百合と私と貴女の恋 あとハンバーガー

作者 秋田川緑

42

15人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

青春のとある1ページから始まった、突然の事件。
友情の崩壊、疑心暗鬼、孤立。
これはきっと、ちょっとしたきっかけで誰にでも起きること。

そして、それを呼び起こした人の異常な執着心。
秋田川節とでも言うべき、人の心を容赦なく突き刺す描写はこの作品でも十分以上に発揮されています。

背筋がぞくぞくしますが、とても面白い作品です。
ご一読をお勧めします。

★★★ Excellent!!!

もう夢中過ぎて最後まで読みました。

女の子同士の百合な青春ストーリーと思いきや、謎が謎を呼ぶミステリー。もう誰を信用すれば分からない展開。

あの子が犯人では? いや、こっちは違くてこの子では? と思った矢先、まさかの……。

ネタバレになるのでこれ以上は言えないですが、いい意味で裏切られましたね……そう作者に思わせる所が、この小説の美味い所だと思います。

百合オタが楽しめつつ、サスペンス好きを唸らせるストーリー。これ絶対読んだ方がいいです!

★★★ Excellent!!!

「百合」という文字を見て正直読もうかどうか迷いましたけれども、先入観を持たずにお読みになることをおススメします。主人公の女の子のキャラそのものが百合の要素を含む物語を人間ドラマとしてもミステリとしても引き締めて読者を引き込んでいきます。極めてエンターテイメント性の高い優れた小説だと思います。繰り返します。先入観に囚われず読み始められることをおススメします!

★★★ Excellent!!!

 第二章途中までは、元気いっぱいな主人公の視点でよくある学校の風景について語られて。
 そんな中でもところどころに「……あれ?」と思わずにはいられない『特異点』のようなものがあり……。

 二章の終わり、物語的にも物理的にも、急転直下が巻き起こる。
 天真爛漫な少女の日常が、唐突に崩れ、落ちていく。

 ガールズラブで、ミステリーで、サスペンス……? 読み始める前まではクエスチョンマークの方が多かったのは事実です。しかし、この二章まで読んで一気に合点がいきました。
 これは結末まで見届けねばと、そう思いました。

 主人公・公子の心情なども不思議なテンポで、それでいて洗練された丁寧さで綴られており、公子と同じ視点で『謎』に向き合えそうな気がします。

 タイトルとあらすじを読んで「どういうこと?」と思ったあなた。
 一緒にその疑問を解消しに行きましょう。