第4話:初めての授業

 レベッカが小さなあるじの家庭教師になったことで、エリオットの退職は保留になった。新たな執事を家族単位で雇うと、離れの家を用意できないためだった。

「どうせだれが来ても、すぐに辞めるんだ。大奥さまもそう思われている。保留、大歓迎だよ」

 第一従僕クリスはそう言って、珍しく笑顔になった。第二従僕のヒューは、使用人ホールで抱きついて、またも男泣きするものだから、エリオットは恥ずかしくてたまらない。

「あらまあ。ずいぶんと好かれているのね」

 家政婦ボーデンは、こらえきれないように笑う。

「そりゃもう、前の職場ではね、エリオットさんモテモテだったんだぜ! メイドだけでなく、従僕連中からも。旦那さま、若さまだって。まあ、仕事はいまひとつかもしれねえが、それを俺たち部下がカバーするのが務めだ。それでうまくやっていた」

「褒められているのか、いないのか。複雑な気分だな…………」

 エリオットが苦笑すると、どっと部下たちは笑った。

――なつかしいな。以前の職場を思い出す。

「だったら、どうして前の職場、解雇されたんだよ? 旦那さまに信頼されていたんだろ?」

「それは――――」

 クリスの指摘に、ヒューは口ごもる。

「そうよね。同業者の評判が良くないのが不思議なの。どうしてかしら」

 ボーデン夫人の素朴な疑問に、エリオットは咳払いでごまかす。

「ごほん。予期しないできごとがあって、奉公仕事を辞めた。いつか話せるときがくれば、話す。どの屋敷も男手が足りないのをきっかけに、復帰したんだ」

 クリスは目を輝かせた。いつも無関心で冷めている彼女らしくない。

「深い事情がありそうだな、エリオットさん。ま、その事情とやら、いつか聞けるの楽しみにしてるよ!」

 ここで朝食は終わり、多忙な使用人生活が今日も始まった。

 エリオットは古びたモーニングコート姿で、階上へ上がった。すぐ後ろに盆を提げたヒューが続く。居間でリンドン嬢と女家庭教師の朝食を給仕するためだ。坊っちゃんとエリオットの子どもたちの朝食は、クリスが面倒を見る。

 居間の空気は緊張感が漂っていた。まったく笑顔のない女主人が、新任の女家庭教師を値踏みするように質問をする。

「ミセス・エリオット。ご結婚される前は、どこのお屋敷で教鞭を取られたのかしら」

「初めてですわ」

「なんですって。未経験だとおっしゃるの!」

 かちゃん、とナイフとフォークが皿に落ちる。まじまじと目を見開いた老嬢へ、動じることなくレベッカは答えた。

「ええ。でもご安心ください。わたし、准男爵家にいたことがありますの。それはもう、長いあいだです。その屋敷にはライナス坊っちゃんのように、とてもいたずら好きな小さな若さまがいました。わたしが面倒を見ていましたのよ」

「子守――ナースメイドをされていたのね」

 レベッカはそれに答えず、話を続ける。

「今日はライナス坊っちゃんの興味と、学力を確認いたします。明日から、それに見合った教材を用意しますから、少しばかり出費があることをお許しくださいませ、ミス・リンドン」

「本ならたくさんあるわ。あの子、飽き性だからあれこれ買い与えたの」

「本だけが教材ではありませんもの」

「まあ、本以外の教材って何かしら」

「それを今日、たしかめますのよ」

「あら、そう。せいぜい、ライナスの機嫌を損ねないよう教鞭なさいな、ナースメイドさん」

 女主人の視線が、背後にいるエリオットに移った。

 女家庭教師のなり手がないからと、夫婦で画策してナースメイドだったレベッカを奉公させた。なんて、図々しい。――そう思っているはず。

――ああ、明らかに期待されてない……。

 内心、はらはらしながらエリオットは、食後のコーヒーを女主人のカップに注いだ。

 和やかでなかったものの、険悪ではなかった。初日の朝食は無事に終えることができた。

 問題はそのあとだ。

 子供部屋へ向って行くレベッカを呼び止め、エリオットは念を押した。

「いいか、何を言われても、真正面からぶつかるなよ。いたずらが返ってくるだけだからな」

 苦笑しながら、妻は肩をすくめた。

「心配性なんだから……」

「助けが欲しいときは、すぐに呼び鈴を鳴らせ」

「ええ、頼りにしてるわ」

 そしてレベッカは、魔の子供部屋へ消えていった。



 正午前。子供部屋からの呼び鈴が、使用人ホールに鳴り響いた。クリスが向かうより早く、エリオットが疾風のごとく駆けつける。

「お呼びでございますか、坊っちゃん!」

 何をされたのか不安なあまり、呼びかけた声が裏返った。

「お腹すいた」

「……」

 惨事を想像していただけに、気が抜けた。部屋を見るがとくにおかしな所はない。机に教卓、黒板、壁に貼られた地図、ノートとペン……。

「あら、ジョン。そろそろお昼にしようと思って」

 にこやか笑顔の女家庭教師は、いたずらに困った態度を見せなかった。

「勉強は順調かい?」

「朝ね、床でガチョウたちが出迎えてくれたの。あと、教卓の引き出しでカエルが鳴いていたし、本棚にネズミがいたわ。とっても賑やかだったから、さっきまで外に帰していたの。少し疲れちゃった」

「それはそれは……」

 どうやらイタズラは仕掛けられたようだが、レベッカには通じなかったらしい。ボーデン夫人やクリスが言っていたが、初日、女家庭教師は驚きの歓迎を受けるのがお決まりだった。

「ネズミじゃない。モルモットだ」

「そうだったわ。ライナス坊っちゃんは動物がお好きなのね」

 ライナスはふん、と不機嫌丸出しのまま、レベッカから目をそらす。

「明日、野外授業をしましょう。わたしにたくさん教えてください。動物たちのことを」

「え?」

 目をぱちくりさせるライナス。

「先生も動物が好きなの?」

「坊っちゃんがわたしの先生になるのよ。あくまでも授業ですからね。たくさんお弁当を持って、ピクニック――じゃなかった、野外授業よ」

「ぼくが先生の先生……」

「ということで、午後の授業はどこへピクニックへ行くかの話し合いをします。いいわね」

「はいっ!」

 十歳の少年らしい笑みがあった。

 そばで見守っていたエリオットは感動した。手を焼いていたあの悪ガキ坊っちゃんが、素直になったからだ。

 同じく控えていたクリスも感嘆の声をもらす。

「まともな授業を初めてみた」



 その夜、子どもたちは寝静まり、ようやく夫婦だけの時間が来た。ききたくてたまらなかった昼間のできごとを、エリオットは妻に問うた。

 ベッドに入ったレベッカはほほ笑む。

「あら、簡単なことよ。寂しいからライナス坊っちゃんはいたずらをしているの」

「でもそれで女家庭教師たちが辞めたじゃないか」

「いたずらを許してくれる母親のような、教師が欲しかったのかもしれない。ああやって、使用人たちを試すの。インドの駐屯地にいたころ、ひどいいたずらをするご子息を見たことがあったわ。母親を亡くして、言葉が通じない使用人ばかりで寂しいのだろうって、父親が愚痴をこぼしていたのよ」

「そういうことだったのか」

「だからわたし、しばらく坊っちゃんの母親になろうと思うの。いいでしょう?」

「それはもちろん、かまわないさ。これでいたずらが止めば最高だな」

「それを祈りましょう」

 ふたりは就寝前の口づけをする。

――今日は疲れた。

 慣れない女家庭教師としての初日。レベッカはもっと疲れているはず。

 眼鏡を外したエリオットが目を閉じると、妻の寝息が聞こえてきた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます