第21話 どらごん・・。


 人生には色々な初めてがある。


 俺は生まれて初めて、龍の顔面に頭突きをした。そして頭が砕けた。ゴツンと当たってから、卵の殻が割れるように頭蓋骨が陥没し、眼から耳から色々と噴き出して死んだ。その瞬間の触れた感触まで覚えている。



(なのに・・あれぇ?)


 俺は死んでいなかった。

 何事も無かったかのように眼を覚ましたのだ。


「まさかの夢オチ?」


 そんなはずは無い・・と、痛む首筋に手をやりつつ周囲を見回すと、そのまま硬直した。息も止めた。眼と口が開いた。


 龍が見ていた。


 洞窟の外から、片眼を入口に寄せて覗き込んでいた。


『良く耐え、良くぞあらがった。小なる者よ』


 唐突に、頭の中に渋い男の声が響き渡った。



「・・龍?」



『褒美に、蘇生をしてやったのだ』



「ああ・・はい、どうも」



『まさか、我が雷に耐性がある者がおるとはな・・・永き我が生においてもまれなることだ』



 どうやら会話が一方通行だ。俺の声は届いていないか、無視されてしまっている。



『ふむ・・魔法の才は無いのだな。哀れなことだ』



「いや、それ・・たぶん、神様の手違いかも」



『だが、面白い・・少女のフェロモンとは』



「・・えっち」



 どうやら、この巨大な龍は、俺の能力を鑑定か何かで覗き見ているようだ。



『おぬしはオスであろう? 何故なにゆえに、メスのフェロモンを有するのか?』



「存じ上げません。これも、きっと手違い」



オスの身で、メスの技能を有するか』



「いや、だから手違いだって・・ねぇ、聴いて?」



『運動・合気道とは我の知らぬ技能だ』



「こっちには無いかもね」



 会話の成立を諦めて、勝手に受け答えをすることに決めた。



『・・模写もしゃ技か。これだな、お主を強者たらしめている技は』



「個人情報の保護を要求します」



『雷兎・・あれを仕留めたのか』



「仕留めたっていうか・・偶然っぽいけど」



『うむ。小さき身で、お主の戦歴は賞賛に値する』



「龍さんに比べたら、みんな小さいでしょ」



 俺は、そっぽを向いて頬をふくらませた。体は小さいけど、気合いじゃ負けてないんだぜ? 俺、デキる子よ?



『特性に、雷兎めの魔法が無いのは才無き故か』



 龍の言葉に、俺は崩れ落ちた。



「死人に鞭打つのはやめて・・」



『雷兎めの魔法技を模したものを与えてやろう』



「え・・何かくれるの?」



 ぱっと顔を輝かせる。



『お主が所蔵しておる雷兎めの尖角を出すが良い』



「角・・」


 いつか売ろうと思っていたのだが・・。


「・・・はい」



 俺は巨大兎の角を個人倉庫から取り出して両手で持った。俺の身長より長い螺旋らせんの溝がある角だった。



『そのまま握っておれ』



「じゃ・・」



 俺は右手に握った。



『お主には魔法才が無い。故に別の対価を差し出さねばならぬ』



「お金は無いです」



 お金は大切です。無駄遣いはしたくありません。



『雷兎の怒りは力を倍加させる良技なれど、か弱き身では十全には扱えぬ。故に、雷兎の怒りを対価に差し出すが良い』



「オッケーです」



『よし。では新たに、雷兎の破城はじょう角、雷兎の蹴脚を授けた。威力はさほどでもないが使い勝手は良かろう』



 龍が、何やら満足げな感じで語っている。



「え・・と?」



『礼には及ばぬ。お主の勇戦を讃えての褒美だ。では堅固に暮らすが良い。小なる戦士よ』



「あ、あの・・」



『さらばだっ!』



 大音声が頭の中に響き渡り、



「ぐっ・・」



 俺は思わず頭を抱えて蹲った。次の瞬間、あれだけの巨大な龍の姿が消え去っていた。


 思わず洞窟の入口まで走り出て龍の姿を探すが、樹々が乱立した森の中にはもちろん、見上げた空の何処にも飛影らしきものは見当たらなかった。



「なんなの、いったい・・」


 俺は呆然と呟いた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます