【信太郎16歳、紗礼13歳】今日、暑いね。

「お兄ちゃん、今日、あっついね」

「そうだな。うわっ、最高気温35℃だって。そりゃ暑いわけだ」

「暑いね」

「だなぁ」

「ねぇ、あっついの」

「同感」

「そうじゃないでしょ!」


 急に大きな声を出され、信太郎しんたろうはびくりと身体を震わせた。


「何だよ」


 エアコンの設定温度は27℃にしてある。だから、まぁ、一応涼しいは涼しいはずなのだが。


「何か冷たいのないの?」

「冷たいの? あるかなぁ」


 そう言いながら、読みかけの本に栞を挟んで立ち上がる。

 

 さすがにもうジャグは用意されていないが、冷蔵庫の中には麦茶が入っている。


「麦茶ならあるけど」

「麦茶かぁ~。なーんか弱いなぁ」

「弱い?」

「もっとさぁ~、つぅ~めたいやつ、ほしいなぁ~」

「もっと冷たいやつ?」


 ならばもうアイスしかないだろう。

 そう思って冷凍庫を開けてみたが、冷凍食品の類しか入っていない。


 そうだ、昨日食べたんだった。――紗礼さあやが。


「アイスないぞ」

「えぇ~!!!! 何でないの!!!!」

「昨日紗礼が最後の一個食べちゃったんだろ」

「やだやだやだやだ~~~!!! さーのアイス~!!!!」

「だから、最後のアイスは紗礼が……」

「お兄ちゃぁぁあああん!!!」


 足をバタバタさせてそんなことを言われれば、信太郎にはもう選択肢など一つしかない。つまり――、


 いまからアイスを買いに行く、という。


「仕方ないなぁ。お母さんにお金もらって買って来るから」


 店で事務仕事をしていた母親のところに行くと、買い置き分も頼むと言われ、多めに金をもらった信太郎は、店の自転車を借りて近くのスーパーへと向かった。コンビニの方が近いのだが、スーパーの方が安い。


「買って来たぞ」

「やったぁ! 何買ってきたの~?」


 いそいそと紗礼が腰を上げ、信太郎を出迎える。

 しかし、外の熱気をまとったままの信太郎に近付くのは嫌らしく、一定の距離をとっている。


「カップのバニラとチョコチップのやつと、それからソーダバーだろ。それからアイスチョコ最中、練乳イチゴ氷と、レモンシャーベット、あとは抹茶のやつと――」

「私、抹茶きらーい」

「抹茶はお母さん用だよ。それとこっちの白くまはお父さんの。食べるなよ」

「食べないもん。お兄ちゃんはどれなの?」

「俺は何でも良いよ」

「それじゃ、私、どれにしようかなぁ~。あ、コーンのやつあるじゃん! お兄ちゃんナイスチョーイス! じゃ、私これ~」

「はいはい」

「そんでぇ~、お兄ちゃんはこれね。練乳イチゴ」


 自分のアイスをさっと選び、なぜか信太郎の分まで勝手に決めると、紗礼はそれ以外のものをぱっぱと冷凍庫に入れてしまった。


「何で俺のも決めちゃうんだよ」

「えっへへ~、そしたら、こっちも食べれるじゃん? 私、賢いっ!」

「賢い……のか?」

「良いでしょ? お兄ちゃん、いちご好きよね?」

「まぁ、それなりには」


 ソファに並んで座り、テレビをつける。

 バラエティの再放送である。


「紗礼、食べないのか? こっちの」

「ちょっと待って。もうちょいこっちの食べてから」

「早くしてくれよ。俺も食べたいんだから」


 そう言いながら、スプーンを紗礼に向ける。


「食べてて良いよ」

「良いのか? それじゃ、紗礼の分の取り皿を……」

「良いって良いって。兄妹なんだもん、気にしないよ、私」

「そう言われても……」

「気にしなーい、気にしなーいっ。あははー」


 紗礼はあっけらかんと笑った。

 しかし――、


「いや、俺は気にするからな」


 信太郎は気にするのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます