第8話 終着駅前

「ナコ、こんにちは」

「はぁ……奈子、ずいぶん長い事顔を出さないと思ったら。幸せ全開って顔でここに来ないでよ」


 相変わらず顔は羊なのに、その表情は幸福に満ちていた。

 なんだか、前よりも質素な服装になった気がするのは気になるが。


「うふふ、もう子供もいるんだよ」

「へぇ、ならいい加減私と代わりたいって気持ちは捨てなさいって」

「ううん、変わって欲しい気持ちは変わらない。今までちょっと苦労してね、でも今また幸せになったから」


 どうして幸せな時になんでいちいち代わろうとするのだろう。


「会社、潰れちゃってね。子供生まれたのに一文無しになっちゃった。すっごく大変で、ここに来る事も忘れてたの」


 ならば、一生忘れていれば良かったのに。


「でも、いつも帰りが遅い旦那がすぐに帰って来れる仕事に就いて、今は田舎の狭い家に住んでるんだけど、旦那と子供と川の字に寝られて、すごく幸せなんだ。だからナコ、あなたもその幸せを味わってよ。私はその……」

「横取りした人生だから返したいとでも言いたいの?」


 列車に乗ろうとする奈子をぐいっと押し返して、そこにとどめた。私に負い目があるのは分かっているけれど、それを気にしてここに戻ってきて欲しくはない。


「早く出して」

「はい、出発進行。奈子さん、またね」


 子猫の車掌が応じる。

 奈子はそれ以上の抵抗を見せなかった。今がとても幸せで、手放したくないからだろう。

 列車はまた星空のような空間を走り続ける。

 奈子はここに戻って良い存在ではない。ただ、ここに戻って来る日はいずれ訪れる。その時までは。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます