エピローグ3 新たなる試合(たたかい)


2012年3月4日10:10

帝都 国防省陸軍部


 イリヤに与えられた部屋は、広くもなく狭くもない。一人で使う分には丁度良いサイズだった。

 事務仕事のために、書類とパソコンに向かい、ペンと手を動かし続ける彼女の部屋には、紙を撫でる音とキーボードの音のみが響いていたが、突然扉がノックされる。

「入れ。」

「失礼します。中将、国際郵便です。」

「そこに置いてくれ。」

「分かりました。私はこれで。」

「ご苦労。」

 デスクトップパソコン本体の上に置かれた国際郵便の宛名を見て、イリヤは口の端を上げる。

「成る程。」

 封を開けると、そこには彼女の想定していた内容の手紙があった。

「もうそんな時期か。今年はレイだな。」

 手紙には、スレッジハンマー開催のお知らせとあった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

旧式(オンボロ)だって良いじゃない!~戦い方次第です~ 共和国戦役編 磯風とユキカゼ @isokaze

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ