6-4 神は礼拝してもらう必要などない

よむ子:宗教は力を失っている……。


A:教会組織を維持することにきゅうきゅうとして、今の世界を導く力を失っている。


 多くの活動が儀式的になってしまって、霊性を向上させるものではなくなつてしまっているんだ。


 『神との対話』では、儀式的な礼拝など、神は全く望んでいないといっているんだよ。


よむ子:礼拝はいらないの……。週2回、教会の礼拝に私は参加してるわ。


A:儀式的な礼拝は、神は全く望んでいないといっている。


 宗教が組織化されていくうちに、教理、組織内の規約、慣習が交じりあって、教会では十字架の前にひざまずき、礼拝するという儀式が生まれていったんだ。


よむ子:じゃあ、お祈りはどこでするの?


A:どこでもできるんじゃないかな。家にいても、仕事をしていてもね。


 新約聖書にもあるよ。


 マタイによる福音書(第6章6節)には、「あなたは祈る時、自分のへやにはいり、戸を閉じて、隠れた所においでになるあなたの父に祈りなさい」と書いてある。


よむ子:教会では、「主の祈り」をみんなで唱和するわ。


A:祈りは、かたちではないんだ。心の内なる魂と、神との交わりなんだよ。


 魂と神は一体だから、心の内なる世界では、人間はすでに神と通じている。


 ただ多くの人たちは、それに気付いていないだけなんだ。


 それを目覚めさせるのが、宗教の一番の使命だといってもいいんだね。


〈つづく〉

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー