同時間のカラー

作者 大槻有哉

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

同じ時間を過ごすことで深まる友情と絆。

ロボットバトルに身を投じる主人公と仲間たち。

前だけを見続けた者だけが勝者になれる『百億の歩み』

名もなきヒーローの犠牲の上に、この世界の技術も文化も成り立っている。

人生ポイントが存在する不思議な世界観。
ロボットバトル、友情、絆、主人公の成長していく姿。
これからの展開が楽しみです。



(第13話 百億の歩み 拝読後のレビュー)

★★★ Excellent!!!

 この世界では、人生ポイントが物を言う。ポイントとは、才能やスキルに近いモノで、お金とは違う。人生ポイントは取り戻すことは出来ない。つまり、人生は後戻りできない。この感覚は、現実でも同じだ。そんな人生ポイントは、ロボットによるバトルで稼ぐことができる。
 主人公は仲間たちとロボットバトルに身を投じる。仲間たちとの出会い、戦いに勝ち進んでいく中で、対戦相手とも出会う。そうした中で、主人公は成長していく。物語の中で暗喩的に用いられる「糸」は、一人では通せない。
 この暗喩の部分が小生には難しかったですが、楽しく拝読することが出来ました。ロボット嫌いな小生でも、難なくバトルや人間関係を拝読できました。

 是非、御一読下さい。

★★★ Excellent!!!

同時間を過ごす事で深まる絆、それぞれの深い場所にある自分。
闘う理由に試行錯誤しながら個性的な仲間と共に『ロボバトル』に参加することになった主人公。彼は武器屋なのだけど、皆と共に闘うことで本当の自分を見つける事が出来るのだろうか。
スピード感のあるバトルにキャラの濃さもあり『人生ポイント』の存在する不思議な世界観も面白いです。
是非、ロボ好き以外の人も読んでみて(^^)