4. 白昼夢

目を覚ますと、そこは古い古い、石造りの部屋に置かれたベッドだった。朽ちかけた長椅子やテーブル、色褪せた敷物やカーテン。人の気配が絶えて久しい様子が見て取れる。やや大きめの窓からは、城の庭や広場の跡を見渡すことができる。日はいつの間にか真上まで昇って来ていた。

サイドテーブルには、黄ばんだ茶器や朽ちかけた羊皮紙などが埃をかぶっている。つい先ほどまで居たはずの少女を探すも、ガランとして薄暗い部屋には少年の他に誰も居ない。狐につままれたような表情を浮かべた少年は、やがて空っぽの部屋を後にしたのだった。


【背景シナリオ】山のあなたにも花は咲く-学術パートにつづく

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

【背景シナリオ】山のあなたにも花は咲く-プロローグ- 一譲 計 @HakaruIchijo

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ