第2話:再就職と再会



 応接間であいさつを交わしたあと、家政婦であるボーデン夫人は、目を輝かせて即答した。

「明日――いえ、今日からでもかまいませんわ。採用いたします」

「あの、質問とかはないのでしょうか。たとえば、以前、どこのお屋敷で奉公していたのか、とか。妻帯者なのか、とか」

「心配ご無用、うちは大歓迎よ! 男手が足りなくて困っているの。しかもロンドンから三時間以上もかかるでしょう。不便だからって、募集しても面接希望者すらないところですの。ああ、よかったわ」

「ええ、まあ、そういうご事情なら……」

 以前の雇い主であるホテルのオーナーから、紹介状――人物証明書を送る話をつけておく約束をするも、一抹の不安を禁じ得ない。

――十年近くもブランクがあるのに、事情は気にしないのか?

 ボーデン夫人が言うには、あるじであるリンドン男爵はまだ十歳で幼く、後見人である大叔母令嬢は気むずかしいため、使用人の採用は家政婦へ一任している。五十歳なかばのボーデン夫人は三十年近くリンドン家に奉公しているものの、その他の使用人は戦地へ出征したり、町の工場へ転職してしまい、今いる者は経験が浅い。

――つまり、この屋敷はボーデン夫人が首領みたいなものか。

 そう、判断した。

 採用が決まったので、一度、ロンドンのわが家にもどり、荷物をまとめることにする。

 エリオットが屋敷の裏口を出たとき、中年の男とすれちがった――直後、両者は立ち止まり、たがいを凝視する。

「え――まさか、きみは」

「へ? その眼鏡顔に、マヌケな声は」

「マヌケはよけいだ」

「ああ、やっぱりエリオットさんっ! こんな田舎で再会できるとはっ!」

 ぎゅうぎゅうとおのれの抱きしめるのは、かつての同僚部下だ。

「く、苦しい、ヒュー…………」

「知り合いが無事だったんですぜ。これが喜ばずにいられますか! 俺より若い連中、ほとんど戦地に行っちまってさ」

「身体検査に落ちてしまってね。役立たずの身ってわけさ」

「よかった、よかった……」

 そしてさめざめと涙を流す。いつも陽気で競馬が好きで、ざっくばらんな男とは思えない変わりように、エリオットはあらためて時の流れを感じた。茶色の髪は白髪まじりになり、くっきりと現れた目じわが年齢を物語る。

 ふと、われに返ったように、ヒューは姿勢を正し、咳払いをする。

「こほん。そもそも、俺らはなぜここで再会を? ちなみに俺は、職業紹介所で求人を見つけて、面接に来たんですが」

「僕もだ。長いブランクがあるけど、経験不問とあったから」

「で、採用されたんですかい?」

「ああ。即、採用。うまくいきすぎて、怖いぐらいだよ」

「その慎重さ、変わってませんねえ。ということは、俺、不採用かよ……」

「そもそも御者も運転手も募集していなかったが」

「経験不問とあったから、執事やってみようかな、と」

「え、じゃあ、どこかの屋敷で従僕でもしてたのか?」

「いや、それがその、三年前、車で事故しちまって。怪我で解雇になるわ、若い連中が運転うまいしで、奉公仕事をやめたんですよ。けど、この歳になると、工場勤めはきついんで、またお屋敷奉公にもどりたくなった、というわけです。でもですぜ、肝心の紹介状がアレですんで、ちょこっと細工して……」

「つまり偽造か」

「まさか、エリオットさんと再会するとは、夢にも思わないじゃないですか。というわけで、さよならだぜ。悪いことはできねえな、神さま……」

 ヒューは裏口から中へ入ることなく、屋敷を出ていく。寂しそうな背中を見送っていると、昔のできごとが脳裏によみがえる。

 せっかくの給金を競馬で失い、呆れながらエリオットは給金の前借りを許したことがある。一度や二度ではなかったが、しばらくすると反省するどころか、得意げに勝利のおこぼれを渡してきた。ヒューが言うには、ギャンブルは運ではなく、勝算があるから賭けるのだという。が、そう豪語するわりには、儲けにはならない。勝ったとしても、以前の負けを埋めるレベルで終わるからだ。

 そこでつぎは何か用事がないか、とエリオットの周りをうろつき、お駄賃を稼ごうとした。四十なかばだというのに、相変わらずセコくていい加減だ。けれど憎めない。

――なんだかんだ言っても、気の良い男なんだよなあ。弱気な僕は何度、それに救われたか。

 エリオットは走った。屋敷の門を出ようとしたヒューの肩をつかむ。

「早とちりするな。ここの家政婦は男手が足りない、と言ってた。執事は無理でも、従僕か運転手のクチはあるんじゃないのか」

 そういうわけで、翌日からエリオットは、かつての同僚といっしょに奉公することになった。



 ウイロデイル屋敷はヨークシャー北部の谷あいにある。イングランドの最北端で、羊毛と石炭産業が盛んだ。そして自然が美しいことで知られている。

 ロンドンの下町に住んでいた幼い娘と息子は、初めは引っ越しをいやがったが、一週間すると慣れた。村の子どもたちと仲良くなり、初めてみる川や森のなかで楽しく遊ぶ。もともと田舎に住んでいた妻は、お屋敷奉公に大賛成だから問題はなかった。屋敷の離れにある上級使用人用の小さな家で、家事と子育てにいそしむ。

 すべてが順調に思えた。

 しかしそれは甘かった。エリオットの不安が的中する。

 今朝、女家庭教師が悲鳴をあげて、エリオットに助けを求めた。すぐさま子供部屋に走り、ドアを開けたら、ゲロゲロと大合唱のお出迎えである。十匹以上のカエルがぴょんぴょんと、跳ね回っていた。

「ライナス坊っちゃん! ど、ど、どこからこんなにカエルをっ!」

 茶褐色の髪と青い瞳をしたパジャマ姿のくそガキ――いや、小さなあるじは不機嫌な顔丸出しで、頭をかいた。

「昨日先生が言ったんだ。カエルは水がないと生きられないって。だから実験してるんだよ」

 真面目な回答をするが、黒いフロックコート姿のエリオットを見る目は挑戦的だった。

――また嫌がらせかよ。

 この小さなあるじは、エリオットが執事として屋敷で奉公を始めてから、毎日、いたずらを仕掛ける。昨日はスープのなかにミミズが入っていた、と騒いでぶちまけ、一昨日は用事がないのに呼び出しベルを幾度も鳴らした。エリオットが小言すると、逃げたライナスは階段の手すりを身体に乗せ、そのまま滑って落下したことがあった。幸い、怪我はなかったものの、エリオットは生きた心地がしなかった。

 どうやら、リンドン男爵はエリオットを歓迎していないらしい。身にしみるほどそれが伝わってくる。

「今すぐ、片付けてください、ライナス坊っちゃん。カエルは屋敷に住めません」

「実験しないとわかんないだろ」

「ですから、実験ごっこはまたにしましょう。あと、実験は先生にまずご相談してください。後始末に困ります」

「片付けるのがおまえの仕事だろ」

「いいえ」

 しばらく沈黙したライナスは、無表情のままカエルを虫取り網で捕まえる。今日は素直に言うことをきいてくれそうだ。

 と、安堵した直後。

 エリオットの顔にべっちょりとカエルが張りついた。

「ぎゃああああ!」

 おのれの悲鳴に従僕ヒューとクリスが駆けつける。そのときすでにライナスは子供部屋から消えていた。

「や、やられた…………」

 あるじのいたずらに負けてしまう。あまりの情けなさにエリオットは、うなだれるしかない。

「おれがカエルを網で捕獲するから、ヒューは麻袋に入れてよ」

「よっしゃ」

 すっかり慣れきっているらしく、少年従僕クリスは器用にカエルを捕まえる。

「エリオットさん、うまい話には穴があるっていうやつですね」

 ヒューは苦笑した。

「ああ、いつまで辛抱できるのやら」

 あるじのいたずらを真に受けないよう、気をつけてはいるものの、あまりのやんちゃぶりに振り回されてしまう。

「辞めたければ、どうぞ。もう慣れっこですから」

 冷めた口調のクリスもエリオットを歓迎していなかった。必要最低限の言葉しか交わそうとせず、雑談にもまったく応じない。無愛想そのもの態度に、自分だけでなく、ヒューも困っている様子だ。

「前の執事はいたずらに耐えかねて、辞めたんだろう?」

 エリオットの問いにクリスは答えず、黙ってカエルを捕まえ、ヒューに渡し、子供部屋を出た。

「なんだよ、あれ。上司にあの態度はねえだろ」

「うーん。坊っちゃんだけでなく、いろいろわけありなのかもな、このお屋敷。ボーデン夫人はにこにこしているが、明らかに僕を警戒しているし」

「エリオットさん、いい人なのに、なんでわかんないっすかねえ……」

 軽くヒューを小突かずにいられない。

「よせ、照れるだろ」

「ほんとのことじゃないですか」

 真顔でそう言われると、自分でも赤面するのがわかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます