第21話 寮に入る理由

2018・11・7 改稿


 むくりと起き上がると、メルとシーが床に這いつくばっていた。


「……なにしてるんすか?」

「身体強化をしてたのよ。ギルド式の」

「あぁ……そんなふうになるんすか」


 色つき魔力の持ち主は、魔力を浸透させることが出来ない。無理にやろうとすれば、体に異常をきたすと言っていたが……


「おーい。平気か? 2人とも」

「……平気じゃない」

「アンタなんなのよ……」


 なんなのよって言われてもな……俺は別に何ともないし。舞台を降りて、2人の背中をさすってやる。……いつも思うんだが、この肩甲骨のあたりにある下着の感触がな……手をまたぐべきかまたがざるべきか……結局またがないことを選択した。正直今更な感じもするが……


「はっはっは! ちょっと腕あげたか? アレク」

「……どうでしょう。あまりピンときませんけど」

「保障してやるよ。戦闘力だけで言えばなかなかのもんだ」

「恐縮です」


 ホントかよ? 一方的にいなされただけだぞ。だがメルが説明を捕捉する。


「……アンタいったいどうなってんのよ? マルコなんか余裕で何とかできるほどのスピードじゃないの」

「はぁ? お前こそ何言ってんだ? こんなもん序の口だぞ。ただの演武だからな」

「アタシ等の苦労はいったい……」


 メルどころかシーまでガックリしてる。そんなにしんどいのか?


「実際問題、ギルド式ってのは魔力によるゴリ押しだ。あたしは魔力量で言えば圧倒的にアレクに劣ってるからな。今いなせたのは単に技術の差だ。アレクは対人、あんまりやったことないだろ?」

「そっすね」


 人に刃物を向けるなんてとんでもない。


「この身体能力に技術がのれば、かなりのもんだな。今度王都である武舞会参加してみっか? 強さで飯食ってこうって奴らがゴロゴロ出てくんぞ。お偉いさんもいっぱい見に来るしな。うまくいけばお国に雇ってもらえるぞ」


 お国にねぇ……ランドルフたちですらなんとかなりそうな気がしないのに、強さを誇示する連中が集まる武舞会? とか場違いにもほどがあんだろ。


「まぁ、とにかくなんだ。システィナ、お前がギルドに入ることに異論は別にない。逆に色つきの魔法のサンプルがいろいろ集まりそうだしな」

「いい案ね、ミラ。いいサンプルになりそう……」


 ぺろりと唇をなめるドロシーさん。……なんだあの色気は。あと瞳の輝きが怪しい。


「……やっぱやめ「確保だ! アレク!」よ」


 すまん! シー。ボスには逆らえん。逃げようとしたシーを俺は後ろから羽交い絞めにした。


「あ、アレくん! 離してよ!」

「ダメだ! お前は俺と一緒にやっていくんだ!」

「えっ……」


 えっ……てなんだ。あれっ、シーの抵抗が弱まったぞ。腕をだらりとさせたまま、シーは俺にもたれかかってきた。


「もう……しょうがないな、アレくんは。そんなに言うなら一緒にいたげる」


 うまくいった……のか? もうシーはじたばたしていない。もたれかかってきている顔を上から見る限り、どうも怒っていないようだが……


「うがっ!」


 後ろからケツを蹴り上げられた。振り向くと……メルが涙目で上目遣いになってる。……ちょっとその角度反則じゃね? かわいすぎんだけど。


「あたしは!?」


 魔力でも込めてんのかってくらいびりびりする声で叫んだメル。なんか顔が熱く感じるぞ?


「おぉ……色が付いてても『威圧』って使えんのか」

「やっぱり魔法使いは入れるべきね。研究がはかどるわ」


 おい、お偉いさんたちよ。ちょっとピンチなんだ。助けてくれませんかね? メルは未だに睨みつけてきており、口が「むー」ってなってる。……ちょっと幼児退行してない? 返事を待っているようなので、俺はメルに素直な気持ちを答えた。


「お前だって一緒にやっていきたいと思ってるよ。だからそんな顔すんな」


 一瞬タメがあり、にへらと笑顔を見せてくれた。やっべ……なんだこの可愛い生き物……


「アレく~ん。背中になんか硬い物が当たってるんだけど」


 マイサンが「出番? 出番なの?」と増量した血を循環させ、効果を顕現していた。まさに魔法。


「……なんかすまん」


 お年頃の女子がいい匂いしすぎだ。






 シーの羽交い絞めを解除した後、ミラベルさんからありがたいお言葉を頂いた。


「とりあえず、アレクも本腰を入れることになったし、システィナもギルドに加入OKだ。メルフィナはどうする?」


 最高権力者ギルドマスターミラベルさんがOKを出した。シーはこれで次も大丈夫になった。あとはメルだが……


「どう、とは?」

「アレクは、冒険者組合証とハンターライセンス両方持ってたんだよ。ホントはダメなんだけどな」

「何それ、聞いてない」


 グリッとこちらに首だけ向けるメル。無表情すぎて怖い。


「……それ昨日、というか一昨日の話だしな」


 昨日は……かぴかぴになってたしな。俺のどこにそんな精力があったのか不思議でたまらん。結構いろいろあったと思ったが、あれからまだ2日くらいか……


「まぁメルフィナがばらさなきゃ問題ない。ライセンスあったら、お前も寮に入れるぞ」


 ……? おかしな言葉が聞こえたな。


「ミラベルさん、寮ってなんすか?」

「ん? 言ってなかったか? ハンターギルドに属するやつは例外なく、寮に入ることになるんだ」

「……聞いてないっすけど」

「今、言ったろ」


 ダメだ。話が通じない。


「一応うちのギルドには掟があってな。街中での武装は禁止になってる」


 そんな話聞いたことない。ドロシーさんの方を見ると、うんうんと頷いている。どうも普通の話みたいだ。


「何でです?」

「うん。ウチは民間組織なんだ。その辺はわかるよな?」

「はい」


 平民が勝手に作った組織だしな。領主様は認めてくれてるみたいだけど。


「民間人が武器をぶら下げて街を歩いてる姿ってどう思う?」


 冒険者は一応半官半民みたいに、ある程度国から立場が保証されている。だけど、民間人扱いのハンターが仰々しい武装をぶら下げるのは、あまり良くないだろうと初代が考えたそうだ。


武装を解除しておくことで、街の人に変な圧力をかけないようにしようという、試みだったそうだぞ。それが今でも続いてるんだ」


 ナイフぐらいは持っててもいいが、あくまで武器は相手から出させろよと言い放つミラベルさん。


「それが、寮に入ることとどうつながるんです?」


 回りくどすぎるので、直球で聞いた。


「寮かギルドに自分の武装を置いておくんだ。有事の際、騎士・兵士・冒険者・ハンターの順番に出撃することになっている。それは王国法で決まってるんだ」


 民間組織が王国法に出てくんのかよ……それだけ戦力として認められてるってことなのか?


「いざって時に、武器を取りに走らなきゃならん。その時間のロスを防ぐために、寮に入ることを強制している。個人的には別に街の宿暮らしでもいいっちゃいいんだけどな。メルフィナだって2人と一緒に居たいんだろ?」


 顔を赤くするメル。ん~? 俺と一緒に居たい? そうなんだ、へ~……


 ぎゅむっ!


「ぐわっ」

「ふんっ」


 メルに足を踏まれた。何しやがんだ……


「今のはアレくんが悪いよ」


 まさか、心を読んだというのか……


「あたしも寮に入る」

「よし! 決まりだ! 寮の場所は地図書いてやるよ。ドロシー、頼む」

「はいはい」


 メルは決意し、ミラベルさんは丸投げ、ドロシーさんは地図を書いてくれた。


「あ、女将さんに挨拶しなきゃなぁ……」


 結構長い間世話になったし、挨拶ぐらいちゃんとしなきゃな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る