6-5 地獄に行く

よむ子:教会の礼拝に参加しないと、地獄に行くと教わったわ。


A:たしかに教会ではそういうよね。


 キリスト教では、霊的世界には、天国と地獄があるといっている。


 地獄は、エデンの園でアダムとエバを堕落させた悪魔(サタン)が支配しているんだ。


 しかも天国と地獄の中間には、煉獄、リンボーがあるとしている。


 これは教会で習った?


よむ子:だいたいは。ただ煉獄、リンボーって、よく分からない。


A:地獄は、殺人、盗みなどの大罪を犯した人間が行く、永遠の苦しみを味わうところで、煉獄は、悪事を行っても完璧に罪を悔い改めた場合、罪を清めるために行くところ。


 リンボーは、悪事を行なってはいないが、クリスチャンの洗礼を受けずに死んだ人間が行くところなんだ。


よむ子:煉獄、リンボーは、罪が赦されるんだ。


 『神との対話』ではどういってるの?


A:『神との対話』では、霊界には天国のみがあって、既存の宗教が説くような地獄はないといっている。


 地獄は、霊界の一定の場所として存在するのではなく、低級の魂が自分自身で創り出し、経験するものだというんだ。


よむ子:自分自身で創り出す?


A:そう。霊界では、思考が即、現実となる。魂の成長レベルに合った現実が展開されるんだ。


 すると、成長の低いレベルの魂は、自ら低いレベルの現実を創り出す。その最悪レベルの経験が、地獄の経験だというんだよ。


 地獄という場所はないけど、地獄のような経験はあるということなんだね。


〈つづく〉


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー