平成最後の夏。僕はマックの2階から、徒然なるままに、ひぐらし、硯に向かいて。

作者 Rau.@良羽

3

1人が評価しました

★で称える

レビューを書く