スラッグアウト ジャーナリスト

作者 オノダ 竜太朗

16

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

歳を重ねて行く中で様々なしがらみにより流されて生活している主人公が事件の調査をして行くうちに、自分の本質であるジャーナリストとしての魂を取り戻しながら本当に大切な事に気がつく…
私も含め普通の40代が抱えている悩み、葛藤、諦めといった現実が良く現れていました。
歳をとって行くにつれ家族、生活、お金、そして自分自身の幸福、それぞれが大きくなりすぎて身動きが取れなくなってくる中で『殺される』事で一旦全てを捨て新しい一歩を踏み出す。
行動としては非現実的ですが、思考としては現実的でもあるこの矛盾が『自分だったら…』と考えてしまい、いつの間にか物語に引き込まれ、あっという間に最後まで読んでいました。
今を考えている人にはうってつけの名作だと思います。

P.S.
個人的な思いではありますがスピンオフであれば、ダンゴムシかロイホの探偵社に入るまでの物語でも面白いと思います。
ダンゴムシならドイツ人の奥さんなど特徴があるし、ロイホが生きて行く中でネットワークのスペシャリストになった経緯などで面白い物語になると勝手に思ってます(笑)

★★★ Excellent!!!

前作「アットホームアサシン」のスピンオフです。今回の主人公はジャーナリストという事でどう繋がるのかと思ったのですが…

一人称で読みやすく、後半からグイグイ惹き付けられるあたりに作者様の力量を感じました。
推理あり。感動あり。
今の自分を変えたい方必見です!!

個人的には主人公が後輩との年齢差に「自分も昔はこうだったのかな」と時代を感じてしまうあたりに共感しました。
あと、アイスミントティー飲みたくなります!