境界列車

作者 アイオイ アクト

36

14人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

電車に撥ねられたと思ったら、次に気が付いたのは何故か列車の中。そこで出会ったのは、羊の頭をした吉田と名乗る不思議な人。

どこかズレた二人の会話にクスリと笑わせられましたが、話が進むにつれ、次第に主人公が抱えている何かが気になっていきました。

果たしてこの列車は何なのか。そして終着点では何が待っているのか。永く不思議な旅のお話です。