第3話:レベッカの決意



 その夜更け、またも騒動が起こった。

 階下の使用人部屋にいるはずのヒューが、離れの家にいるエリオットを訪ね、顔を見るなり苦情を訴える。

「やってらんねえ! あ、あいつメイドだったんだぜっ!」

「は?」

「一週間も同室してたのかよ。頭がいかれちまってる」

「……なんのことだ?」

 興奮したヒューはエリオットの腕を取ると、表へ引っ張り出す。

「おい、用件があるなら朝にしろ。眠い」

「じゃあ、俺はどこで眠ればいい? なあ?」

 ヒューの剣幕に押されたエリオットは、パジャマにガウンを羽織る。ランタン片手に屋敷の母屋へ向かった。月明かりすらない、真っ暗な裏口から階下へ降りた。

 従僕用の寝室へ入る。何ごともなかったかのように、クリスがベッドで寝息を立てていた。ヒューが叩き起こす。

「おい、てめえ、目を覚ませ!」

「……ヒュー、あまり乱暴は」

「俺は怒りでこいつをぶん殴りそうです。けど、一応、女だからな。できねえ」

 エリオットはわが耳を疑った。

「嘘だろ」

「嘘なもんですか。さっき、俺がいない隙に着替えてたんですが、煙草を取りにもどったとき見ちまった」

「……ああ、なんてこった」

 あまりの驚天動地に、うなだれることしかできなかった。

「仕方ないだろ。何度募集しても、すぐに辞めちまう。だからあたしが、人手不足の穴埋めってわけさ」

 目をこすりながら、クリスがそう言った。ランタンに照らされる表情には、まったく動揺が見られない。

「だったら、なぜ僕に相談しない?」

「したら解雇だろ」

「それは……」

 否定できなかった。メイドが従僕の格好をして奉公しているなど、前代未聞だ。あるじに発覚すれば、解雇はもちろん、恥をかかせるな、と警察へ突き出される可能性が高い。

「朝になったら、こいつに屋敷を出ていってもらおうぜ」

 怒った口調のヒューに、クリスは鼻で笑う。

「何がおかしい?」

「じゃあ、あんたがあたしの代わりに、悪ガキ坊っちゃんの面倒を見るんだね? 言っておくが、大奥さまは坊っちゃんに甘い。おっさん従僕が気に入らない、と告げ口されたら、あんたなんて即日解雇だ。従僕がいなくなったお屋敷、エリオットさんひとりで切り盛りできるのかな?」

「こいつ……」

 図星だったようで、ヒューは拳を握りしめるだけだった。

 ここではなんだからと、エリオットは執事室へ部下ふたりを入れた。気持ちを鎮めるため、茶を沸かし、それを飲みながら、事情を聞く。

「クリス、きみはいつからここで奉公を?」

「五年前から、キッチンメイドとして。けど戦争が始まっただろ。若い男連中、みんな戦争へ行ってしまって、今じゃ募集してもおっさんか、病人ぐらいしか来やしない。おまけにライナス坊っちゃんは悪ガキで、執事すら居着かない」

「なるほど。それで困った、とボーデン夫人からお願いされたのか?」

「いや、あたしから提案した。始めは猛反対されたけど、戦争が終わるまでなら、という約束でやってる。そもそも、大奥さまのわがままでこうなったわけだし」

「メイドは、いやだとか」

「あたり。メイドが給仕や接客なんて、上流階級の恥だとかなんだとか言ってさ。けど、人手がないよね。ならば、という苦肉の策ってわけ」

「よくバレないな」

「まあ、半分耄碌しているからね、大奥さま。旦那さまも若旦那さまたちも戦死しちまって、そのショックで正常な判断ができないのさ」

 ボーデン夫人から聞いていたが、ライナスの母は彼を産んだときに亡くなり、父である先代男爵は出征中、肺炎で病死した。そして年子の長男と次男は年齢を偽り、志願して士官になったものの、西部戦線で若い命を散らした。

 今、リンドン家に残ったのは、老嬢である先代男爵の叔母と、現男爵のライナスだけである。

 ヒューがため息をついた。

「この屋敷だけじゃねえ。どこの領主も若い紳士を失ってるって話だぜ。坊っちゃんには気の毒だが、こればかりはどうしようもねえ」

 エリオットは頭を抱える。

「そういう事情なら――というわけにはいかないなあ。かといって、きみがいないと屋敷の仕事が回らないし。悩む」

「悩むんだ、エリオットさん」

 固い表情だったクリスが、わずかに笑みを見せる。

「執事連中、あたしが女だと知ったら、すぐに追い出した。荷物を裏口に放り投げて。仕方なく実家に帰ったら、ボーデン夫人から電報が届いて、復帰したんだ。あたしがいないと、坊っちゃんが手に負えないって、執事が三度も逃げ出した。……四度目は一ヶ月もつかな?」

 女だと発覚しても堂々としている理由がこれでわかった。そう、彼女以外、あのライナスの相手をできる執事も従僕もいないのだ。

「どうします、エリオットさん?」

 ヒューが眉根を寄せたまま、上司と同僚を見つめた。

 カップをソーサに置いたエリオットは、決断する。

「わかった。きみは引き続き、従僕として雇おう。ただし、戦争が終わるまでだ」

「話がわかる上司でうれしいよ。じゃ、おやすみなさい」

 あくびをしながら、クリスは執事室を出た。ぱたん、と従僕の寝室のドアが閉まる音がする。

「というわけだ。おやすみ、ヒュー」

 そう言いかけ、肝心なことを思い出す。

「あー! おまえの寝場所が……」

「同室するわけにはいかねえしな。だから執事室を俺の部屋にするぜ。異論はないですよね?」

「も、もちろん」

「やった。気分は執事だぜ!」

 無邪気に喜ぶ中年を見ながら、まあこれでいいか、とおのれを納得させる。



 エリオットがリンドン家で奉公を始めて一ヶ月後。

 今度は女家庭教師が辞職した。ライナス坊っちゃんのいたずらに耐えることができず、勉強も進まず、疲れ果てたのだ、と。

「あれでも三ヶ月もったんだ。長いほうだよ」

 クリスのその言葉が、エリオットをさらに気鬱にさせた。しかし落ちこんでいては何も始まらない。新聞とロンドンの職業紹介所へ、求人を出した。

 だが半月が経過しても、応募者はなかった。家政婦のボーデン夫人が推測するには、ウイロレーク屋敷の悪評が同業者のあいだで広まったのではないか、という。

「ああ、また難題……」

 エリオットは頭を抱え、職を探している女家庭教師はいないか、と手紙を書くことにする。宛先はかつての同僚従僕だった、マークである。すでに四十をすぎている彼は徴兵されることなく、小さなホテルの主人として暮らしている。

 数日後、返信があった。

「ええー。あきらめろ、だと? なんという、冷たいお言葉……」

 落胆するエリオットは、夜の執事室でヒューに愚痴をこぼした。

「ま、あいつらしいっていやあ、そうだな。噂ほど恐ろしいものはねえ、ってエリオットさんも承知してるでしょ?」

「もちろんだ。そこを友人ならば、うんうんと良案をひねり出してくれる、と淡い期待を抱いたのさ」

「見事に砕け散りましたね」

「あはは……。って笑いごとじゃない。ライナス坊っちゃんをどう、教育するか。重大な問題だぞ。なにせ男爵さまなのだからな」

「こうなったら、どこかの寄宿学校にでもぶちこみます? 中学生になる前に、あずかってくれる学校があるって聞いたことがあります」

「そうだな。それがいいかもな。ただ、それを大奥さまがお許しになるか。それに校則が厳しくて、脱走するような気がしてならない。女家庭教師がみな、手を焼いたほどのやんちゃぶりだ」

 気が進まなかったが、小さな主人の教育を放棄することはできない。翌朝、エリオットはおそるおそる女主人であるマーガレット・リンドン嬢へ、ライナスを寄宿学校へあずけてみては、と進言した。

 齢七十の老嬢はしばらく無言でエリオットを見つめ、苦々しく言葉を吐いた。

「……かわいそうなあの子を、追い出すつもりかしら」

「いえ、そのつもりは。ただ、つぎの女家庭教師が決まらないですし、ひとつの提案として申しあげたまでです」

「それをどうにかするのが、おまえの仕事だろうに。使えない執事ね」

 エリオットは退散するしかなかった。

 午後、子供部屋から呼び出しベルが鳴る。エリオットが駆けつけると、ライナスに桶のなかのものをぶちまけられる。家畜の糞尿だった。

 あまりの臭気にエリオットは咳きこみ、涙を流す。目を開けていられない。

「げほっ、げほっ!」

「おまえ、ぼくを追い出そうとしたな! ここはぼくの家だ。おまえが出て行け!」

「……」

 言いわけはしなかった。まさに小さなあるじの言うとおりだったからだ。

――僕は取り返しのつかない過ちをおかした。

 あるじが何を望んでいるのか考えようともせず、安易な手段を選ぼうとした。悔やんでも遅い。

「かしこまりました、ライナス坊っちゃん。わたくしはあなたさまの召使としてふさわしくないようです。明日にでも荷物をまとめましょう」

「……」

 ライナスは桶を床に投げつけ、子供部屋を出ていった。エリオットは追いかけなかった。いや、できなかった。



「一ヶ月半か。予想どおりだった……」

 夕食前の使用人ホールで、エリオットが退職を告げるなり、ぽつりと従僕クリスがそう言った。

「お力になれず、ごめんなさい。だれが来てもすぐに辞めてしまうのだから、あなたは悪くないわ」

 ボーデン夫人は力ない声で謝罪する。

「あーあ。せっかくエリオットさんといっしょに働いてたのに。明日でお別れかよ」

 苦い表情のヒューは、ため息を何度もつく。

 そして静まり返った使用人ホールでの食事が始まる。戦争のため、じゃがいもと豆スープだけの貧しい食卓だが、物資の乏しいロンドン暮らしに比べたらまともだった。

 エリオットは使用人ホールを出る。朝食と夕食は、離れのわが家で食事をとるためだった。

 食卓につくなり、エリオットは妻レベッカに詫びる。

「すまない。ライナス坊ちゃまとうまくいかず、明日、ここを出ることにした」

「そう。村の奥さまたちから、ライナス坊っちゃんのお話、たくさん聞かされたわ。一年で三人の執事が辞めたことも」

 九歳の息子と七歳の娘はすでに就寝している。ヨークシャーの自然を気に入っていた子どもたちを、がっかりさせてしまうのが心苦しかった。

「ただのかわいいいたずらだったら、よかったんだがな。糞尿で新調したばかりのフロックコートをだめにした。それだけ、僕を許せなかったのだろう」

「残念ね。うちの子は聞きわけがいいのに、どうして……」

「父親と兄ふたりを短期間で失ったんだ。ひねくれるのも無理はない。初日から、ひどく警戒されてお話すらできないし、もう、お手上げさ」

 悔しさがこみ上げる。

 おのれの敗北に。

 それから黙って、じゃがいもと豆スープの食事をした。

 皿が空になったころ、レベッカが言った。

「ジョン、決めたわ」

「何を?」

「わたしがライナスさまの家庭教師になる」

「ええっ! それはいくらなんでも、無謀すぎる。だれが来ても、すぐに辞めてしまうんだぞ。僕だって手を焼いてるほどだ」

 夫ではなく、執事として忠告した。しかしレベッカの決意は固い。

 ぐっと拳を握りしめ、まっすぐにエリオットを見た。

「子どもたちを転校させたくないの。あなたが失業しても、わたしが奉公できれば出ていかなくていいはず。そうよね、ジョン?」

「まあ、それはそうだが……」

「だから悩むのはもうおしまい。明日、ボーデン夫人と会わせて。わたしから直接お願いするわ。だれもなり手がないんだもの。断る理由はないはず」

 レベッカは出会ったときから、型破りな一面があった。

 結婚後、出産して育児に追われてからは、従順な妻としてすごしていたが、彼女の血が騒いだようだ。紫色の瞳は闘志に燃えていた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます