006話[悪魔のトレノvsRS-X]

「西尾くん、バトルしない?」

「いいですよ。どこからですか?」

「こっから木場から東京港トンネル、サンシャイン60」

了解した。

セルを回し、エンジンを掛ける。

合流した瞬間からトレノは猛加速した。

「はやい…」

一気に150mという距離になった。

ゴォォォォ…

カーブでギリギリのライン取り。グリップしてくれなければ終わりだ。

トレノは未だ遠い。

近づきもしない。

なんでだよ。速すぎるよ。馬力聞けばよかった…。

RS-Xは限界を迎えていた。

これ以上スピードが出ない。

もう終わりか?いいや、トレノに勝たなければ。

この日のためにチューニングしたんだから。

ゴォォォォ…

レインボーブリッジから首都高1号に入る。

そろそろ仕掛けないとだ。

トレノがブレーキをした。

今だ!

一気に抜かした。前に出たけれど、こっからが本番なんじゃないか!

景色が溶けるように過ぎていく。

いつものようにスピードがすごい。

でもこの感覚が好きだ。

もう少しで5.2㎞。トレノはすぐ後ろ。

RS-X、もうちょっと頑張ってくれ!

残り1㎞。しかし、悪いことが起きた。

ボンッ!

エンジンから煙。スピードが落ちている。

え?エンジンブロー?

スピードがどんどん落ちている。

終わった。

トレノも減速した。

……

ボンネットを開けた。

シューッ

一気に白煙が上がる。

「あぢぃっ!」

「大丈夫ですか?」

西尾が聞いてきてくれた。

「だめみたいなようだ」

……

冷えた後ボンネットを開けた。

未だ煙が立っている。

八九寺に頼んでエンジンを下ろしてもらった。

バラしてみるとエンジンブロックにヒビがあり、パーツが溶けていた。

もう、このエンジンで走れないのか…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る