ずっとずっと追いかけてきた男の子の幼馴染〜その彼と両片思いだった!?〜

作者 濃縮還元ぶどうちゃん

265

97人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!


 こう、恋愛小説に多くある両想いなのに互いに気付かないパターンですね。でも、それでも頬が緩むのは止められない。
 いやー、青春だなー、なんて思います。

 素晴らしい描写能力のお陰か、見ているだけで甘い気持ちが溢れて来る作品であり、是非とも他の人にも読んでもらいたいです。
 タイトル回収は告白の前。しかしその事実が在ることによってテンプレとは違った方向に進んだ2人の恋愛がまた面白いです。

★★★ Excellent!!!

 もう甘いっ!!焦れったい!はよくっ付けよという思いで一気読みさせてもらった作品でした。
 紬の抑えられてるようで抑えられてない気持ちや、和馬の紬を思うあまりの言動。それらを胸がガァーっとなるような、まるでマーライオンが水でなく砂糖を吐き出すかのような、そんな気持ちでした。
 どこかでこの作品を見つけた方、是非読んでみてください。この一肌恋しい時期に読むのなら、よりいっそう楽しめることでしょう。きっと読んで後悔はありません。

★★★ Excellent!!!

幼なじみの男の子に、ずっと片想いを続けている。少なくとも本人はそう思っています。ですが実際は、相手も同じように自分の事を想っていました。
つまりは両想い?いえいえ、互いに想い合いながらも相手の気持ちには全く気付かない、両片想いです。

お互い相手の気持ちには気づいていないので、ちょっとした言動でヤキモキする二人。すれ違いや勘違いも多く、そうじゃないと何度も叫びました。
そしてそんなもどかしさすらも越えるくらい、甘々なシーンが大量にあふれています。

とにかく甘い話が読みたい。そういう方はぜひ一度目を通してみて下さい。
人によっては甘すぎるかもしれませんので、読む際はブラックコーヒーをお供にどうぞ。

★★★ Excellent!!!

少女は、ずっとその男の子のことが好きだった。そして男の子の方も、ずっと少女のことが好きだった。
だけど今の関係を壊すのが嫌で、お互いその気持ちを口には出せない。そうしているうちに時は流れ、小学生だった二人ももう大学生になりました。

いったいどれだけ両片想いを続ける気でしょうか?二人が顔を合わせれば、まるで呼吸をするように甘々なやり取りを繰り広げるのですが、何故かお互い好きだという事に気付かないから分からない。
アンタ等早いとこくっつけ!何度そうツッコんだことか。本人達は難しい恋に悩んでいるつもりでも、読む側としては二人はすでにベストカップル。なのに中々くっつかず、拗らせて。

すれ違いと甘々な日々を繰り返す二人。甘酸っぱい恋が好きな人も、なかなか上手くいかない恋を見たいと言う方も楽しめる、至極の恋愛物語です。