#034(6日目・午前・セイン2)

「えっと、久しぶり。調子はどうだ?」

「はい! おかげさまで、今日は会えてうれしいです!!」


 久しぶりに会ったのは、初日に知り合った初心者PCのスバル。


 スバルとは、あれからメールのやり取りが続いていたが…、クルシュナに買い出しに行くついでに、すこし会って話すことにした。


「なんか反応がワンコみたいだな?」

「え! そうですか!? えへへ~」


 スバルってこんなキャラだっけ?


 妙にテンションが高かったり、ワンコ呼ばわりされて素直に喜んでいるのは、なんとなく違和感がある。


「そういえば、相変わらずソロなのか?」

「はい、まぁ…、今日からはちょっと事情がかわるんですけど…」

「あぁ、そうか、アテが外れたか…」


 メールではそんなことは書いていなかったので、しばらくはソロをつづけるものだと思っていたが…、どうも昨日までだったようだ。


「え? もしかして、ボクをPTに!?」

「いや、違う」

「ぐっ、そ、そうですよね…」


 人生どん底のような表情のスバル。コイツ絶対にウソが下手だ。


「いや、完全に違うわけでもないんだが…。今日、個人ギルドを設立する予定なんだよ。それでギルドの"招待メンバー"にどうか?っと思って」


 招待メンバーとは仮のギルド員で、ギルド権限やギルド倉庫は利用できないが…、ギルドホームに自由に出入りできるゲスト用の枠だ。


「すみません、ちょっと攻略サイトを確認します!」

「いや、まぁそれくらい聞いてくれれば答えるが…、ようは今よりも連絡が取りやすくなるって話だ。まぁ友達?との付き合いがあるようだから、この話は…」

「まってください! あの子たちは、ただの後輩で、ボクとしても本意じゃないと言うか…」

「あぁ、リアルの付き合いか。大変だな」

「でも、なんで急に? その、正直に言って予想外でした」


 俺もこの話は、悩んだ末の決断だ。偽装ルートはバレたら終わり。不確定要素となる初心者は、本来取り込むべきではない。それでもスバルに声をかけたのは…。


「まぁなんだ、これから情報がモノを言う活動をするから、クルシュナこっちで活動しているPCをおさえておきたくてな。それに…」

「それに?」

「これでもスバルの才能は認めているつもりだ」

「!!?」


 ハトが豆鉄砲をくらったような顔をするスバル。


 別にウソは言っていない。初心者であれだけ動ける者はそうはいないし、頑張っているのも知っている。しかし、作為的にスバルをおだてたのも事実だったりする。


「俺はしばらく王都で…、賞金稼ぎのような仕事をする」

「え?」

「PCの依頼をうけて、ターゲットを狩るのを口実に…、PCのキル数を稼ぐわけだ」

「なるほど。つまり、犯罪をおこなっているPCを調査して、その情報を報告すればいいんですね!」

「いや、そこまでは言っていない。あくまで情勢とか、現場の空気感が知れればそれでいい」


 発想の飛躍っぷりが、ちょっとアイっぽい。俺はあくまでクルシュナの情勢が知りたいのと…、√偽装をする予定がなかった初日に、うっかり俺がC√だと話してしまったPCを身近に置いておくためだ。


 このまま自警団の依頼をすすめていけば、いつかはスバルをターゲットに指名される日がくる。そうなれば恨みを買って、俺がC√だとバラされてしまうだろう。


 まぁ初心者PCの主張を本気にするものはいないだろうが…、人はえてして自分の都合のいい事実を信じるものだ。スバルの主張は信じていなくとも、その場の空気に流されてってことは充分あり得る。


「えっと、それじゃあ協力者は多いほうがいいですよね?」

「いや、それは困る。わるいけど、スバルの後輩?が信用にたるとは限らない」


 俺としては、あくまで真相を知っているスバルをおさえておきたいだけ。不安要素を増やすようなマネはできない。


「うぅ…、うぅ…」


 考え込むスバル。プライベートなことに口をはさむつもりはないが、どうにも複雑な事情があるようだ。


「まぁなんだ、答えを急ぐ必要はない。俺はこのあと予定があるから、いったんログアウトするけど、その後は…、あ」

「どうかしました?」

「いや、そう言えば今日は土曜日だった」

「はい、そうですね。L&Cをはじめる前は、まだ寝ていた時間です」

「俺もだ。いや、まぁなんだ。午後は知り合いがログインするから時間はさけない。それで、その後輩がL&Cをつづけていくとは限らないんだろ?」

「そうですね…」


 L&Cというゲームは初心者につめたい。ついでに課金要素もないので金の力も使えない。必要なのは、体を動かして戦う"センス"とネットゲームに時間を費やせる"環境"だ。


 それがない者は、重いデスペナと装備ロストでアッサリ詰む。全財産をはたいて買ったレア装備が、その日のうちにロストとか…、わりとどころか本気でへこむ。


「別に急いでいないから、また状況がかわったらメールしてくれ」

「はい! そのときはお願いします!!」


 そう言えばニャン子の存在をすっかり忘れていた。アイは露店の管理で動けないが、ニャン子は普通に狩りが出来る。別に一緒に行動しなくてはいけない訳でもないのだが…、勝手にコロコロ予定を変更するのも失礼だろう。




 こうして、なれない多人数プレイを煩わしく感じながらも…、俺はクルシュナをあとにした。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます