告白もメールだった。

作者 三枝 早苗