第63話 「栄光の手(ハンズ・オブ・グローリー)」

「えー。それでは、これから実技訓練を行いますので、皆さん、移動を開始してください」

「……また、この試験が来てしまったか」

「……試練ですね、ご主人」

 リッジが賢者さんに連れていかれた日の午後。

 俺に、二度目の試練が訪れようとしていた。

 ――実技訓練。

 実際のダメージを全て、幻痛に置き換える特殊な結界内にて行われる、体術あり、武器あり、魔法ありの戦闘訓練である。

 一応、結界のお陰で、致死量のダメージを受けたとしても、ほんの一日程度、酷い幻痛に苦しむだけで済むのだが、……これが本当に歩けないほどに痛い。

 そんな実技訓練が、これから行われようとしていた。

「前回は酷かったなぁ、ノワール」

「私は運よく躱せましたけど、ご主人は完全にボコボコでしたからね」

 教室から結界のある訓練場に移動しながら、俺は頭の上の黒猫と前回の訓練を思い出す。

 好意で弱い魔法を使ってくれていた同級生女子に、一瞬の隙を突いてジャーマンス―プレックスをかまし、そのお返しとして、上級の水魔法でボコボコにされた前回を。

「……思い返せば、完全にセクハラでしたね、ご主人」

「言うな、ノワール。俺だって反省してる」

 ちなみに、その同級生ことローゼさんは、そんなことをした俺の見舞いに、リンゴ持参で来てくれる程の良い人である。

 そんな人を相手にセクハラをして、罪悪感を抱かない程、俺は人間を辞めてはなかった。

「しかも聞いてみれば、ローゼさん。男性に抱き着かれたのは、それが初めてらしいですからね。……初めての抱擁をジャーマンにするとは、さすがはご主人。私には出来ないことを平然とやりますね」

「ぐぅぅぅぅっ!?!?」

 ズキュゥゥゥン

 俺は不意に紡がれた黒猫の言葉で、まるで好きでもない相手からキスをされたかのように、深く心をえぐられる。

 ああ、前言撤回。

 俺は既に人間を辞めているレベルの鬼畜だった。

 なぜだろう、目に浮かぶ。

 いつか、ローゼさんに出来るであろう恋人の前で高らかに笑う自分の姿が。

 恐らく、未来の俺はこう言うのだ。

『初めての相手は君ではないッ!! このナリカネだッー!!』

「……うわぁ。本当にそうなったなら、俺はゲロ以下だな」

「そこまでいけば、生まれついての悪ですねぇ」

「ノワール。酒だ。こうなっては、飲まずにはいられない」

 俺は、脳内に浮かんだ最低のビジョンを消すために、頭を振りながら、ノワールにそう声をかけた。

 想像とは言え、未来の自分が予想以上にクズ過ぎた。

 ジャングルはいつもハレだった。

「……ご主人、残念ながら現実逃避もここまでです。訓練場が見えてきましたよ」

 そんな俺に対するノワールの返事は、当然無情なものである。

「もうこんなに近くに来てたのか。……今から、台風とか来ねぇかな?」

「そんな小学生みたいなことを言ってないで、そろそろ覚悟を決めて下さい、ご主人」

「うぅ。この太陽が最後に見るものだなんていやだ―」

 近づいてくる訓練場は、俺に前回の痛みを思い出させて、俺の心はマインドクラッシュされていた。

 ……実際、致死量のダメージを受ければ、バーチャルリアリティーにボコボコにされるような激痛を受けるのである。

 その痛みは、目の前で大事なカードを破られるレベルなのだ。

 老人なら寝込むレベル。

 一度目は何とか乗り越えたが、もう一回受けようとは思えない。

「……さて、茶番はここまでだ。ノワール」

「ええ。ご主人。了解しました」

 危機感を思い出し、気持ちを切り替えた俺たちは、この迫りくる実技訓練を乗り越えるための方法を、全力で考えることにした。

「とりあえず、これが講義の一環であって避けられない以上、取れる方法は一つだよな」

「ええ、ご主人。この場合は、優しく倒してくれる相手を選ぶことが最良の道でしょう」

 話し合い、そう結論を出した結果、俺たちは同時に一人の名前を呼んだ。

「ナイア!! 俺たちと訓練しようぜ!!」

「ナイア!! 私たちと訓練しましょう!!」

「ん? うむ。構わんぞ。よろしくのぅ、ノゾム。ノワール」

 その言葉を聞いて、優しさに定評のある魔王様は了承してくれた。

 やっぱり、持つべきものは友である。

「……なんだ、特に焦ることはなかったな」

「ええ。ウサギの名探偵もびっくりのスピード解決でしたね」

 ナイアであれば、力加減をした上で、相手をしてくれるだろうし、俺とノワールは胸を撫で下ろしながら、訓練場へ行くのであった。



「えー、これから皆さんには『くじを引いてもらって』今日の訓練の相手を決めて貰います」

 そんな俺たちの目論見は、訓練場に着くなり発せられた教師の台詞で、粉々に打ち砕かれた。

「トリスさんっ!? 前回みたいに、自分たちで訓練の相手を決めてはいけないんですか!?」

 当然、俺はそんな教師の横暴に抗議をしたのだが――

「ええ。前回は特別です。毎回、生徒が自分たちでペアを作ってしまうと、いつも同じ相手と戦ってしまう可能性がありますから。この訓練の目的は多種多様な相手と当たって、新しい経験をすることなので、今回はくじ引きで決めようと思います」

 ――そう言う言葉であっさりと収められてしまった。

 さすがは、大学教授。反論の余地が無い。

「くっ!! やっぱりあの人、俺を潰すつもりだろ!?」

「……いえ、ご主人。これは考えてみれば、悪くない展開ですよ」

 俺が思わずトリスさんへの恨み言を漏らしていると、不意に頭の上の黒猫がそう言ってきた。

「なんでだ? ノワール」

「いや、ご主人。考えて見て下さい。このクラスのメンバーを」

「俺、お前、ナイア、ナンバ、リッジ、ローゼさん、メグリさん、ナギ君……だな」

「そうです。この内で、我々が実技試験の相手として避けなければならないのは、実はたった一人だけなんですよ」

「一人? ……そうかっ!! ナギ君か!!」

「ええ。彼以外のメンバーとは、既に一緒にお昼を食べる仲ですし、手加減も期待できるでしょう。それを考えると、今回のくじ引きという方法は」

「なるほど。確かに悪くない展開だな」

 そんな黒猫の話で、俺のテンションは上がってきた。

 悪くないどころか、むしろイージーモードだと言っても良い。

「えー。では、一人ずつ引いて下さいね」

 俺が、ノワールと話している間にも、トリスさんは話を進め、くじ箱を持ちながら、生徒にそう呼び掛けていた。

 俺の他には、特に不満がある生徒はいなかったようで、一人、また一人と順調にくじを引いていくのだった。

「俺から引くぞ。……一番だ」

 そして、問題だったナギ君は、一番ということが分かった。

「よし、ノワール。一番以外を狙うぞ」

 それを確認した瞬間、俺は頭の上の猫にそう声をかける。

「……狙うと言っても、ご主人。くじですよ?」

「お前、なんとか出来ないか? こう、ピッっと、くじを操作したりとか」

「出来ませんよ。……ご主人が額に第三の目を持っていたり、格闘技の世界チャンピオンなら、相棒ポジションとしてワンチャンスありましたけどね」

 俺たちがそんなアホなことを言っている間にも、くじはどんどん引かれていった。

「俺は……三番か」

「私も三番ですわね。ナンバ、よろしくお願いしますわ」

 そうして、ナンバとローゼさんの対決が決まってしまった。

「ああっ!! 安全パイが一気に二つも無くなってしまった!!」

「落ち着いて下さい、ご主人!! まだ、可能性はありますよ!!」

 残りは三枚。

 俺はハラハラしながら、くじを見守った。

「……二番です」

 目の前で、メグリさんがそう言った。

 メグリさんは二番か。

 現実は残酷で、俺の順番が回ってくるまでに、一番を引く生徒はいなかった。

「……ご主人。分かっていると思いますが、残りは一番と二番しか残されていません」

「……ああ、任せろノワール。俺は引き当てて見せるさ。二番をな」

 俺はこみ上げてくる不安を、必死に押し隠しながら、くじ箱の前に立つ。

「次はノゾム君だね。さぁ、どうぞ」

 そう言って、俺が取りやすいように箱を差し出してくるトリスさん。

 俺はそれに頷きで答えて、目を瞑りながら箱に手を入れた。

 一番は嫌だ……

 一番は嫌だ……

 一番は嫌だ……

 そう念じながら、くじを掴む。

「こいっ!! グリフィンドォォォォル!!!!!」

 俺は叫びながら、その掴んだくじを引っこ抜いた。

 恐る恐る見たくじには――


 ――しっかりと二番と書いてあった。


「よっしゃぁぁああああああああああ!!」

「やりましたねっ!! ご主人っ!!」

 それを確認した俺とノワールはお互いの手を取り合って、喜び合った。


「……グリフィンドォルってなんですの?」

「分からん。少なくとも俺は聞いたことが無い」

 そんな俺たちに対して、クラスメイト達が若干引いていることに気づくのは、もう少し後のことだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます