第13話 Wデートでヤれるかもしれない

 朝。


 決戦は土曜日。歌では何曜日だったか忘れたけど、今日は土曜日だ。

 そして決戦の日だ。


 午後から、家に、橘さんがやってくる、決戦の日だ。


 ちなみに父さんと母さんには、土下座して留守にしてくれるようお願いしておいた。今日、はじめてできた彼女が、お家に遊びに来ますので、二人で映画でも見に行ってくれないでしょうかと、お願いしておいた。


 父さんも母さんも、喜んで僕のお願いを聞いてくれた。

 母さんは泣いていた。泣いて、ついに新次郎にも彼女ができたんだねと、自分のことのように喜んでくれた。

 父さんは黙ってうなずいていた。それから、お父さんたちの寝室に、アレはあるから好きなだけ使いなさいと、そういう下世話なことを言ってきた。


 兄さんのそういう所は、父さんの血だなと思った。


 まぁ、それはさておき。

 父さんも母さんも息子に彼女ができたことを素直に喜んでくれた。いい親だと思った。普通、そういうのができたら、アンタにはまだ早い、責任はとれるのかと怒りそうなものなのに、すんなりと受け入れてくれたのが僕はうれしかった。


 ありがとう、父さん、母さん。


 そしてごめんなさい。


 映画館に行っても、カワキュアの映画しか座席が空いていないんだ。

 そして、感動して子供たちと一緒になって応援することになるんだ。

 映画館から出てくる時には、カワキュアおじさんと、カワキュアおばさんになるんだ。


 ごめん、本当にごめん。


「じゃぁ、行ってくるわね、新次郎」


「気をつけろ。避妊はしっかりだぞ」


「父さん、かける言葉を選んで」


 そんな感じで玄関で両親を見送ると、僕はうーんと手を天井に突き上げて伸びをした。


 まずは、一つ。

 ミッションコンプリートだ。


 この調子で少しずつ、橘さんが来るまでに準備を整えていかなければ。


「部屋は徹夜で片付けた。飲み物も、蓋のちゃんと締まっているペットボトルを用意した。お菓子もちょっと高級な個別包装のを用意してある」


 橘さんを迎える準備は万端だ。

 これでなんの問題もなく、健全なお家デートを行うことができる。


 まぁ、ただ一つ兄さんがいるという懸念事項はあるけれど――。


「兄さんは空気、兄さんは空気、兄さんは無味透明無臭な存在」


 自己暗示をかけることで、僕は兄さんを関知しないことにした。

 そうだ、兄さんに振り回されて、橘さんを疎かにしてはいけない。今日の主役は、僕と橘さんなのだから。


 絶対に、兄さんに振り回されたりなんかしない。

 そう思いながら、僕は一階にあるリビングへと足を踏み入れた。隣接しているキッチンで、冷蔵庫の中身を最終確認するためだ――。


 すると、そんな僕に。


「おー、弟。お父さんたち、もう行っちまったのかー?」


「うん、二人で仲良く行っちゃったよ。本当に、いい歳して仲いいよね、うらやましいよ」


「ウチは顔を突き合せりゃ喧嘩ばっかりだからな。まだ、爺さんと婆さんの方が仲良かったよ。ほんと、どうしてこんなことになっちまったんだろう」


「大変だね、愛さんの所も――」


 リビングでヤンキーガールが、なぜかアイスクリームを食べていた。

 棒タイプの奴だ。残念ながらクリームではないが、なんかエロい感じだ。


 ついでに服装もちょっとエロい。

 黒いタンクトップにホットパンツという、都会ではちょっとイケてないけど、地方都市ではちょっとイケそうな、エロくてラフな服装だった。


 うぅん、うぅうぅん。


 あれあれあれ。


 これはいったい、DOU、IU、KOTO、NANO。


「どうして愛さんが居るの!?」


「――ハァ? どうしてってお前、さっき出迎えてくれたじゃねえかよ?」


 覚えがない。

 記憶がない。

 ということは――。


 犯人は兄さん!!


 戦慄する僕の背中から、あいちゅわーんといつもの声がした。

 僕の横を素通りして、兄さんがリビングのソファ――愛さんが座っている場所に、ルパンダイブをかました。


 相変わらずの対空性能。兄さんの突撃ラブアタックを、愛さんはパンチ一発で見事に防いでみせた。


 南無。

 兄さんが撃墜されソファーに沈む。


「ほんと、朝っぱらから騒がしい奴だな、オメーはよう」


「ふふっ、愛ちゃんが俺の家に来てくれたからですよ。百回のプロポーズで、ようやく家に来てくれるとか、乱数調整大変でした」


「相変わらず意味わかんねーし」


 間違いない、兄さんがやったのだ。

 兄さんが、どうしてか、家に愛さんを呼んだのだ。


 なぜ。

 いやそれより、どうやって。


 会話の流れから、何度も時間遡行タイムリープを繰り返して、愛さんを口説き落としたのは分かるけれど。落とされる要素がほぼほぼ無かったじゃないかい。


 あれだ、恋愛ゲームで好感度ステータス確認したら、0%って出てる奴だったじゃないか。1%の確率に賭ける以前の状態だったじゃないか。


 なんで愛さんを呼べたんだ兄さん。

 そこが気になるよ兄さん。


「気になるか新次郎」


「気になるよ兄さん!! もしかして催眠術にも目覚めたのかい!! だとしたら、WEB小説よりエロ同人CG集の主人公だよ兄さん!!」


「こーらー、エッチなこと言っちゃいけないんだZO☆ 健全にやらないと、最近はいろいろな所がうるさいからダメなんだZO☆」


「不健全の人類代表みたいな兄さんに言われたくないよ、兄さん!!」


 とにかく、なんで愛さんを家に呼べたのか、その真相を教えてくれ。

 もったいつけないでと、俺は兄さんに縋りついて言った。


 すると兄さん、いやぁーと頭を掻いて、恥ずかしそうにはにかんだ。


 なんだこの反応。


 彼女ができましたーって、そんな感じの反応。


 くっそ腹立つな。

 ぶっ飛ばしてやろうか糞兄貴。


「うーん、まぁそうだね。いろんな言葉を選んでみたけれど、やっぱり、人間ってさ、飾らない言葉で思いを直接伝えるのが大切だと思うんだよ」


「飾らない言葉!? むしろ兄さんが飾ったとこ、見た覚えがないよ!?」


「愛ちゃんのこと、俺、昔からずっとずっと好きだったんだって言ったら――ヤれたぜ!!」


「うそでしょ!? 愛さん!?」


 そんな言葉でころりと落ちたの。

 チョロインすぎない。


 そりゃビッチって兄さんに言われても仕方ないよ。


 そんなことを思いつつ、愛さんを見ると――彼女は耳まで真っ赤にして、窓の方に視線を向けていた。


 あ、これ、マジな奴だ。

 そして、ビッチというより、ピュッアな奴や。


「……ん、まぁ。その、なんだ。俺とこいつも長い付き合いだし。今まではっきりと言ってくれねえから、怒ってた部分があるっていうか」


「幼馴染!! 幼馴染になるレベルまで、時間遡行タイムリープしたの兄さん!?」


「幼馴染はラブコメの鉄板だぜ!! 何もしなくてもヤれるぜ!!」


 それは失礼だ。

 幼馴染なのに、そこから上手く抜け出すことのできない、そういう人たちもいるのに失礼だ。別れちゃったり、悲しい恋に終わったりする人もいるのに失礼だよ兄さん。


 けど、のろけっぷりの方が腹立つ。

 砂糖吐きそう。


「バカ!! そんなのまだ早いだろう!! 俺たちには!! もっと――大学生になって、一緒に、その、部屋借りて、落ち着いてからだろ……」


「あぁ、そのためにも、頑張って大検取ろうな、愛ちゃん!!」


「……ぉ、おう!!」


「もうそこまで話が進んでいるのかい兄さん!? 兄さん!? ちょっと、兄さん!?」


 という訳でだ新次郎。

 俺と愛ちゃんは、今日はリビングで勉強してるからと、兄さんはいい笑顔で言った。


 兄さんと一緒のお家デート。

 しかも、ダブルデート編という、あり得ぬ展開の始まりであった。


 もう、ほんと勘弁して。


「……ところで愛ちゃん、よかったら牛乳飲まない?」


「ん? そうだな。カルシウムも脳に必要な栄養だしな。貰おうかな」


「よし分かった、じゃぁちょっと、向こうで淹れてくるね……」


「やめて兄さん!! 不安になるからそういうのやめて!! 愛さん、念のために買っておいた、蓋の開いてない午後ティーあるから!! それ飲んでね!! お願い!!」


「え? なんだよ? まぁ、いいけど……変な弟だな」


 本当にこんなのでいいのか愛さん。

 というか兄さん、恋人の覚悟をもうちょっと尊重してあげようよ。


 心通じてないと、ヤっても、ヤれたことにはならないよ、兄さん。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます