めたりできます。


③、ネットが普及していない地域で暮らす。例えば海上や、鎖国的な国、あるいはスマホが普及していない貧しい国ですね。


 まぁ妨害電波くらいならセーフでしょうが、上記の対処法は作品的に反則ですよね。




 じゃあどんな手がベターかって話ですが…、ポイントは解析機能が客観的な情報に依存している点です。


①、あらかじめ複数個所で自分を撮影しておく。そして時間差でその写真をヒトログに公開する。


 撮影時間を書き換えて流す手もありますし、アナログな方法で写真をスマホで撮影してUPしてもいいです。写真の解析機能で偽物は判別できますが、写っているのが本物なら判別は不可能です。


 これが常時撮影している監視カメラの映像なら違ってくるでしょうが、自由参加で性能もバラバラの個人端末に頼っているなら、情報そのものの信頼性はどうにもならないでしょう。



②、偽の情報をバラ撒く。


 判定機能があるので無駄だと思いがちですが、それも不特定多数の主観に判断を依存しているので信頼性は低いです。


 例えば「ルパンはホモ」だと1人が言ってもウソだと判定されるでしょうが…、大勢が、それもふざけて男にキスしようとしているところの写真をそえてUPしたらどうでしょう?


 ヒトログはあくまで主観であり、世界中の人が「ルパンはホモ」だと思えば、冗談であってもそれは事実として処理されてしまいます。なにせ、ネットに流れてきた情報以外、ヒトログは解析することができないのですから。



③、三次元スキャンした自分の顔を囮に使う。


 解析しているのはただの写真であり、それを行動予測で補足しているだけ。それなら本物と同じ顔を区別するのは不可能。それにSNSの書き込みは大抵が言葉足らずです。実物を見ればすぐに分かる偽物でも「ルパン発見www」と曖昧に書かれたら、本人かどうか判断がつかないでしょう。



④、骨格を変装する。


 写真による本人かの解析もまた主観であり、特別な機能がスマホについているわけではありません。つまり、目の位置や顎の位置など変更できない部分を数値化して判定していると考えられます。それならその判定に使っている部位をピンポイントで偽装すればすむ話です。例えば頬骨を盛って、顎を張り出したりとか。デカメガネでポイントをさり気なく屈折させてもいいです。


 まぁアニメなので、そこはご都合補正で封じられてしまうでしょうが…、よく知らない人から見れば本人なのに、解析では偽物とでる。これなら行動予測の方も狂うでしょう。




 あと、着ぐるみがOKなら、デブに変装すればそれで終わります。他にも、サイバー攻撃で会社の株価を混乱させる手もあります。またICPO未加盟国で堂々と生活する手も。


 結局なんでもありなのですが…、それは問題ではありません。これはあくまで自分ならって考察であって、ルパン三世という作品は謎解きゲームではありません。大切なのは雰囲気であり、どうやって逆転劇を見せるかにあります。そもそも、この手の行動予測に特化した強敵はシリーズでは何度も出てきているので、正直に言うと「またか」って思っていたり。


 ぶっちゃけ、カッコよければ解決法は何だっていい。


 それは他の作品でも言える事だと思います。いくら設定が俺TUEEEでも、演出や世界観が面白ければ万人が楽しめる作品になりえる。逆に、ただ俺TUEEEしているだけのご都合設定ではアニメ化などした際にボコボコに叩かれる。そういうものなんだと思います。




 でも、「ボクの考えた最強の○○」が持てはやされる世界なんですよね、投稿サイトって…

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます