第71話 「お前は完全に包囲されている。大人しく出てきなさい」

「……はい?」

「うーむ。じゃからのぅ。悪いんじゃが、再来週から『勇国』の第二王女様がこの大学へ通うことになったのじゃ」

 理事長室にて、何かの間違いだろうと聞き返した俺に、理事長は困ったように髭を触りながらそう答えてきた。

「ちょっ!? なんでそんなことになったんですか!?」

 そして、そんな回答を聞いた俺は、もはや詰め寄る勢いでもって理事長に問いかけた。

 なぜなら俺は、その『第二王女様』に命を狙われたことがあるからだ。

 ……というか、まだ狙われている可能性が高い。

 そもそも俺が『勇国』からこの『賢国』に逃げてきたのだって、その『第二王女』が原因なのだから。

「うむ。勿論、説明はするから座ってくれんかのぅ……トリス。お茶を入れてくれるかの?」

「分かりました」

 理事長は詰め寄る俺に着席を促しながら、自分も席に着き、トリスさんにそう声をかけた。

 ちなみに、現在この部屋には、俺、ノワール、ナイア、理事長、トリスさん、というメンバーが集まっている。

 賢者であるルーエさんを除けば、俺がユニークスキル<ノワール>持ちの異世界人であり、ナイアが三百年前に『勇者パーティ』に討伐された『魔王』であることを知るメンバーが全員が勢ぞろいしていた。

「うむ。ありがとうのぅ、トリス……さて、話しに戻るかの」

「……お願いします」

 湯呑を受け取った理事長は、ちらりと、俺たちの着席を確認してから、その口を開いた。



「――という訳じゃ」

「……成る程」

 理事長の話を聞いた俺は、自分の体重を椅子の背もたれに預けながら、そう返事を返した。

「要は、三百年前の魔王戦に存在したかもしれない『陰謀』を、調べるための交換条件として、『第二王女様』の留学が認められたんですね?」

「うむ。その認識で間違いないのじゃ」

 ズズッ……

 そこまで話して、理事長は目の前のお茶に手をつけた。

 そんな理事長を視界に入れながら、俺は考える。

 『第二王女』がこの学校に来ることになった経緯は分かったし、それが止められないという事も分かった。

 そうなると考えるべきことは――

「……すみません。リッジ様。私としては、『第二王女様』の留学に際して、私たちの安全性が気にかかるのですが」

 ――とそこで初めて、俺の頭の上の黒猫が口を開いた。

 さすがはノワール。

 考えることは一緒だったようである。

「うむ。無論、儂らもそれには留意をしておる」

 そう言いながら理事長は湯呑を置き、目線を俺の頭の上に合わせ、再度口を開いた。

「まず、『第二王女』がこの学校にいる間は、儂がお主たちの護衛に就くのじゃ」

「……えっ!! 良いんですか?」

「勿論じゃ」

 その理事長の言葉で、俺は少し安心した。

 この理事長は、『勇者パーティ』の一員である『賢者』さんの弟子だし、弱体化しているとは言え『魔王』であるナイアを、模擬戦闘で倒すほどの実力者でもある。

 そんな存在が護衛に就いてくれるというのは、願っても無い話だからだ。

 その安心感はさながら、元特殊部隊のコックさんに守られているようである。

「第二王女』じゃが、留学が認められたとは言え、ここは他国であるし、過剰な武力は持ち込めない筈じゃ。己惚れる訳ではないが、儂が傍に居れば戦闘面での危険は、ほぼ無いと見て良いじゃろう」

 続く理事長の言葉からも、俺の考えがあながち間違えて無いことが分かった。

 まぁ、実際。

 この理事長もそうだが、『魔王』であるナイアも傍に居る訳だし、相手が『勇者パーティ』とかでもない限り、戦力面での危険は無いと見ても良いだろう。

「それは助かります……ですが、理事長としての仕事は宜しいのでしょうか?」

「うむ。それは問題ない……というのものぅ。恐らく、『護衛』は早々に終わるじゃろうというのが、儂と師匠の考えだからじゃ」

「え?」

 そこで呆けた俺を見ながら、理事長は説明に入った。

「実はのぅ。師匠が『勇国』の資料から、『魔王』であるナイア君の無害さを、証明できる証拠を掴んだ後は、ノゾム君たちには『第二王女』が留学しているこの『賢国』から、一時『剣国』か『聖国』へと避難してもらおうと思っておるのじゃ」

「っ!? そうなんですか?」

「うむ。その方がお主らにとっては、安全じゃろうからのぅ」

 そこまで話して、理事長は再びお茶に口をつけた。

 その間に、俺は頭の中で今までの話をまとめていく。

 要は、『賢者』であるルーエさんが『勇国』での調べものを終えるまで、俺たちは理事長の護衛の下で、『第二王女様』と学園生活を送るということか。

 そして、ルーエさんの調査が終わり次第、『勇者パーティ』と『魔王』であるナイアの和解を行い、この『賢国』から他国へと逃げる訳だ。

 うん。

 かなり良いんじゃないか?

 考えをまとめた後で、理事長が湯呑を机に戻したのを確認してから、俺は声をかけた。

「……ちなみに、ルーエさんの調査ってどれくらいかかる予定なんですかね?」

「あくまでも目安じゃが、調査については一ヶ月程で終わると考えておる」

 一ヶ月か。

 ……確かに、ルーエさんがこの『賢国』の資料を調べた時はそれくらいだったしな。

 そう考えると、『第二王女』が来るのは『再来週』ということだから――

「では、二週間程が護衛期間という訳ですか」

「無論、師匠の調査が難航すれば護衛は続けるがの。考え方としてはその通りじゃ」

 うん。

 やっぱりか。

 二週間の我慢で、先の安全が買えるのなら悪い話ではないだろう。

 そこまで考えた俺は、仲間であるノワールとナイアに確認を取ることにした。

 二人が俺と同じ意見であるなら、今回の話は理事長の意見に従うことにしよう。

「――と俺は思うんだが、どう思う? ノワール」

「私も良い話だと思います」

「分かった。……ナイアは?」

「……一つだけ、確認したいのじゃ」

 俺が声をかけると、ナイアはゆっくりと理事長を見た。

「仮に『第二王女』がノゾムたちに害を成そうとしたのなら……」

 ――瞬間。

 ナイアから、殺気にも近い威圧感が漏れた。

「妾は全力でノゾムたちを守るぞ? ……手段を選ばずにのぅ」

 その気配は雄弁に語っていた。

 手段を選ばないという言葉の意味を。

「……それで構わんよ」

「……言うたのぅ」

 その上での理事長の肯定を受けて、ナイアは念を押すように言葉を続ける。

「後で『賢国』の立場が、とか言うのは無しじゃぞ?」

「無論じゃ。……そもそも、儂や師匠としても、今回の件は甚だ不本意極まりないものであるし、優先順位としては『勇国』の『第二王女』よりも、『異世界』そして『魔王』の知識を持つノゾム君やナイア君の方が高いからのぅ」

「……ふむ。そう言う事であれば、妾から言う事はもう無いのじゃ」

 しばらく含むように考えた後、ナイアは威圧感を霧散させ、口を閉じた。

 そんなナイアを見て、理事長は軽く微笑み、言葉を投げる。

 雰囲気を変えるように、軽く。

「じゃが、この学校を預かる理事長としては、『必要の無い』国家間の争いを生むことは本意ではないからのぅ。それだけは頭の片隅に入れておいて欲しいのじゃ」

「はっ! 妾を小物扱いするでないわ。言質を取ったからとて、こちらから手を出すほど狭量では無いわい」

 ナイアをそんな理事長の目的を察した様に、手を振りながら返した。

 ……うん。

 難しい問題だよな。

 隣国の王族との関係なんだから。

 ただその中でもはっきりと、俺たちの方が『優先順位が上』だと明言してくれたのは有難い話である。

「……色々と有難う御座います、理事長」

「今回の件は、そもそもがこちらの不手際で起きたことじゃから、礼は言わんでくれ、ノゾム君……むしろ、『第二王女』を呼び込むことになった事を深く詫びさせて欲しいのじゃ」

「頭を上げて下さい……それじゃあ、お互い様ということで」

「すまぬのぅ。そう言って貰えると助かるのじゃ」

 そこで俺と理事長は軽く笑い合った。

 これから護衛として今まで以上に、一緒に活動をしていくのだろうし、ここはお互い水に流して、わだかまりを無くしておこう。

「さて、それじゃあ、最後のお願いじゃが――」

 そんな思いは理事長も同じだったようで、そう言って話を変えてきた。

「――ノゾム君たち。悪いんじゃが、引っ越しをしてくれんかのぅ?」

「? 引っ越しですか?」

「うむ。儂が護衛に入るのは良いんじゃが、万が一を考えるなら、通学や学生寮にいる間が怖いからのぅ。この大学の職員用の一室を空けるから、そこに移り住んでほしいのじゃ」

「成る程」


 その後、色々と細かい所は話したが、結果として『第二王女』が来る二週後までに、今住んでいる学生寮から、大学へ移ることが決まったのだった。

 そんな感じで話し合い自体は問題無く進んだのだが――


「っ!? ノゾムさん!! 何故、荷物をまとめているんですか!?」

「ああ、これはな――」

「まさか、出ていってしまうんですか!? メルが何かいけなかったですかぁ!?」

「違っ、ちょっ!? メル、泣かないでくれ!!」

「うぅ……っ!! あんまりですーっ!!」


 ――学生寮では、最大の問題が俺たちを待ち構えていたのだった。


「メルっ!! 落ち着いてくれ!!」

「行かせません!! 絶対に!!」

 学生寮に着いた俺たちが軽く荷物をまとめていると、メルがその作業を阻止しようと立ちふさがってきた。

「荷物なんてこうですーっ!!」

「うおっ!! 止めろ、メル―!!」

 メルが叫ぶと同時に、俺が荷造りしていた下着類が一斉に宙へ浮かび、一時停止した後で、俺に向かって飛びかかってきた。

「うわぁ……ここまで、汚いファンネルを見たのは初めてですよ、ご主人」

「んなもん俺だってそうだわ!!」

「……いや、よく考えれば、ファンネルというより、バグですかね?」

「考察は良いんで、助けてくれませんかねぇっ!?」

 俺は離れた所で落ち着き払っている黒猫に叫びながら、飛び回る下着を回避していた。

「しかし、ご主人。これは滅多にないチャンスですよ?」

「何の話だ!?」

「今ならば、空気中のブリフィッシュエネルギーを吸収して、よりエレガントな男に成れるかもしれません」

「俺はトランクス派だっつーの!!」

 そうやって、しばらく騒いでいた俺たちだったが、その少し後で、下着は床に落ち、それに伴って俺も回避行動を止めた。

「……どうしても、どうしても出ていくって言うのなら――」

 そして、俺が下着を飛ばしていたメルを見ると――

「――私を倒してからにして下さい」

 ――彼女はドアの前で両手を広げて、通せんぼをしていた。

 どうやらこの下着攻撃は、メルがドアの前に行くまでの時間稼ぎだったようだ。

 ……ぶっちゃけ、精霊であるメルの体は物質を通過するから、その行動には何の意味も無いのだけれど。

「メル。落ち着いてくれ。……まず、俺たちがこの部屋を出ていくのは本当だけど、それは今日じゃない」

「……」

 俺の言葉を聞いて、メルは黙って目線を下げた。

 表情が読めなくなってしまったが……俺は構わず言葉を続ける。

「それともう一つ。後、一週間と少しで、俺たちはここから『リーネ大学』へ移動するけど……良かったら、メルにも来てほしいと思っている」

「……」

 俺はそう言って、メルの反応を見た。

 この幽霊部屋と噂されていた部屋で、一人で住んでいた精霊の少女を。

 数日間の同居ではあったけれど、俺は彼女のことも仲間だと思っている。

 だから、可能であるのなら、引っ越し先の大学まで付いてきて欲しかった。

「……分かりました」

 そんな俺の言葉を聞いて、メルは俯いたまま両手を下げ、そして言葉を紡いだ。

「……でも、移動の件は考えさせて下さい」

 そう言うと、彼女は体を徐々に薄くさせて、やがて消えてしまった。

 こうなると俺には、彼女の存在を感じることは出来ない。

 恐らく、この部屋の何処かには居るんだろうけれど。

「……メル」

「……仕方ありませんよ、ご主人。ここはメルが生まれ育った場所ですから。そこから離れるのは、直ぐに決めれるものではないでしょう」

「……そうだな」


 そのままメルに会うことは無く、今日という一日は過ぎていくのだった。



 翌日。

「私もノゾムさん達について行きたいです!!」

 そんなメルの一言で、俺たちは起こされた。

「本当か!! 嬉しいぞ、メル!!」

「はいっ!! ……でも、一つお願いがありまして――」

 ――そして、この日から。

「怖くないぞー。外は怖くないぞー、メル」

「ええ、メル。お外は楽しいですよー」

「良い日差しで良い気分じゃぞ!! メル!!」

「……うぅっ……やっぱり怖いですーっ!!」


 生まれてからずっと、この学生寮から出てこなかった、生粋の引き込まりであるメルの外出訓練が始まったのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます