第125話 司教がヤバい


 半狂乱になり、独り反省会を始め、枯れ木のように動かなくなり、また半狂乱になり・・。


 デイジー・ロミアム劇場は、何度も何度もリバイバルを繰り返した。誰もお願いしていないのに・・。


 放っておけば、真っ白になるのかと思っていたら、なんだか、スッキリ晴れ晴れした顔で部屋の前に立っていた。


「使徒様・・」


 デイジーが、胸の前で手をクロスさせた。裸でやれば、グラビアポーズだけど・・。これが、デイジーの最敬礼らしい。


「いや、俺は使徒じゃないから」


「では、コウタ・ユウキ様」


 やけに余裕のある微笑みを浮かべている。気味が悪い。


「・・なに?」


「貴方様にお仕えすることをお許し下さい」


「一緒に来るってこと?」


「はい」


「・・・まあ、いいけど。毒とか辛いんじゃない? 俺やユノンは、構わずに毒を使っちゃうよ?」


 色々と残念だけど、聖術だけはキレッキレの冴えを見せる熟練者だ。下手したら、死人でも蘇らせるんじゃないかと不安になるくらいの・・。それでも、瀕死になって逝きかけた事が何度もあるのだ。正直、デイジーのためにも、別行動をとった方が良いんじゃないかと思っていた。だからこその大使館だったのだけど・・。


「私は、加護を授かりました」


 俺の懸念を見透かしたように、デイジーが微笑した。


「・・司法神でしょ?」


「いいえ、昨夜・・・月光の女神様が御降臨なされ・・この不肖ふしょうの身を哀れんで加護を授けて下さったのです」


 半狂乱で泣きながら昏倒してしまったデイジーの夢中に、月光の女神が降臨したらしい。


「マジかぁ・・」


 女神様、何やっちゃってんの・・。


「女神様は仰いました・・コウタ・ユウキ様にお仕えする巫女になれと」


 デイジーの双眸が異常な熱を帯びて潤んでいる。


「巫女? 巫女って神様に仕えるんでしょ? 俺、神様じゃないよ?」


「月光の女神様の御寵愛をお受けになっていらっしゃいます」


「そりゃぁ・・異世界人だからね。というか、加護持ちなら、他にも腐るほど居るでしょ?」


「この身を・・命を神々に捧げたいと懇願いたしました」


「馬鹿なの?」


「女神様は仰いました。どうせ捨てる命ならば、コウタ・ユウキ様に捧げろと・・」


「ま、丸投げっ・・」


 女神様、なんて事を言っちゃってますか? この危ない聖女を俺に丸投げとか・・。


「あ・・ユノン」


 騒ぎを聞きつけて、調剤工房からユノンが顔を覗かせていた。


「デイジーがヤバい・・助けて」


「どうしちゃったんですか?」


 ユノンが作業着のエプロンを外しながら出て来た。


「お方様」


 いきなり、デイジー・ロミアムが、ユノンの前にひざまずいた。


「旦那様に巫女としてすることをお許し下さい」


「良いですよ」


 即答である。


「ちょ、ちょっと、ユノン?」


 よく考えて?


「はい?」


「いや・・そいつの眼を見て、っちゃってるから! 危ないから! なんか、ギラギラしちゃってて・・」


「・・う~ん、いつもと同じですよ?」


 ユノンが、しばらくデイジーを観察してから言った。


「あぁ、それはそうかも・・じゃなくて、ずうっと付いて来る気なんだよ?」


 狂信者の目つきだよ?


「私、デイジーさん、好きですよ?」


 とんだ爆弾発言を投下しちゃった。


「・・おぅのぅ」


「ああっ、御方様っ! 勿体なき御言葉っ! デイジー・ロミアム、命をしてお仕え申し上げます」


 デイジーがむせび泣きを始めた。



 ダレカ、タスケテェ・・



 俺は遠い眼差しで、部屋の天井を見上げた。


 今居るのは、空飛ぶ岩島・・サクラ・モチにある居住エリアの中だ。家屋と言うより、通路の左右に個室が並んだ居住エリアである。船精霊カグヤさんが、一般の家屋というものを知らないので仕方が無い。箱物の中で、レイアウトは自由自在なので、まあ生活するには便利である。


(迷宮にあったホテルを見せに連れて行こうかな)


 現実逃避をしながら考え事をしていると、


「旦那様・・」


 デイジー・ロミアムが間近に迫って立っていた。もう十分近いのに、にじり寄ってくる気配だ。


「・・なに?」


 熱した眼付きが怖いんだけど・・。


「御方様のお許しを得ました」


「ふうん・・」


 ユノン砦が陥落した。まあ、最初から許していたっぽいけども・・。


「ユノンが良いなら・・まぁ、俺も反対はしないけどね」


「感謝致します」


 デイジーがひざまずいて低頭した。


「・・真面目な話、後悔するだけだよ? 俺、神様でも使徒でも無いんだからね?」


「私自身で考え、決めた事です。例え、旦那様が魔の道をかれてもついて参ります」


「いや、魔の道とか・・俺は基本的に良いニンゲンだからね?」


 なにを言っちゃってますか?


「よく存じ上げております」


「・・まあ、一緒に居たから知ってるか」


 俺は溜息をつきながら、デイジーの顔をしみじみと眺めた。

 言いたくは無いが、かなりレベルの高い美人さんである。

 週間少年誌のグラビアページ・・あるいは、週刊写真誌の袋とじを飾ってもおかしくないくらいの豊麗な肢体、ちょっと艶がある感じの綺麗な顔立ちをした美人さんが、情熱的な・・・いや、狂信的な熱意を込めた眼差しで見つめてくる。


「はぁ・・分かったよ。俺の負け」


 俺は両手をあげて降参した。


「巫女となることをお許し頂けるのですね?」


「・・うん」


 もう、巫女でも何でもやってくれ・・。満足するまで、どうぞ。


「誓詞を捧げたいのですが、よろしいですか?」


「へ?・・あ、ああ・・別に良いけど」


「では・・」


 デイジーが何やら書かれた紙を取り出して俺に差し出した。なんだか、どんどん追い込まれて行くような・・。


「・・用意が良いね」


 コウタ・ユウキに仕える巫女となる旨が仰々ぎょうぎょうしい文体で書かれていた。こんな物、いつの間に準備していたのか・・。


「生涯に渡ってとか、ちょっと大袈裟過ぎなん・・」


 文面を修正して貰おうと言いかけた時、紙面上に黄金色の紋章が浮かび上がって輝き、静かに薄れて消えて行った。


「ぁ・・」


「司法神への奉納が完了致しました。旦那様・・私は一生涯、旦那様の巫女で御座います」


 デイジー・ロミアムが、満面の笑みを浮かべつつ、胸元に手を当てて床に膝を着いて頭を下げた。


(こいつ、ヤベぇ・・)


 戦慄に背が震えた。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます