003話[ハコスカ完成]

「ハコスカできたか?」

いや、まだ1ヶ月経ってないですが…?

「うん。一応できた」

だって今日完成したんだもん。

「テストいこうぜ?」

森からの誘い。行ってやろうじゃねぇか。

「いこうか」

……

セルを回す。デュアルマフラーから流れるエキゾースト音はものすごく低音で深く、いい音が出ている。

ドッドッドッ

ボンネットの中に収まったL28改は速く速く行こぉよぉと言っているようにリズミカルだ。

ブォンブォォォンゴトンブォォォン

ゆっくり加速していった。

木場から首都高9号に乗る。

合流の加速は合格。

「湾岸線までの2.5㎞。飛ばしてみ」

そう僕は誘った。

期待した通り、ハコスカは答えてくれた。

「あれ、L28に変えた…?」

森はズバリとボンネットの中身も見てないのにエンジンを当てた―。

「せやで。載せ替えたよ」

「パワーが違うからめちゃくちゃいいよ。これ」

「載せ替えは正解?」

「うん。正解だね」

首都高9号から湾岸線に入った。

途端に、後ろから一気にが抜き去った。

「悪魔の…トレノ…?」

ナンバーは確かに所沢 55 ふ 49-721。やっぱり悪魔のトレノ。

森は絶対追う。

「追う?」

珍しい。森が聞いてくるなんて。

「いや。追わない方がいい。だってテストだし、これからセッティングすっから」

僕は答えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る