002話[L28改]

ガーッガーッ

と、朝からハコスカをチューニングしていた。

まず、ドライブシャフト。LSD。とエンジンが車でドライブトレインなどをイジくりまくった。そしてエンジンが―…。

ピーンポーン

「八九寺だけどー!」

扉の外から叫んでいる。寝てると思ってる?

ガチャ

「よ、八九寺。エンジンありがと」

「お前、車変えたのか?ハコスカ?S30?」

「いやいやいや。森がイジってくれって。1ヶ月」

「なーんだ。ぶっ壊してれば代金上乗せしようて思ったのにな」

腹黒ですか?あなたは。

「ぶっこわしてねぇよ」

「あっそ。じゃぁ、エンジン」

「ありがとさん」

……

なんたかんだあったが、エンジンは載せ終わった。

そしてなんだかんだあってセッティングを終わらせた。

シャシ台に載せ、アクセル全快すると300を越えていた。

明日渡すか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る