第144話 ノルダヘイルの華


「カグヤ、サクラ・モチの復元状況は?」



『はっ! 内部機関の復元は完了致しました。内壁並びに外殻部の復元率はどちらも40%を超えつつあります』



「敵には感知されていないな?」



『当艦以上の隠密性を有する船は存在しません』



「だが、相手は亜空間をくぐって、蛙・・ジアン・トードやホーネットを送り込んできている。未知の技術を有している可能性が高い。あらゆる方法で存在を隠蔽し続けてくれ」



『了解であります!』



「敵の発見から攻撃までの時間差を極力小さくしたい」



『はっ! リドニウム尖砲弾の装填、光力の加圧と同時に潜行、強襲、離脱を行います』



「うむ」



 俺は、座席の上で大きく頷いて見せた。まあ、武器の種類とか分かってないけどね。こういうのは、ノリと勢いだから。



『司令官閣下』



「どうした?」



『本作戦名をうかがっておりません』



「うむ・・俺としたことが、高揚のあまり失念していた。俺が司令として行う初めての正式な作戦だからな。作戦名は“ノルダヘイルの華” 、識別コードは”ND8931”とする」



 口から出任せに言っちゃう俺なのです。



『承知致しました!』



 軍服女子が背筋を正して、ビシッと敬礼した。



「さて、事情は話した通りだから、ゲンザン達は異変に備えて、ノルダヘイルで防衛行動を継続。同行はユノンとデイジーのみにする」


「はっ、承知致しました」


「敵の出方によっては、緊急招集もある。十分な余力を維持しておくように」


「はっ!」


 片腕を胸元へ当てる大鷲族流の敬礼動作をして、ゲンザン達が退艦して行った。


「話精霊、カモン!」



『ご伝言ですかぁ~?」



 蜜柑色の衣装を着た精霊が姿を現した。



「アルシェ・ラーンに伝言を頼む。返信付きで」



『う~ん・・と、はいっ、大丈夫ですよぉ~』



「ちびっ子生徒達の監視をお願い。抜け出そうとしたら縛り上げて監禁して。以上」



『承りましたぁ~。代金は5000セリカになりまぁす』



「わかった」



『口座から引き落としになりまぁ~す』



「うん、もう一件頼むよ」



『どなたに、ご伝言ですかぁ~?』



「フレイテル・スピナ」



『うぅ~~ん・・うぅ~ん・・あっ、発見しましたぁ! 伝言できますよぉ~』



「異界からの侵入者を討つことになった。一当てしてから状況を報告する。以上だ」



『承りましたぁ~。代金は50万セリカになりまぁす』



「遠過ぎでしょ・・わかった」



 どれだけ遠方に出掛けているのか。



『口座から引き落としになりまぁ~す』



「オッケー」



『ご利用ありがとうございましたぁ~』



 蜜柑色の精霊が丁寧にお辞儀をしかけて、ふと動きを止めた。



『返信ですぅ~』



「どっちから?」



『フレイテル・スピナ様から、チュレック各地で魔族の侵攻が散見されるようになった。ちょっと魔界に行って文句を言って来る・・ですぅ~』



「・・あらぁ」



『返信でぇ~す』



「・・なんだって?」



『子供達が何度も抜け出そうとしたため、眠らせて監禁中です・・・以上になりまぁ~す』



 蜜柑色の精霊が営業スマイルを残して消えて行った。



「義母さんの方は?」


 ユノンに訊ねる。


「ロッタさんの伝話だと、まだ魔族に動きは見られないようです」


「そっか・・」


 迷宮の旅館の女主人を思い浮かべる。あの迷宮はチュレック領土内では最大級に育っている。それだけ、魔瘴の力が強い場所があるのだろう。



『司令官閣下』



「行けるか?」



『はっ!』



「では、行こうか。サクラ・モチの力を見せつけてやろう」



『探査波の打信と共に、光力臨界で亜空間潜行を開始、索敵情報に従って射程内に強襲移動、リドニウム尖砲弾を射出後、急速潜行にて戦域を離脱します』



「うむ、全ての行程をカグヤに委任する。見事に、やり遂げてみせろ」



『はっ!』



「頼もしいな。頼りにしているぞ」



『光栄であります! 必ず、ご期待に応えてみせます!』



 軍服女子カグヤが嬉しそうに胸を張る。



(さて・・本当に頼みますよ、カグヤちゃん)


 冗談抜きで、貴女に全てがかかってます。正面に映し出された予定航路図チャートを見ながら、俺は満足気に・・見えるように頷いていた。



『探査波打ちます。急速潜行っ!』



 カグヤの声が、司令室に鋭く響いた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます