5 小人の女王

 カラトラバの町に着くや、俺たちはロバ車を返しにギルドへ向かった。


 俺の顔を見るや支配人ギルドマスターが「やったみたいだな」とニヤリと男臭く笑う。


 この支配人は顔に傷のある筋肉質な中年男で『いかにも昔は凄腕でした』と言わんばかりの迫力がある。

 さすがにレーレのことは話せないので、彼は今回の仇討ちは俺の事情だと勘違いしたままだ。


「7人組だった。3人逃がしたが当分は悪さできないだろうな」


 俺が戦果を告げると、支配人は嬉しげにピュウと口笛を鳴らした。


「いい腕してやがるぜ、2対7で4人も殺るとはな」

「いや、もう1人いるのさ」


 俺はそっと胸ポケットに手を添える――そこにはレーレが隠れていた。


 支配人は明らかに何かを勘違いし「へっ、泣かせやがるぜ」とか言いながら鼻をズッとすすった。


 ……たぶん、敗れた友の魂的な何かが共に戦ったとか、そんな感じに思ってんだろうなあ。


 暑苦しいが、たぶん気の良い好人物なのだ。

 シェイラにも何やら声をかけて、しきりに褒めていた。

 彼女も満更でもなさそうである。やっぱり筋肉が好きなだけか。


 その後はギルドの酒場で盗賊からぶんどった斧や槍を酒や食い物と交換し、宿の部屋に戻った。


 冒険者は貧乏人が多く、ギルドでは大抵の物々交換は可能だ。

 何度か冒険者ギルドに出入りをすれば、低等級の冒険者がモンスターから剥ぎ取った爪や生皮を酒と交換する姿が見られるだろう。



 それはさておき、その後は宿の部屋で酒盛りだ。


 宿の部屋での宴会はマナー違反ではあるが、レーレが居るのだ。ご容赦願いたい。


 戦いでたかぶった気を酒で酔い、鎮める――これは必要なことである。

 殺し合いで極限にまで刺激された交感神経を酔っぱらって誤魔化してしまうわけだ。


 この世界の人々もストレス発散の大切さを知っている。

 酒を飲み、博打をうち、歌を歌い、女を抱く――やりようは人それぞれではあるが、戦いのストレスを発散しなければ『死神に取り付かれる』などと言い、神経症などを患うことを経験則で知っているのだ。


 さすがの俺もシェイラとレーレがいては娼館に行きづらい。今日のところは酒を飲んで誤魔化すことにした。


 今回の酒はシードルに似た果実酒である。アイマール王国でリンゴは見たことがないので別物だとは思う。


 甘味が強く、アルコール度数も低い。

 シェイラもゴクゴクと豪快に喉をならしてジョッキを空けている。


「シェイラ、あまり無茶な飲み方するなよ」


 俺がたしなめるが、彼女には効果がない。完全に酒に飲まれるタイプだ。


 その内「スゴいっ! 逞しい! 逞しいぞ!」などと言いながら俺の僧帽筋そうぼうきんをベタベタ触ったり、頬擦りしたりしていたが電池が切れたように倒れた。


 まるで襲ってくれと言わんばかりの態度だが、俺は騙されない。

 コイツは虎視眈々と俺にゲロをかける機をうかがっているのだ。

 筋肉を見るやゲロを塗る妖怪――そう、妖怪ゲロ吐き森人エルフだ。


 俺は慎重にシェイラを抱え、ベッドに転がす。彼女は「ぶごーぶごー」と鼻にかかる豚の鳴き声のような色気の無いイビキをかいている。


 その様子を見ていたレーレがニヤニヤと笑っていた。


「ふーん、シェイラって大事にされてるんだ。お姫様みたいだね」


 こちらはこちらで目が座っている。酔っぱらいの目付きだ。


「ねえ、エステバンってシェイラのことどう思ってるの?」


 レーレもかなり出来上がっているようだ。いつもなら「ひええ」とか言ってるくせに今日は妙に絡んでくる。

 絡み酒だ。面倒くせえ。


「どうとは? どう答えたら良いんだ?」

「もうっ、愛してるかってことだよ!」


 レーレはなかなか難しい質問をしてくる。


 そも、愛とは何か――


「うーん、難しい質問だ。その『愛』の考え方次第だな。シェイラを大切に思うかと言われれば間違いなく大切だ。大事な旅の仲間だし、可愛いところもある、が――」


 俺の答えを聞いていたレーレは嬉しそうにしている。

 その姿を見て俺は我に返った。


 ……何を真面目に答えてるんだ俺は。


 気づいたら苦笑いがこみ上げてきた。

 どうやら俺も酔ってきたらしい。


「ね、エステバン……私、お礼がしたい」


 レーレがうっとりした顔でしなだれかかってきた。とは言っても25センチサイズではあるが。


「戦いで昂ってるでしょ? 私が鎮めてあげようか?」

「いやいや、サイズ差を考えろよ」


 俺が鼻で笑うと、レーレは別人のように妖艶な笑みを見せた。

 気がつけば、いつの間にか革ひもが俺の手足に絡み付いている。


「え、ちょっと何か」

「エステバン、小人責め……受けてみて。一晩で白髪になった人もいるんだから」


 いつの間にか手拭いで目隠しもされた。

 革ひもと言い手拭いと言い、レーレの魔法だろう。

 仕立ての魔法もそうだが、リリパットは不思議な魔法を使うらしい。


 ……小人責め、なんて恐ろしげで魅惑的な言葉なんだ。


 怖いと思いつつもドキドキしてしまっている俺がいる。あんな小さなレーレが、どんな責めを見せると言うのか――俺はゴクリとつばを飲み込んだ。



…………



……



 スゴかった。



 なんかもう『スゴかった』としか言いようがない。


 俺も途中から「レーレ様、お慈悲をください」とか口走ってたし、小人責めスゴいわ。廃人になったヤツがいるのも頷ける。「ぎひいいっ」とか言っちゃったよ。

 早く彼女をリリパットの世界に帰さないとレーレ様無しではいられない体にされてしまう。満足のM。


 しかしまさか、あんな小さな孔(あな)に握りこぶしを突っ込まれるとは思わなかった。

 レーレ様の容赦の無い責めは、俺を新たなステージへと導いたようだ。


 それで今は……革ひもでベッドの四隅に四肢を固定された状態で朝を迎えたわけだ。


 俺の横では二日酔いで酷い顔したシェイラが蔑んだ目でこちらを見てくるし、これも含めての責めか。

 恥ずかしい、もっと見てほしい。反応してしまう。


「エステバン、どうやったんだ? 器用だな」


 シェイラが頭を抱えながら尋ねてくる。


 犯人のレーレ様はちゃんと服を着て、俺の横でスピスピ寝息を立てている。

 その様子からは「よく言えました。ご褒美をあげようね」とか「欲しがり屋さんだね、もっといい声で鳴きなよ」などと言って俺を悦ばせた昨夜の姿は全く想像できない。

 魔性の女王様だ。レーレ様だ。


「ああ、触りたかったら触ってくれ。サービスだ」


 俺がそう言うと、シェイラは少し嬉しそうに胸板や腹筋を突ついていた。

 下半身は気になるようだがチラチラ見てただけだ。残念。



 兎も角も、何の目的も無かった俺たちの旅に目的ができた。

 レーレをリリパットの生息地に送り届けるのだ。


 事態は一刻を争う――俺が小人責めの虜になる前に行かねばならない。



 残された猶予は僅か。

 俺は言い知れぬ焦りを覚えていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます