第103話 稀少種


花妖フラウス?」


 俺はデイジーにき返した。


「ランドール教会では、そう呼んでいました。樹精が妖精種に宿って産まれてくるのだと・・私も初めて見ます」


 デイジーが治癒光で光る手を女の胸元へ当てながら言った。


「ふうん・・珍しいんだな」


 寝台で寝ている女を見る。

 二十歳そこそこのデイジーより、ちょっと年上。二十四、五歳くらいだろうか。濃緑の髪をひっつめて頭の後ろで団子にしている。すらりと背丈がある大人っぽい美人さんだ。


 理知的な綺麗な顔立ちだが・・。


「おでこに・・」


 縦に筋が刻まれている。


「霊瞳ですね。花妖は瞳術どうじゅつに秀でているそうです」


「三ツ眼なんだ?」


「はい。通常の瞳とは違うらしいですけど・・」


「ふうん」


「霊瞳が不老薬の素材になるという噂が広まって、ガザンルード帝国の皇帝が献上を命じたために、かなりの数の花妖が捕らえられて犠牲になったと・・60年ほど前の事ですが」


 デイジーが読んだ記録によると、5千人近い花妖が狩り集められて不老薬作りの犠牲になったそうだ。


「その皇帝は生きてんの?」


「50歳で老衰死・・と書かれていましたね。前後でお家騒動があったようですから、事実は不明ですけど」


「・・ふうん」


 未だに続いている奴隷狩りの風潮は、その時の名残だろうか。


(ガザンルード帝国か・・)


 当然、良い人も住んでいるのだろうけど・・俺の中では最悪の印象値である。


「というか、この人、おでこを隠さないと駄目でしょ。バレたら奴隷狩りに狙われるじゃん」


「ここ、チュレックの初代様・・フレイテル・スピナ様は、花妖フラウスを庇護してガザンルード帝国と戦った方ですから」


「フレイテル・スピナって、国母様?」


「はい」


「それは・・偉い人だな」


 チュレック王国の国母様・・まるで興味が無かったが、急に会うのが楽しみになってきた。


「モンヒュール提督か、センタイルさんに、この方の保護をお願いした方が良いと思います」


「そうだね・・でも、売り先は、チュレック国内の貴族らしいけど大丈夫かな?」


 俺は聞き取った会話を記した手帳を取り出した。


「チュレックの貴族・・そんなことが?」


 デイジーとユノンが手帳に書かれた会話録に眼を走らせる。


「コウタさんの精霊で、ドルクーレ・・と、ギパースについて、訊いてみた方が良いですね」


 デイジーが昏い表情で呟いた。



「話精霊、カモン」



『ご伝言ですかぁ?』



 蜜柑色の服を着た小太りの精霊がにこやかに現れた。



「バロード・モンヒュールに伝言を頼む」



『う~んと・・あっ、発見です。伝言できますよぉ~』



「ドルクーレという貴族についての生殺与奪権を俺に与えて欲しい・・以上だ」



『承りましたぁ~。代金は500セリカになりまぁす』



「わかった」



『口座から引き落としになりまぁ~す』



「うん、もう一件頼むよ」



『どなたに、ご伝言ですかぁ~?』



「ディージェ・センタイル」



『うぅ~~ん・・あっ、発見しましたぁ! 伝言できますよぉ~』



「ドルクーレという貴族に仲間を掠われそうになった。以上だ」



『承りましたぁ~。代金は5000セリカになりまぁす』



「遠いんだな・・わかった」



 5000セリカもかかるとか、どれだけ遠方なのか。



『口座から引き落としになりまぁ~す』



「オッケー」



『ご利用ありがとうございましたぁ~』



 蜜柑色の精霊が丁寧にお辞儀をした。すぐに顔をあげる。



『返信でぇす』



「どっちから?」



『ディージェ・センタイル様から、水牢に幽閉されている。救出求む・・ですぅ~』



「・・は?」



『返信でぇす』



「・・なんだって?」



『ドルクーレ伯爵は、現在、国母様の離宮に向けて騎士団を動員中・・守兵側はディージェ他、貴族の子息を捕縛し、人質にしていて足並み揃わず。国母様の救出をお願いしたい・・以上になりまぁ~す』



 にこやかに告げて、蜜柑色の精霊が消えて行った。



「おぅのぅ・・何か起こってるみたい」


 俺は困惑顔で、ユノンとデイジーを見た。


「町は静かですけど・・」


 ユノンが窓辺に寄って外の様子を眺める。


「離宮は・・ここから北西側ですね。馬車で3日ほどの位置かと」


 デイジーがチュレック王都の地理を思い起こしながら言った。


「国母さんを助けに行くのは決定として、ディージェはどこだろ? 水牢とか言ってたけど・・」


「ドルクーレ伯爵の城館でしょうか?」


「・・事情を知ってるディージェが、救出を依頼してくるってことは人質の方も危ないんだな」


 俺は少し考えて、ふと寝台の女を見た。


 いつの間にか眼を覚まし、こちらに双眸を向けていた。双眸の瞳は綺麗な灰青色をしていた。額の瞳は閉じたままだ。


「・・起こしちゃった?」


「既往の病は治療しておきました。肺は・・どうですか?」


 デイジーが優しく声を掛ける。


「貴女が・・聖法を?」


 何かを確かめるように、そっと声を出した感じだった。


「問題無さそうですね。私はデイジー・ロミアム。ランドール教会を破門された身です。今は、こちらのコウタさん、ユノンさんと行動を共にしています」


「・・私は、アルシェ・ラーン。花妖フラウス・・と呼ばれている種族です。胸の病気で・・お医者様の所で治療を受けていた時に、男達が入り込んできて・・」


 声が出せなくなるほど胸が痛み、呼吸困難に陥ったまま医者の役宅に運び込まれていたところに、クーランスの男達が襲って来たらしい。


「ラーンさん、家は・・安全? 家族は?」


 俺の問いかけに、


「どうでしょうか・・夫に先立たれてからは静かに暮らしていましたから・・声が出せなくなって、あまり家から出ないようにしていたので、ご近所様とはお付き合いが薄かったのです」


「ふうん・・なら、デイジーと一緒が良いね」


「そうですね。まだ万全では無いでしょうから」


 デイジーが頷いた。


「デイジーは大丈夫?」


「体調は戻りました。聖術は問題無く使えます」


「顔色も良いし・・大丈夫そうかな?」


 見ると、ユノンが微笑して頷いている。


「まず、人質になっているというディージェ達を助け出し、その後で離宮のフレイテル・スピナさんを助ける」


「・・間に合います?」


 ユノンが不安げに訊く。


「どうかな・・ただ、国母さんを助けても、人質が死んじゃったら怒られると思うんだよねぇ」


「人質の・・水牢の場所に心当たりが?」


 デイジーが、アルシェ・ラーンを助け起こして、予備の靴を履かせ、外套ローブを羽織らせる。


「当てずっぽうだけど・・」


 ロンツ・ギパースの屋敷地下か、ギパースが所有している土地の何処かだろう。場所は、ディージェか、モンヒュール提督が知っているはずだ。



「話精霊、カモン!」



『ご伝言ですかぁ~?』



 蜜柑色の服を着た精霊がにこにこしながら現れた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます