第104話 救出&救出


(なんか、こんなのばっかりだな)


 俺は半ば呆れながら夜空のお月様を見上げていた。


 ケープ湖という綺麗な湖の近くにある石館で、ディージェ・センタイル、ヨーン・ミッターレ、リリン・ミッターレ、カイル・ルーランダ、マウレス・モレッタ、クリーナ・ナイジル、パトレイ・マーダの7名を救出し、その治療を終えた所である。


 なお、湖畔に聳え立つ石館の所有者は、トーロス・オーギンスという、チュレックでは "殿下" と呼ばれる身分の男だった。


 救出の経緯は割愛するが、オーギンス殿下が男子を引退した事だけは記しておく。


 今は、バロード・モンヒュール提督に当てて、話精霊で救出成功を報せたところだ。



『返信ですぅ~』



 蜜柑色の服を着た精霊が姿を現してお辞儀をした。



『救出感謝。ミッターレ、ルーランダ両家に伝令を出した。そちらに迎えが向かう』



「・・だってさ」


 俺はディージェを見た。


「申し訳無い」


 ディージェ・センタイルが硬い表情で頭を下げた。


「いつもの護衛さんは?」


「バウラーは提督と共に離宮へ向かった。レイランは・・欺瞞ぎまん情報でつり出されて南海へ・・私の救出に向かった」



「話精霊、カモン!」



『ご伝言ですかぁ~?』



 蜜柑色の精霊が現れた。大車輪の忙しさである。



「レイラン・トールに伝言」



『う~んと・・う~んと・・あっ、発見しましたぁ!伝言できますよぉ~』



「ケープ湖の湖畔、オーギンスの館でディージェ・センタイルを救出した。至急、帰還して保護して欲しい。以上」



『承りましたぁ~。代金は5000セリカになりまぁす』



「遠いんだね・・オッケー」



『口座から引き落としになりまぁ~す』



「はいよ」



『ご利用ありがとうございましたぁ~・・・レイラン・トール様から返信でぇす!』



 蜜柑色の精霊がお辞儀の間も無く声をあげた。えらく早い。



『救出感謝します。ただちに向かいます。御礼は後ほど改めて・・以上でぇす』



「・・すぐ来るってさ」


 俺はディージェを見ながら笑った。ディージェ・センタイルの顔が引きっている。


 代わって、


「そ、そこの・・騎士よ!」


 何やら声を張り上げた老女が居たが、


「じゃあ、俺達は離宮へ向かうよ。ここは任せるね」


 俺はディージェの肩を叩いて歩き出した。


「待たれよっ! 憂国の騎士よっ! 我らが姫君が感謝の意を伝えたいと申されておる! 有り難く拝聴するが良い!」


「デイジー、アルシェ、体調はどう?」


 俺は2人に声をかけた。


「魔力も戻りました。いつでも行けます」


「おかげさまで、もう大丈夫です」


 デイジーとアルシェが穏やかな表情で告げる。言葉だけで無く、血色が良く表情も明るい。


「ユノン?」


「周囲に動く物はいません」


 探知の魔法を使っていたユノンが小さく頷いて見せる。


「騎士よっ! 待たれよっ!」


 老女が猛然と駆け寄ってきた。


「・・誰?」


 俺はうんざりした眼差しを向けた。


「だ、誰では無いっ! 忘れたと申すのか!」


 相も変わらず、賑やかな老女である。どうして、チュレックはサメの餌にしてしまわなかったのか・・。


「おや? そういえば、自称、ガーナルの姫君ではありませんか? ごきげんよう?」


 俺は、驚いた表情を浮かべて老女の顔を眺めた。


「そ、その節は・・あれは方便でな・・つまり、私はマーダと申す者で、姫様の侍女長なのだ」


「おやっ? ガーナルでは、侍女が姫君を詐称することがゆるされているのですか? 驚きですね?」


「い、いやっ、あれは・・あの時は仕方の無い事情ゆえ・・」


「あぁ~・・事情があれば姫様を詐称しても赦される国なんですね? ところで・・どうして、その姫様が閉じ込められていたんです?」


「それは・・オーギンス殿下が無理なことを申した故に・・」


「じゃ、緊急の用があるので失礼しますね」


 俺はひらひら手を振って歩き出した。すぐ後ろに、黒一色のユノン、そして、聖衣姿のデイジー、旅外套を着たアルシェと続く。


「待たれよっ! 騎士殿っ!」


 老女の声が追いすがるが、


「ゲンザン!」


 俺は構わずに大きな声を出した。


 すぐさま、上空から大翼を拡げて9人の人影が舞い降りてきた。


「御大将」


「王都の北西にある離宮へ急ぐ。網を頼む」


「はっ!」


 ゲンザンがすぐさま配下の大鷲オオワシ族へ指示を出して、地面にロープで作った大網を拡げた。その中央に大きな網籠を載せて、俺達4人が入った。


 超が付く、原始的人力飛行システムだ。


 籠を載せた大網の四方を大鷲オオワシ族が2人ずつ握って舞い上がる。ゲンザンは護衛として直上へと舞った。


(まあ・・とんでもない力だよね、これ・・)


 今さらながら、大鷲オオワシ族の力には驚かされる。1人で牛馬を抱えて飛べるほどだから、8人も集まれば人間4人くらい軽いものだ。


 瞬く間に雲の高さにまで上昇すると、ぐんぐん速度を増して飛翔を開始した。


「どのくらいで着く?」


 ゲンザンに訊くと、


「2・・30分ほどでしょう」


 とんでもなく速い。



「話精霊、カモン!」



『はい! ご伝言ですかぁ~?』



「バロード・モンヒュールに伝言したい」



『う~んと・・はい、発見しました。伝言できますよぉ~』



「離宮に急行中。到着まで30分。今の状況を教えて・・以上」



『承りましたぁ~。代金は500セリカになりまぁす』



「わかった」



『口座から引き落としになりまぁ~す』



「はいよ」



『返信でぇ~す』



「なんだって?」



『賊軍は、離宮外郭を突破。守兵側は内郭内にて籠城中。味方は近衛兵のみ、装備は白銀に青っ! 以上でぇ~す』



 話精霊がにこやかにお辞儀をしながら消えて行った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます