哲学的ゴリラのクオリアよ

作者 権ヨスコ

13

5人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

いつの頃からか自分がゴリラに見えてしまう主人公。
教育実習を通し、その共感覚は磨きがかかってしまいます。
原因は何なのか、解決方法はあるのか?
物事を理屈的に考えすぎるきらいがあり、序盤は重厚な雰囲気を醸し出しますが、案外コメディタッチ。随所にちりばめられた主人公の脳内ツッコミも笑えます。
ツボにはまったら楽しめる、そんなお話です!

★★★ Excellent!!!

使われる語彙が難しいために、読み進められないかもしれません。
でもぜひ、最後まで読んでください。

難しい所は、すっぱり飛ばして読んでいただいても、絶対に、楽しめます。
(実際、自分も”そもそもクオリアって何?”
 で、検索してクオリアとは・・・読んで、
 やっぱり”で、何?”ってレベルです)

これ以上書くとネタバレなので控えますが
主人公がとにかく魅力的です。

もっと知りたい!と思って
難しいところもちゃんと読み返して、
”そうだったのか!”ってもっと好きになります。

あと3回くらいは読むかもです。
(筆者の方にとってはカウントしてるから邪魔すんな!
 って感じかもしれませんが)

そろそろ、この読後直後の暑苦しいレビューは閉じます。
きっと、恥ずかしくなって書きなおしたくなりますが、
このまま、置いておかせていただくつもりです・・・!(多分!)

★★★ Excellent!!!

この作品は正直に言って苦痛を伴います。特に前半で心折れる人が多いでしょう。

主人公の言動に私自身、自分を重ね合わせ胸が苦しくなりました。そんな自分と向き合えた勇者だけが美しくも力強いエンディングに辿り着くことができる。なんとハードルの高い。

しかし、この苦痛なくして、このエンディングは成立しない。

途中で心折れた読者も、もう一度挑戦して欲しい!

これは現代の『ツラトゥストラ』である。