百合短編小説 『弓道ガールと剣道ガールのシークレットエデン』

作者 くさなぎ そうし

1. 『今だって、大緒の胸触りたいって思ってる!』」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 二人とも蓋を開ければ、だいぶ拗らせてるじゃないですか(笑)
    まさかのコメディ展開に、朝の通勤ラッシュの中で興奮が収まりません★★★

    作者からの返信

    コメントありがとうございます!

    色々と模索しているのですが、なんともいいようがない駄文に感想ありがとうございます。

    今の所、こちらの話、長編にしたいなと思っております。

    ひそかに自分の中で百合ブームが来ておりまして(笑)

    またお読み頂けたらと思います。ありがとうございます!

    2018年9月2日 21:35